読書感想とロードバイク日記2

週末のお天気の日にロードで走っています。晴耕雨読ならぬ、晴れたらバイク、雨の日は読書の日々

「パイドパイパー」

2018年01月22日 | 日記
ネビル・シュート(創元推理文庫)

 ずいぶん昔の本ですが、今読んでも面白く、感動ものだ。
 1942年の出版で著者は『渚にて』で日本では有名とのこと。でも本書も傑作だと思う。
 単純で分かりやすい話だが、主人公のイギリス人気質やナチスの将校、それにフランス人の性格がよく出て分かりやすい。
 題名は「ハンメルン」の笛吹き男から来ているのです。

 内容紹介は
『フランスの田舎道でパンクのため立ち往生したバスは、ドイツ軍の編隊の機銃掃射を受けて動けなくなった。これから先は歩いてもらわにゃあ―。老イギリス人は、やむなくむずかる子供たちの手を引いた。故国を目差して…!戦火広がるフランスを、機知と人間の善意を頼りに、徒手空拳の身でひたすらイギリス目差して進む老人と子供たち。英国冒険小説界の雄が贈る感動の一編』

・・・感動のセリフは、解説にもあったけど、「・・・夕焼けを下品に言うことはできます。でも、夕焼けの美しさは変わりません」。ナチスの将校にフランス人のニコルが言う。
・・・だまされたと思っても、読む価値ありです。最初はちょっと冗長ですが途中からはハラハラドキドキ。それにしても子どもは状況を弁えないからちょっと困るのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「名門校「武蔵」で教える東... | トップ | [「夜空に泳ぐチョコレートグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事