山の歌Ⅱ

♪ 森深く迷い辿れば 古き鉈目は導きぬ
人の心のしみじみと 懐かし 嬉し 木暗き径に ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越し

2018年08月21日 | 2016年

ご訪問ありがとうございます。

 

こちらのブログに引っ越しました。

https://ameblo.jp/regal-blue/

 

よろしくお願いします。

コメント

2016年5月4日長嶺山

2016年08月30日 | 2016年
 
 
 
  
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
コメント (4)

2016年4月15日光城山

2016年04月22日 | 2016年
 
2016年4月15日光城山
 
登山口から山頂まで続く、桜の登山道、
光城山へ行きました。
 
 
 
 
 
 
 
曜日に関係なく、野山へ行けるのは、今一番の特権です。
 
 
 
ちょっと前の話なんですが、
kameoが今まで長年使っていたLUMIXを落とした時に、
カメラの画面が大きく傷ついてしまいました。
そのまま使っていましたが、今回ついにピント調整ができなくなり、
新しいカメラを購入しました。
 
キャノンのミラーレス EOS-M3
 
一眼レフではありませんが、
試し撮りをしてみると、なんだかそれっぽく撮れるので、
次に山に行くのが楽しみ。
 
 
 

 
コメント (2)

2016年3月29日三つ峠山

2016年04月22日 | 2016年
 
天気は快晴の予報だったんですよ。
 
ブドウの苗の植え付けが終わったんで、
勇んで出かけて行った三つ峠山。
 
ドカンと目の前に富士山見ながら、
のんびりおむすびでも食べようって。 
 
 中央道、韮崎あたり、
お天気がよければ富士山がきれいに見えるはず。
なのに雲が厚くて、家を出てきたときとはなんだか天気が違う。
 
三つ峠山登山口の駐車場には
降ったばかりの雪が木々に積もっていて、
気温が少し上がって、上からボタボタと冷たい水が落ちてきます。
 
 
 
まるで雨が降っているように、ボタボタ・・・ボタボタ・・・・
 雨なら山には来ないのに。
 
そして登るにつれ雪は深く
 
 
 
おまけに、目の前にド~ンと見えるはずの富士山は見えず。
 
「バカヤロ~」と叫びたくなる頂上でおむすび1個そそくさと食べて、
kameoに「けえるか」と言ったら、「けえろう、けえろう」って(笑)
 
 
 
 
帰りに天下茶屋で、ほうとうやけ食い。
双葉インターで、ソフトクリームやけ食い。 
あ~あ、残念でした。

 

 
 
  
コメント

2016年3月20日霧訪山

2016年04月22日 | 2016年
 
しばらくブログアップを滞っていたので、
中略ということで、
カテゴリ2016年になります。
 
 
2016年3月20日
 
この日はkameoは、ワイン大学
shikiは、 社会人サッカーの集まりとのことで、
youちゃんと二人で霧訪山に行くことにしました。
 
お天気は晴れの予報に反して、
あまりよくなかったけど、水芭蕉が咲いてるし、
youちゃんは、来たる結婚式に向けて、さらなる美ボディのため。
 
自宅からウォーキングで登山口まで50分。
 
思った通り、自然園には咲き始めた水芭蕉。
 
 
そしてまだ、セツブン草もありました。
 
 
 
進んでいくと、なんだか賑やかな気配がすると思ったら、
この霧訪山の地元の人たちが、
たまらずの池のほとりで、フクジュソウ祭りを開催していました。
 
私たちは、きょう一番最初の客人だったらしく、
「さ~さぁ、寄っていきましょ」とテントに案内されて、
ふと見ると、昔お世話になった知人や、kameoの職場の先輩や、
知ってる顔が何人も。
登山をしなくても、この地元の里山を大切に思っている人たち。
 
この場でついたばかりのお餅の入ったぜんざいに、
ずらりと並んだお漬物。
 
youちゃんにお漬物自慢の信州人の話をしながら、
たっぷり30分以上、登る前にお腹もいっぱい。
 

もう雪もなくて、眠っていた山の草や木々が目覚めるのもまもなく。

静かな山の中を、youちゃんと二人、ゆっくり一歩ずつ頂上を目指しました。

 

 

写真、あんまり撮ってなかったんで、山の写真、これしかなかった・・・・

 

ワイン用ブドウの苗を植える作業がいよいよ本格的に始まりました。

信州ではいつものことですが3月になって突然雪が降り積もったりして、予定通りに進みませんでした。

でも、kameoの友人たちの厚意に甘え、

shikiやyouちゃんも応援に駆けつけてくれ、

おかげで無事、800本の苗の植え付けが完了しました。

 固い地面に穴を掘り、バケツに何倍も水を汲み、その作業は重労働でした。

ssさん、njさん、tsさん、ydさん、ktさん、本当にありがとうございました。 

「夫が農業を始めた」というと、大部分の私の友達や知り合いは、

「なんでそんな大変なことを」「よく承知したね」とびっくりします。

でも私は、作業の大変さを筋トレのごとく、

また登山にも似た心地よい疲れを、今のところ、少なからず楽しんでいます。

この苗植えの間に私は多少痩せたのですが、

今はまたもとにもどちゃった~

 

 
 
 
コメント (2)