そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

蕎麦屋 八千代

2019-09-18 | 蕎麦屋

  今日初めて訪問のお蕎麦屋さん。
北区方面でネット検索をして見つけたお店で、駐車場もそばにありました。


いろんなメニューがあり、三色そばを頼みました。
これは「五色そば」のメニューがあってそこからピックアップして頼めることが出来、「普通のそば」と「柚子きり」、「茶切り」をお願いしました。
    

メニューを見ていますと、何故かワクワクしてきました。
店内には新そばのポスターがあり、新そばは「北海道の北空知」とのことです。
やがて運ばれてきました。
目にも鮮やかな「茶そば」と「柚子切り」が並んでいます。
まずは新そばで打たれた「普通そば」を口に入れます。独特の香りが広がります。
次いで辛汁を含みましたが、どちらかというと甘めの汁です。
次いで「柚子切り」と入れますと当然ですが、柚子の香りが、茶そばはお茶の香りが口中に広がり、鼻腔を刺激します。
そばはどちらかというと独特の切り口で、その幅はそばの厚さの3倍ほどで、極端な言い方をしますと「きしめん」状にも見えましたが、汁との絡みは上々で、すんなりと受け入れます、

   
 
初めての訪問でしたが、お運びさんに「新そば」の産地や三色そばの内容・リクエストを聞いてもすぐに答えることが出来、そうした商品知識も万全で、久しぶりに堪能しました。


手打ちそば 八千代  名古屋市北区大曾根3-5-22  052-917-0814




 
コメント