そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

ワイワイガヤガヤ蕎麦打ち会

2018-03-10 |  出前サロン

数年前より年に数回やらせていただいている会場での出前サロンです。
ある町内会の寿会さんの会員対象の親睦会で、そば打ちを見学して皆と一緒にお蕎麦を食べる会です。
ご当地の公民館で、そば打ちの機材のセットやおそばを湯掻くお鍋、甘汁を温め注ぐ場所のセット。

    今日は40 人の方が参加の予定で御世話係りのスタッフ方が下準備で早くから集まっていただだいています。

  

さて定刻の10 時半に寿会の会長さんの挨拶からスタートしました。お客さまの大半の方が今までの会に参加しているようですが、初めての方が数名おられましたので、自己紹介から始めました。

 

最近のそば粉は加水量の点でなかなか曲者で、袋ごとにその量が違うのではと思ったりするほどです。
今日も少し多めに用意しましたので、十分だろうと思っていましたが、現実はもう少し水が欲しいところで、本延しの段階でいささか苦労して延しました。何とか目標とする1.5mmまで延して切りに入りました。

切りの体験を声掛けしましたが、結局はお二人の方に参加していただきました。

湯搔きから水洗い~お湯に入れての戻し~どんぶりへ配膳~甘汁・薬味の盛り付けなどの作業は、大変スムーズに移行して順調に推移しました。すべてお出しした後は、そば湯のご注文もありました。
終わってからは、夏にも是非とのご依頼もいただきました。
 

 

 

コメント