『陽当たりまぁまぁ』

事実に惹かれ、事実に学ぶ

「まさかの修理月間」

2018年11月26日 | ようこそ写真館へ

最近、修理が必要だったダンナの皮のリュックと、

わしのお気に入りのシャツを持って修理専門店に行った。

そしたら修理の見積額が思ったより高かったから、

わしが直してみることにした。

 

皮用の針と糸を買って来て、

厚い皮3枚分くらいを重ねて縫ってたら、

針の先じゃなくて糸が通ってる部分が親指に刺さってビックリした。

「イデ〜ッ!!」

こんな事ある?!しばらくはジンジンと痛かったですわ〜

でもその経験を活かして、わしのボロなったカバンの持ち手と肩ひも部分も

気をつけて直せた。

そんな頃、長男が椅子の背もたれにもたれたら、背もたれこともげた

「これがホンマの針のむしろや。」

 

これは取れたやつをそのまま乗せて押さえても直らんかったんで、

ダンナとわしで針を裏からトンカチで押し出して、

表から抜いて、ボンドでベタベタに接着するっつ〜。

 

まだ針がついてる時に、うっかり自分のモモに乗せて

直そうとして刺さった傷が、まだ癒えん

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「偶然命日」 | トップ | 「オレオレ、カシオレ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ようこそ写真館へ」カテゴリの最新記事