キッズM〜チャレンジする力を育む「小学生から高校生を対象にしたキャリア教育教室」~

お仕事体験をするキッズMの様々なことにチャレンジする子供達の様子・成長、大人の気づきなどを記録していきたいと思います。

こどものはかり知れない成長を目の当たりに〜こどもプレゼン〜

2018-09-18 21:25:03 | 育児

こんばんは。キッズMの熊本です。

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

こどものプレゼンテーションでさらに感動したことがありました。
プレゼンした後の質疑応答です。

 

プレゼン前

会社に来る前は、「発表嫌い、プレゼンやりたくない」という子や、

直前のリハーサルでも不安そうな顔で「何を言ったらいいの?」という子、

「緊張するー」とかたくなっている子などなど、

当然といえば当然ですが、そんな状況でした。



ですが、自分たちのプレゼンをやり終えた後は、

全員が自信に満ちた、なんとも言えない良い顔をしていました。



その顔でのぞんだ質疑応答。

「なんて答えたらいいの?」なんて、不安そうな顔をする子は1人もいませんでした。



「どんな調査をしたのですか?」

「今日、提案してくれた案以外にも案があったのですか?どうやって絞ったのでしょうか?」

などなど、こども達は、自信満々で、調査票を見せて説明したり、それはそれは立派でした。



さらには、こんなこともありました。
一番オススメの案はどれですか?」と

聞かれたときのことです。



自分の担当商品ではなく、

仲間の考えた商品をオススメの案として答えた子がいました

実は、当日その商品を開発した仲間は欠席で、代わりに説明した商品でした。



開発途中、

必ずしもチームで協働できていたわけではありませんでしたが、

仲間同士が認め合い、チームとして開発し、

プレゼンテーションをしていたことに気づかされ、感銘を受けました。



こんなにも、

子供というものは、1つの経験によって、成長するものかと、

感動し、驚き、嬉しさがあふれてきました。

3チームが3チームとも、形は違いましたが、見事な成長を見せてくれました。



たくさんのできたを自分で認め、仲間も認め、プロも、我々講師も、そして保護者の方々も同じ思いを持てた瞬間でした。


コメント   この記事についてブログを書く
« 9月17日(月)のつぶやき | トップ | 9月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

育児」カテゴリの最新記事