ヤギのメイちゃん&柴犬ルンルン&ソラ君&ランちゃん&小規模老犬ホーム

ヤギのメイちゃん&柴犬ルンルン&ソラ君&ランちゃん&小規模老犬ホーム、そして生き物や自然が話題のブログです

雪のち晴れ間も

2012年01月30日 22時13分03秒 | 日記
今朝起きたらまたまた雪。
町の除雪車が出動しました。
と、いうことは積雪20cm以上。

しかしその後、晴れ間も見えました。
今日のメイちゃん&ルンルン。



その後ルンルン雪原を探検へ。



コメント

今日も20cmでした

2012年01月29日 22時17分27秒 | 日記
昨夜深夜(3:00頃)ルンルンとオシッコをドッグランで一緒にしたときは、数センチほどでしたが、
今朝6:30には20cmになっていました。昼間も地吹雪あり。


(まだルンルンと一緒に寝袋の中で寝ています。ルンルンは妻のソファーの上や炬燵の脇で最初は寝ていますが、
多分零時過ぎに寒さのため私の寝袋へ潜り込んでくるものと思います。ケージは縁側の廊下へ出してしましました。
あってもなくてもどちらでもいいので。私は寝袋生活に慣れてしまって、いつルンルンが潜り込んでくるのか
分かりません。なんか狭いな~~と夢心地で思うと、ルンルンの顔があります。ただルンルンが大きくなって
肩口が窮屈になってしまいました。お互いに相手を押しのけて自分の領域を確保しています。まあ、それはいい
として、妻と“家庭内別居生活”がもう二ヶ月になってしまいました。まあ妻もルンルンを可愛がってくれている
ので(名付け親でもあることだし)いいとしよう)



ルンルン、メイちゃんの飼育場へ新しい道を付ける。




メイちゃん、アップで、と構えましたが。




コメント

今日も新たに粉雪20cm

2012年01月28日 21時18分47秒 | 日記
今日も新たに粉雪20cmほど積もりました。
週末のスキーヤー、ボーダーにとっては最高のゲレンデ状況です。
(スキー場は約2倍の降雪量です)
住んでいる私たちにとっては、この程度の雪の降り方は“雪かたし”もそれほどの負担ではないです。


当地方、雪国南会津(私の家の周り)では今のところ平年並みの積雪(70cmくらい)ですが、
テレビで連日伝えられている東北地方北部や北海道の降雪量、積雪量の多さにはさすがに凄いなと
思いますね。


今日のメイちゃん&ルンルン。







メイちゃんの角の付け根をガブッとやっているように見えますが、実際はそれほどはありません。


コメント (2)

今日は粉雪30cmでした

2012年01月27日 21時21分43秒 | 日記
気温も低く推移し、最高気温は-4℃でした。

しかしメイちゃんもルンルンも元気です。
今日のメイちゃん&ルンルン。







コメント

朝、20cmでした

2012年01月26日 21時03分10秒 | 日記
今日のメイちゃん&ルンルン。




風が冷たい。



コメント

今朝は-15℃

2012年01月25日 20時56分37秒 | 日記
今朝は、ルンルンと一緒に羽毛の寝袋の中で寝ていながらも「寒いな~~」と感じていました。
この羽毛シュラフは冬山登山用で23歳の時から使っていましたので、かれこれ33年になります。

(なんと物持ちがいいのだろう!書いていて自分自身もビックリ。ちなみにラジウス(灯油使用)は
17歳の時から使っています。ピストンのパッキンが20年ほど前から革製からテフロン製に変更になり、
都合十回くらい交換しましたが、まだまだ現役です)

6:30頃ルンルンのオシッコへ、ドッグランへ連れて行き犬小屋の上の屋根へぶら下げている
温度計を見ると-15℃でした。
どうりで寒かったはずでした。

今日は曇り時々晴れ。

今日のメイちゃん&ルンルン。


なんとルンルン、メイちゃんの首根っこに大きな口を開けて噛み付いているではありませんか。
これではメイちゃんが逃げるのも頷けます。
(ルンルンは甘噛みのつもりですが、やはりメイちゃんにとっては嫌です)




コメント

小雪、のち晴れ

2012年01月24日 18時14分14秒 | 日記
朝、数センチのふわふわ粉雪が積もっていました。
昨日は東京など関東地方一帯で数センチの積雪があったみたいで、
子どもたちや若者たちは喜んだことでしょう。

