そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

ホットモット訪問記

2015-01-10 | 雑感

 最近 TVCMなどでよく見るお弁当屋さんの一つですが、住んでいる界隈には見たことがなく、
姪が昨年オーナーになったということで珍しいこともあり、社会勉強の為そのお店に行ってきた。
姪の話では、アルバイトを2年ほど経験していて今回オーナーになったとのこと。
お弁当屋さんのイメージは今までは「何とか弁当」とか「何とかマン」などのお店に行ってそこで作ってもらっていたことはわずかながら記憶がありますが、
最近はコンビニが多くそれも飽きてきて昼食が必要な場合はパンや専門です。

様子を見ていますとほとんどのお客は事前にメールなどで事前に注文していて、お店に来た時は持って帰るだけが大部分のようです。
今までの弁当屋さんを比較してどこが違うのかを観察すると駐車場が広いことと働いている人が若い人が多い点でしょうか?
調理部門では何やら画像との首っ引きのようで、おじいさんが来ても全然目に留まりません。 かなりの量がメールなどでの注文みたいです。
いささか寂しさを感じましたがこれが現代流なのでしょうか?

     

今日の注文は和食と中華丼です。 お店で受け取った後、持って帰って食べましたが冷たくはなく暖かかった。味はまずまずのものでした。

  

家族のニーズで弁当を買ったことが少なく個人的に弁当が必要な時にはコンビニなどで消費していてそれも飽きて最近はパン屋さんで作りたてを消費しています。
さて中食にどこまで需要があるのかは正直判りませんが、感じたのは若さへの眩しさでした。

  

 

コメント