なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

消化管エコー

2017年12月11日 | Weblog

 土曜日に入院した右下腹部痛の31歳女性は、入院後に解熱して腹痛も軽減した。骨盤腹膜炎疑いで婦人科外来を受診したが、子宮・卵巣に異常はなく、婦人科的には問題なしとされた。産婦人科医に直接訊いたが、骨盤腹膜炎とは言えないという。排卵痛がひどい場合があるので、それかもしれないという。高熱・腹膜刺激症状・炎症反応上昇は普通ないそうだ。少しは出血を伴うというので、そのような症状が出ないとはいえない。入院後の症状軽快が速く、抗菌薬は入ったが、感染症らしくない印象がある。症状が突発したことからも、排卵痛(+出血に伴う症状)だったもかもしれない。結局確定診断がつかず、推定で終わりそうだ。(研修医にお勧めの本)

商品の詳細

 下痢・発熱から血便になった82歳女性は血便もなくなり、炎症反応も改善(ほぼ陰性化)した。便培養で有意な菌は出なかった。昨日の消化管エコーセミナーで病原性大腸菌の症例が出ていて、当院の以前の症例でもそうだが、上行結腸壁の肥厚が目立つはずなので、違うようだ。虚血性腸炎だけでも説明しがたい。感染性腸炎+(脱水・血圧低下からの)虚血性腸炎と判断したが、あくまで推定。

 先週末から肺癌と卵巣癌の80歳代女性2名の緩和ケア(どちらも塩酸モルヒネ持続点滴)をしていたが、昨日肺癌の女性が亡くなった。卵巣癌の女性も現在血圧50台で下顎呼吸となり、時間の問題になっている。

 当院の検査技師さんは消化管エコーを行っていて、小児科では急性虫垂炎はエコーで診断している。内科からの消化管エコーのオーダーがないのは、こちらが消化管エコーを良く知らないから。「消化管エコーの基本走査」1080円を購入したが、これは小冊子なので、成書を購入しなければならない。セミナーの出席者は技師さんが多いようだが、病理の話や「疾患をよく知らなければならない」というのは技師さんには酷かもしれない。医師が聴く分には興味深かったが。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 突然発症の右下腹部痛 | トップ | 除細動はできたが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事