私も小学生の頃は雪が降ると嬉しくて嬉しくて仕方なかったことを思い出しますね。

ルンルンも同じです。
ルンルンは今、人間でいえば5歳から6歳。

先日「ルンルン(保育所の)年長さんへ進級だぞ。もう少し言うことを利かなくちゃな」
と話したのですが、メイちゃんの場合は確か「うん、分かった!」と返事をしたように
覚えていますが、ルンルンはダメです。

雪原(田んぼ)を一直線に駆けて行きます。
いくら呼んでも戻ってきません。
呼びませんが。
まあ、安全な(そして誰の迷惑にもならない)場所なので構わないのです。
好きなだけ好きなようにさせる。(躾とは別で)

自分が気が向いたとき、また一直線に最速ダッシュで駆けてきます。
その姿を見ていて「いいぞ!ルン」と私は心の中で思っています。
テレビ番組(「生き物地球紀行」や「ダーウィンが来た!」)で見るチーターのような駆け方で、
雪の中に10cmほど足が埋もれるのに、走る(飛ぶ)姿勢は前足と後ろ足が胴体と一直線になっています。

これから数年かけてアウトドア犬(昨年11月22日の記事「愛犬モモ」、1月9日「昨夜の満月」)として
ゆっくり仕込んでいく予定です。
(途中に出産が入り、母犬になるかもしれませんが……)


今日のメイちゃん&ルンルン。


ルンルン、メイちゃんの角の付け根を齧る。
メイちゃんは大好きな餌、シイナと小麦を食べるのに夢中で許している。



メイちゃん一旦ヤギ小屋へ逃げ込み、そして出てくる。


すぐにルンルン絡む。
メイちゃん、角で防ぎますがルンルンのちょろまかさにまけて再び小屋の中へ逃げ込む。


ルンルン、雪原(田んぼ)を駆け回った後に再びやってきて。


伏せて、待つ。
メイちゃん、お立ち台の雪を食べながらお尻を下げてオシッコ。


コメント

暖かめ

2012年01月23日 19時58分22秒 | 日記
昨年の冬と同じような降雪、気温のパターンか?と思われるような感じがしますが、
果たして……。

昨年は大寒頃まで多めの降雪量でしたが、本来一番雪が降り積もる1月末から2月半ば
まで少ない降雪でした。
今年も似ているような気がします。

しかし、今年はどうなるだろう。

生活するには降雪量は少ないほうがいいのですが、自然の生き物たちや山々の木々たちは
困るだろう。

雪国に生活する一番のメリットは、私は自然の豊かさであると思っています。
降雪量が多ければ多い所ほど自然は豊かです。
人間の開発力がまだ及ばないからです。



今日のメイちゃん&ルンルン。



ここ一週間ほど、メイちゃんとルンルンの絡みの写真を撮ることが難しいです。
メイちゃんがルンルンの噛み付きに合うとさっさとヤギ小屋へ逃げ込んでしまいます。


ルンルン、遠くへ。


行動範囲を広げています。
雪原(田んぼ)に小さな黒い点がルンルン。
以前はせいぜい20mほどしか離れませんでしたが、今は50mほど。
堤防の向こう側に見える林(藪のようにしか見えませんが)は、いわゆる“拠水林”(きょすいりん)です。
阿賀野川の源流、阿賀川(地元では“荒海川”と呼びます)が100mほど向こうに流れています。


メイちゃん小屋から出てくる。


ルンルンが諦めて去ったので、「メイちゃん」と呼ぶと出てきます。



ルンルン、いつもの生卵。



コメント

朝、湿雪20cmでした

2012年01月22日 21時01分55秒 | 日記
今日のメイちゃん&ルンルン。












コメント

今日は大寒

2012年01月21日 18時58分03秒 | 日記
今日は大寒でしたが、それほど寒くない一日でした。
曇り時々小雪舞う。


夕方、ルンルン、ドッグランにて箒遊び。



その後夕方(17:00頃、薄暗くなってしまいました)、メイちゃん。



ルンルンが絡むので、最近はすぐにヤギ小屋へ逃げ込みます。
それだけルンルンの成長に伴い、かまっていられない……、ということだろうか。

もう少しルンルンが成長して“大人”になれば、また違ったいい意味での関係が
できてくるのではないかと思っています。


コメント (2)

曇り、小雪舞う

2012年01月20日 19時37分43秒 | 日記
今日のメイちゃん&ルンルン。




メイちゃん、一度小屋へ逃げ込み、再び出てくる。





コメント

今日も晴れ

2012年01月19日 19時16分09秒 | 日記
今日のメイちゃん&ルンルン。





ルンルン、ドッグランにて箒遊び。




コメント

今日は快晴

2012年01月18日 18時02分36秒 | 日記
今日は快晴でした。
気温は“寒かった”ので多分マイナス10℃以下。

ルンルン、朝のオシッコタイムの後に、地面(雪面)掘り。



そして、脱走を試みる。


この入り口ドアの“障子戸”の隙間、10cmですが縦長なので“ロッククライミング”して
まだ出ることができます。
ワイヤーメッシュの10cm角は、頭が出ますが手を出すことはできません。



