Snowmint

Ca m'est reste dans l'esprit.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「石かわ」 神楽坂

2007-12-08 | 和食・鮨
そして今年のお誕生日イベントは、神楽坂「石かわ


二つ星を取ったといっても高飛車な雰囲気はなく、仰々しさもない。

しかし、凛とした空気感はある。

まずは一品目、アンキモと湯葉、その上にトンブリ。


え?二品目に揚げ物?!

と、びっくりした。
酢橘をたっぷりかけて奥のつゆに浸けて食べる。
つゆが蕎麦つゆのように濃いのだが、それがそんなにも気にならない。

蟹の葛あんかけ

ほんわかほっとするような優しさのある、少し甘めのあん。


久しぶりに美味しいと思ったお刺身。
たっぷりと横に添えてある極細のミョウガが、鯖を引き立てていた。

にこごり

生姜が効いている。これも上手いなと思う。

そして目の前にドドーンと出てきた小さな筍、丸ごとひとつ。

え?どうやって食べるの?!と思っていたら、
パカッと蓋のように、皮が外れた。

縦に四等分された筍は、内側にも焼き目があり、香ばしく甘い。

豆乳にクリームチーズ、
その中に、それぞれ下ごしらえのしてある京野菜と海老

チーズの風味は軽く分かる程度で重くない。むしろコクになっている。
鴨の味をしっかりと含んだカブラが美味しかった。

鴨づくしの汁物

鴨の出し汁に鴨の身、鴨のつくね。
熱ければ取り皿でどうぞと小皿を出されたが、熱いものは熱いうちに食べるのが美味しい。
しかし豆腐は熱い!

豚肉と豚レバー、大根の炊き込みご飯

豚肉の臭みはまったく無く、豚の良い脂がご飯にまわってつやつや。
レバーは濃い味付けで煮込んだものが混ぜ込んであった。

お味噌汁は油揚げとエノキ。割烹の汁とは思えないほど具沢山。
お揚げが軽く焼いてあったのが美味しく、これは家でも真似してしまおう!と思った。

デザート

薄く甘い豆乳のクリームに、ほんの少しチーズの香り。
そこにラム酒のゼリーと柿、黒豆。
面白い組み合わせだが、意外にも美味しい。



店内はこじんまりと、いい雰囲気。

お店の方も気負った感じではなく、きびきびとしてにこやか、程よい距離感。
気持ちが良かった。

コースは1万5千円のみ。
9時以降になると、1万円の軽いコースも選べるそうだ。


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comment (1)   この記事についてブログを書く
« 「歯車」 神楽坂 | TOP | 「Au Temps Jadis」(オタン... »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-11-24 14:31:52
石川さんは悪い意味でとてもしたたか

post a comment

Recent Entries | 和食・鮨

Similar Entries