キッズM〜チャレンジする力を育む「小学生を対象にしたキャリア教育教室」~

お仕事体験をするキッズMの様々なことにチャレンジする子供達の様子・成長、大人の気づきなどを記録していきたいと思います。

8月13日(月)のつぶやき

2018-08-14 01:47:17 | 
コメント

流しそうめんでも知恵を絞ったもの勝ち?

2018-08-13 21:15:37 | 育児

こんばんは。キッズMの熊本です。

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今日は

キッズプロジェクトM8月10日の

もう一つのイベント

「流しそうめん」についてです。

 

まあ、とにかく想像以上に盛り上がりました!

「ズルイ!」

という声が飛び交います。

 

すると一つのルールが子ども達の中で設定されます。

先頭の人はそうめんをゲットできたら、

後ろにつく。

 

そうめんの後は、

みかん

パイナップル

 

そして、

ゼリー

そうなってくると

先頭で、箸を持って構えているのが良い

とは限りません。

 

それぞれが知恵を絞り、

「もうお腹チャポチャポ」

となりました

 

大人の流しそうめんが始まると、

「私が小林先生のそうめんを命をかけてとります!」

と言って、

張り切って先生に取ってあげる子も

出現

 

小林泰三先生、大人気でした

 

iDenさま

流しそうめんの企画・準備・実施・・・

を子ども達のために暑い中、お骨折りいただきまして

ありがとうございました。

コメント

8月12日(日)のつぶやき

2018-08-13 01:47:34 | 
コメント

人に伝えるという学び

2018-08-12 19:03:45 | 育児

こんばんは。キッズMの熊本です。

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

8月10日(金)のキッズプロジェクトMは、

大きなイベントが2つありました。

今日は、本筋メインの「小林泰三先生にあえる」についてです。

 

先生にあって、何をするかというと、

伝える

がテーマでした。

何を伝えるか?

先生に「自分、または自分たちが作っている作品の意図」

を伝えます。

子どもたちは、

1.ミュージアムについて(キュレーターとして)

2.作品について(アーティストとして)

設計書を書いています。

これを先生に説明します。

 

いざ、第三者に伝える

となると、さてどのように説明したら良いか

大人でも考えますよね。

 

商品企画の説明の場面でも同じですが、

子どももいざとなると

「なんて言えばいいの?」

と聞いて来る子がほとんどです。

 

勉強も、人に教えることが一番勉強になると

言いますが、同じだと思います。

 

どうやって伝えようか、

そして実際に説明してみて、

また質問を受けることで、

 

さらに気づきがあり、

自分の考えがさらに深まり

さらなる発想

生まれます。

 

仕事でもそうではありませんか?

私は、新商品の発表会、各流通様へのプレゼンテーション

がそういう意味で大好きでした。

 

伝える

という仕事には、

様々な学びがついてきます。

 

先生に伝えるという仕事を通して。

 

もう一度考えた、

伝わった、

質問に答えることでもう一度深く考えた、

さらにひらめいた

そして、

認めてもらった

 

そのことが、

その後の子どもの創作意欲に直結

したことは言うまでもありません

 

たくさんのできたの実がなりました。

先生、ありがとうございました。

 

コメント

8月10日(金)のつぶやき

2018-08-11 01:48:31 | 
コメント