メイちゃん。


快晴なので綺麗ないい写真が撮れました。


かわいいメイちゃん。


その顔が映えます。

コメント

今日のメイちゃん&ルンルン

2012年01月17日 23時02分17秒 | 日記
今日のメイちゃん。




今日のルンルン。





コメント

ブログを毎日書く意義は……

2012年01月16日 21時34分58秒 | 日記
今朝はどんより曇り。
気温もマイナス6℃くらいなので、寒い!というほどではありません。


ところで、今日の表題の「ブログを毎日書く意義」とは。
私の場合、まず自分自身のための飼育の記録(記憶)ということがあげられます。
半年や一年も過ぎると記憶が非常に曖昧になります。

これから先、メイちゃんとルンルンには子どもを産ませてあげるつもりでいます。
メイちゃんは多分あと二年後か三年後。
ルンルンはあと一年後くらいを予定していますが……。
予定がうまく現実化するかは今のところ微妙です。

メイちゃんは人工授精にて。
ルンルンはもう一匹雄(♂)の柴犬の仔犬を育てて生涯夫婦としてあげたい。
春になって暖かくなった5月か6月頃。
ルンルンも大人(若雌)になり、一緒に子育てしてくれるかな……。

ヤギも柴犬も寿命は、長生きして20年ほど。
ヤギは柴犬よりも体が大きい分、もう少し生きるのかもしれません。

20年後、私は76歳。
男性の平均寿命は80歳なので、ちょうどいいかなと思っています。
死ぬときは数ヶ月患っただけでポックリと逝きたいですね。
数ヶ月は子どもや孫が別れを惜しむのにちょうどいい長さかと思います。
あまりにも突然ポックリではあっけないでしょう……。

なんて、また話題がずれました。

メイちゃんとルンルンが子どもを産んだら、誰かに譲らなくてはいけませんので
聞かれた時に的確に応えるためにも飼育の記録は大切です。

“あめんぼ通信”(FCブログ)の水田さんが以前メールにて「ヤギはきっといい出会いを
連れてきてくれますよ」と伝えてくれましたが、たしかにもう既に二つの出会いを運んで
もらいました。

一つは、メイちゃんの産んだ仔(雌ですが)をもらいたいという方が現われ、その方は
米の専業農家でありメイちゃんの飼育場の隣の田んぼを請負で作っている方ですが
「稲藁をヤギは食べるのではないか?」ということで、稲藁をコンバインで小切らなくて
そのまま残してくれたのです。私は冬の餌は草(ヨモギ)を少しずつ刈って乾かし
食料保管庫へ積み始めたのですが、それだけでは足らないだろうと思い、市販の乾燥草を
購入して与えようと考えていました。また多くのシイナ(籾殻付きの屑米)や大根葉も
いっぱい運んできていただきました。

二つ目は、保育所の子どもたちです。メイちゃんを飼い始めて、落ち着いてきた頃、
近くに新しく建った統合保育所を訪ねて「散歩がてら仔ヤギの見学へきませんか?」と
話そうと思っていたら、丁度その頃電話がかかってきて「見学させてもらえませんか?」と
むこうから先に話が来たことです。
やはり子どもは可愛い。
未来というか希望というか。
命に満ち溢れています。


またまた話題が脱線しました。
ブログを書く意義。
そういう自分自身のための記録(記憶)でもありますが、飼育の仕方にもいろいろな
方法や環境があり、一つの見本となると思います。

私が“あめんぼ通信”に出会って、ヤギを飼うことを決心したように、今まで漠然と
ヤギを飼ってみたいと思われていた方が、いつか飼ってみようと参考になるのではないか
と思います。特に雪国に住んでいる方には。


ところで、私がお手本としたほぼ毎日ブログを書かれている“あめんぼ通信”(FCブログ)の
他にもう一つのブログがあります。

それは“ゆる農!ニワトリノニワ”(楽天ブログ)というニワトリの放し飼いをされている
池田司さんというお若い方です。四国の四万十川の近くです。
ニワトリの他にも秋田犬の“ねはん”君(一歳未満)と猫の“空”(くう)ちゃん(一歳未満)。
野性味あふれそして可愛いです。

今日のメイちゃん&ルンルン。







コメント