私はシングルマザーの毒親に育てられました。

うつ病が落ち着いきたら、
過去のことをたくさん思い出して…これが誰かの参考になればと思い、書いてみようと思いました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

毒母親(中身幼稚園児)が、荒れに荒れた日

2017-12-18 03:46:45 | 日記
昨日、
嵐のコンサートに母と2人で行く予定でいました。

お互いファンクラブに入っており、
当選したのは私。

今回から、
チケットが一般的な紙のものから、
「電子チケット」に変わりました。

「チケットに当選した人」の、
スマホかブレットで、
『QRコード』を表示し。

それをなにか専用のものに、
かざすと入場が出来るらしいと。

いうシステムになり、
私は大野くんの熱狂的なファンである、
母を連れていくために、
絶対に行かなければいけなかった…

けれど…

私は11年間うつ病を患っており、
無理して働いたせいで、
病状が悪化し、
働けなくなりました。

今は落ち着いています。

追々お話しますが、
病気の原因は母です。

なので、
病状が安定するまで、
ほとんど外出していませんでした。

そのせいで筋力は落ちて、
体力的にコンサートに行くのに不安を覚えていました。

そして、
「当日にご持参頂くもの」の、
メールを読んで、
慌てました。

1.当選した本人が必ず来ること

☆以下、当選した人のもの

2.顔写真付き身分証明書

3.スマホかタブレットで、
「QRコード」を表示できる状態にすること
※要充電

4.嵐のファンクラブの会員証


私は顔写真付きの身分証明書が、
ありませんでした。

慌てて、
マイナンバーカードを、
申請して。

「取りにおいで」通知を待ちました。


でも、
私はもう嵐のファンではないんです。

嵐のファンになったきっかけは。

櫻井翔くん主演の「家族ゲーム」で、
私が母に言いたかったことを、
叫んで代弁してくれて。

嬉しくて!

この人に着いて行こうと、
決めたからでした。

「Popcorn」ツアーを、
初めての嵐のコンサートのDVDを、
幸せを感じながら、
繰り返し見ていたら。

ある日母が言いました。

「大野くんのソロが見たい」と。

悪夢の始まりでした。
その事に気づいたのは、
ずっとあとになってからでした。

私にとって、
何かのファンになるというのは。

言わば、
駆込み寺です。

母に傷つけられた時に、
「助けてー!」とブルーレイやDVD、
音楽を聞いて嫌なことを忘れる。

でも、
母は昔から、
私が好きになったものを好きになり、
横取りしていく人です。

幼稚園からの帰りのバスで、
女の子の絵の塗り絵を塗るのを、
楽しみに帰ったら。

愕然としました。

塗ってあったから。

母はえへへという感じで、
「暇だから塗っちゃった」と。

ゴマフアザラシのごまちゃんのジグソーパズルも、
取り上げられて組み立てられました。

そして、

子供の頃は、
まるでチェスの駒かなにかのように、
母の都合のいいように、
使われていました。

思春期のある頃、
本来ではアイデンティティ(自分とはなんなのか?かな?)を、
構築していく時期に。

私は、
アイデンティティが崩壊していっているのを、
感じていました。

そのお話もまた、
いずれします。

母は嵐ファンになり、
娘と共通の趣味が出来て喜んでいました。

私も最初は楽しかった。

でも、
母に傷つけられ時。

「あなたは過去私にこんな酷いことをした!
認めろ!」

と叫んでも…

逆ギレされて、
心がボロボロ。

でも、
嵐は母との共有の場所。

逃げ場所にならない。

「未来シアター」という番組をたまたま見て。

NEWSの小山慶一郎くんと、
加藤シゲアキくんのことが、
気になりました。

逃げ場なしの八方塞がりだった時に、
偶然every.に小山慶一郎くんが出てきました。

気になってプロフィール調べたら、
同じ母子家庭育ちの。

父がDV夫。

小山くんがお母さんを説得して、
父を追い出したそうです。

姉弟の、
私は姉で、
彼は弟なところも。

同じでなんだか、
ホッとして。

しばらくして。

「嵐を卒業して、NEWSへ行こう」
と決めました。

母に告げると、
NEWSにも手を出そうとしているのが分かったので。

「嵐を明け渡したんだから、
NEWSには入ってこないで!!!」

と叫んで、
なんか曖昧な感じだけど、
納得したようです。

なので、
何故だ!!!

と思いました。

なぜ私にチケットが当たり、
そしてよりによって今回から、
電子チケットなのか?と。

でもひどい毒親でも、
たった一人の母です。

大野くんに合わせてあげたくて、
頑張りました。

でも、
母は私が過去にあなたに酷いことをされた!
と言っても、
逆ギレしてきます。

逆ギレしないで!

というと、
逆ギレではないと。

そして、
自分が優位に立つために、
嘘をつく。

頑張って、
寝不足でマイナンバーカードを取りに行き。

必要なものの詳細について、
ジャニーズのカスタマーに電話もしました。

でも…

私はもう…

NEWSが1番。

Hey! Say! JUMP

Sexy Zone

も好きになり始めていて。


彼らを見ているうちに、
どんどん嵐への気持ちが死んでいきました。
母のいる場所なせいもあると思います。

体調不良だったのもあります。

でも、
思ってしまった。

行きたかったのに行けなかった人に、
申し訳ない!!!
行かなければ!!!

という気持ちは、
たくさんのストレスで潰れてしまった。

このボロボロの体で、
もう卒業してきた嵐に会いに行く。

同行者は、
私の人生を狂わせ、
弄び、
かけがえのないものをむしり取っても。

私は悪いことなんてしてません。
という顔をしている人。

心が悲鳴をあげました。
体も。

行きたくないと。

たくさんの人たち、
歓声。
もう卒業せざるを得なくて、
出てきた嵐の5人がステージにいて。

ただでさえ体調不良で吐きそうなのに。

そんなところに行ったら…

危険を知らせる音が鳴ったような気がしました。


お風呂に入っていて、
心の洗濯ができたのかもしれません。


もう決めた。
今日、
コンサートに行かない。

不意に強く、
そう思えました。

決めたので、
公演開始時間に、
お風呂から出ました。

出てきた私に、

「何時頃に家を出れる感じ?」と母が言うので。

深く息を吐いたあと、
「嵐のコンサートには行けなくなってしまった」
と言いました。

そして、
初めて母の化けの皮が剥がれたのを見ました。

激怒の上。
殺意さえ感じました。

あなたは、
私を連れていくと約束した。

それは契約だ。

と。

では逆に尋ねたい。

親である義務を果たさず、
権利ばかり行使して、
私をズタズタにしたあなたに、
そんなことを言う資格があるのか?と。

口論が終わったら、
物に八つ当たり。

チケット代を返せと言い始めました。

グッズだって¥10,000も出して買ったのに!と。


でも。
今年の初夏。

NEWSファンになってもうすぐ1年かな?

「Neverland」(綴り変だったらごめんなさい)
というアルバムが出ました。

タイトルからして、
きっと素敵なコンサートになるだろうなと、
ワクワクしながら再生しました。

もう死んじゃうかもってくらい、
素敵で嬉しくて。

神様に祈りました。

どうかツアーのチケットを私にくださいと。


ジャニーズから、
封筒が来ました。

払い戻し用紙の可能性もあるので、
「チケットッ!頼むっ!」

封を開けたら、
チケットでした。

嬉しくて死ぬかと思いました。
叫んでしまいました。

でもちょっとうつ病が微妙な時期で、
体は死んでました。

心も死にかけ。

じゃあ気合いじゃあ!!!!!
と。

ずっと怠くて、
通販のダンボールも母に解体してもらっていました。

通販で、
コンサートに着ていく服。

プチプラコスメなどを買って。

準備していました。

なので、
ダンボールが何箱かありました。

それを気合で、
全て畳んでゴミ袋に入れました。

いや、
だから?

と思われると思います。

うつ病は、
今まで出来ていたことが、
気力を奪われ、
体は重くて。

動きたくなくなり、
出来なくなる。

でも、
よくなってくると。

出来なくなってしまったことが、
出来るようになります。

母は私の11年間の闘病を見てきた人です。

だから私は、
ダンボール入りゴミ袋を指差し。

「すごくない?!」

と言いました。

褒めてくれる以外の可能性を考えていませんでした。

しかし母はこう言いました。

「え?前も出来たし。
それよりこんなにダンボールがあるなんて、
何をそんなに買ったのか、
そっちの方がお母さん不安」

と…


知ってしまいました。

母が、
うつ病である私の心になんて、
ちっとも寄り添っていなかったいう、
残酷な現実を。

気力で乗り越えようとしてたのに…

心は崩壊寸前で…

寝込んでしまいました。

せっかく当たったのに、
まだ紙のチケットだったら、
母に友達とでも行って欲しいと。

母はもったいないからと。
車で連れていこうか?と。

言いましたが。

もう手遅れです。


彼女は、
「グッズも買ったのに!!!!!」
と言いましたが。

私はまだNEWSのグッズ売り場の風景や雰囲気さえ知りません。


寝込んでしまった私ですが、
しばらくしたら回復して、
NEWSのブルーレイを見ました。

そして、
全力で楽しかったのに。
今までは。

「NEWSに会いたかったかー??!!」

と言われて、
胸が苦しい。
痛い。

悔しくて…。

行けたはずなのに、
行けなかったことが。

そして、
母に憎しみを覚えてしまう。

でも、
だからこそ。

嵐のコンサートに行きたかった。

会いたい人に会えるなら、
どうしても会いたい!

というのを、
分かってるから。

そして、
会いたかったのに、
当たらなかった人に申し訳ない。

でももう、
心が限界で…

行くことが出来なかった…

母との口喧嘩が終わったあと。

ホッとしました。

ずっとストレスだったから。

嵐のコンサートに、
毒親と行くのが。

口論のあと、
家を出て行き。

買い物に出かけた母は、
帰ってきてもブチ切れてましたが、

頼りになる男の子に、
状況を説明したら、
アドバイスをくれて安心しました。

まあきっと今日も機嫌が悪いのでしょう。

でももう別に、
いいです。

好きの反対は無関心の、
無関心にたどり着いたみたいで。

母のことが、
どうでもよくなりました。


うつ病も安定してきたし、
今バイトの求人に応募していて。

お返事来るの待ちです*
面接日が決まったら、
嬉しいな*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
   | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事