キッズM〜小学生から高校生を対象に本物の体験型キャリア教育プログラムを提供~

キッズMキャリア教育は、企業にプレゼンする本物の仕事。商品開発・プレゼンに挑戦する子供達の様子・成長を記録。

主体的に取り組む楽しさを

2021-06-05 21:24:26 | 育児

ごきげんよう。キッズMのくまもとです。

探究ワークショップ「こども商品開発」DAY2を行いました。

小学生向けの探究ワークショップ「こども商品開発」基礎編は

【主体的に取り組む楽しさ♪を実感】

することを大事にしているので、

 

探究学習の最初のプロセス「課題の設定」「課題を発見する」「自分で問いを立てる」

から始めることにこだわっていません。

 

しかしです。

アイデアを出すには、日常生活や社会に目を向ける必要があるので、

実は、良問を自ら立ています。

 

DAY2の冒頭「振り返り」で聞いてみました。

すると、小学生達から意見が出てきます

 

・社会課題と向き合った結果、自分の想い

・どうして「そうなってしまったのか」に対する自分の考え

・・・・

 

彼らが感じたこと、立てた問いには、学校で用意された問いとは違い、

1つの正解というものはありません。

 

自分で立てた問いの解を自分で考え、実現する方法を自分で考え、人を巻き込み実現するべくプレゼンテーションをします。

工作をしたり、絵を描いたり、とても楽しい「こども商品開発」ですが、

 

実は、大人も解を持たない社会課題の課題発見と、解決に

小学生が挑んでいます

 

 

 

 

 

コメント

<9歳〜17歳>登壇者達の熱量

2021-06-04 18:29:31 | 育児

ごきげんよう。キッズMのくまもとです。

 

昨年取り組んだKIDA PROJECT(探究学習研究プロジェクト)に

参加してくれた小学生が先日「R-StartupStudioの奨学金プログラム」

の「オンラインピッチ大会」に登壇しました

この大会は、最終審査に進む候補者を選考するための「第二次審査」。

つまり、第一次審査を通過しての登壇です。

 

R-StrtupStudio独自の奨学金プログラム】とは、
ㅤㅤ
今、世界にある様々な社会課題を自分事としてとらえ、

課題解決に向けた具体的アクションを起こそうと真剣に挑戦している

18歳未満の若者たちを対象に、

“自分の挑戦(活動)”に夢中になれる環境を整えることを目的とした奨学金プログラムです。

 

彼が、大会でプレゼンした【解決したい課題と挑戦内容】は、

◆伝統工芸の後継者不足とコロナ禍による収入の減少
「日本の伝統工芸は数百年に渡り作り上げられた人類の英知。壊してはいけない」◆で、

一見、KIDA PROJECTで取り組んだ課題と課題解決のようです。

 

話がそれますが、小学生の場合、探究活動の肝でもある「課題の設定(自ら問いを立てる)」内発的動機を引き出すのが難しいので、

ある程度、コチラから課題を投げかけ、一緒に問いを立てていくというケースが多いのが現状です。

 

ところが彼には、彼自身が以前から持っていた「問題意識」がありました。

点として持っていた意識が、KIDA PROJECTに参加したことで、線になったという経緯だったのです。

彼のプレゼンから「強い想い」が、伝わってくるのも納得です。

(「プレゼンでは、KIDAプロジェクトが繋がったきっかけです」と言ってくれました!ありがとう

 

そして、彼だけではなく登壇した若き挑戦者たち全員の

「社会課題を自分ごととして捉え、その解決に向けた具体的アクションを起こしている」

熱量に圧倒されました。

 

誰かに言われて取り組んだわけではない、

それぞれの自身の想いの丈を全力で語っていました。

 

今回、彼の「応援」という感覚で、この大会に一般参加した私でしたが、

私たちが大人として、できること、やるべきことを

さらに考えさせられる経験ともなり、たくさんのことを学ぶ機会をいただきました。

 

誰が最終審査に進んでもおかしくない秀逸なプレゼンばかりでした

 

6月19日開講 探究ワークショップ「こども商品開発」参加者募集中

詳細はコチラをどうぞ(DAY1 お試し参加チケットあり)

 

コメント

なんと!!

2021-06-03 18:40:56 | 育児

ごきげんよう、キッズMのくまもとです。

なんと、

あの「中川政七商店」さんが、キッズMの探究ワークショップ「こども商品開発」の

プレゼンテーション会に参加してくださることになりました

 

ご参加いただける方は、コチラの「季節のしつらい便」を手がけている方です。

 

実は、

5月に開講したクラスで、「ニッポンの伝統ワザをいかした商品開発」に取り組んでいる

小学生が、中川政七さんのボードゲームに触発され(たかどうかはわかりませんが)

ボードゲーム開発中なんです

本当にありがたい。嬉しい。感動です。

夏休み 7月31日(土)にプレゼンテーションするこのコースは、

6月19日にも1クラス開講します。まだ、お申し込みは間に合いますので、ぜひ。

詳細はコチラから。

DAY1お試し参加チケットもあります

 

コメント

プレスリリース配信!

2021-06-02 21:14:35 | 育児

ごきげんようキッズMのくまもとです。

本日プレスリリースを配信しました

 

 

キッズMがプレスリリースをしっかり出したのは、2回目。

初めてのプレスリリースが1ヶ月前のこちら

 

メーカーに勤めていた時は、自分の担当新商品のプレスリリースは

広報部が作成してくれたものを添削する立場だったわけですが、

いざ、一から十まで自分でやってみると、中々に難しい。。。

 

まさに、探究活動!

「自分の伝えたい」を「伝わるプレスリリース」へ。

課題を発見して、情報収集・整理・分析をして次につなげるぞー!

 

探究ワークショップ

こども商品開発に取り組むこども達に負けないように

 

 

 

 

コメント

ありがたいご縁「名店とのコラボ」

2021-05-22 23:05:31 | キャリア教育

ごきげんよう。キッズMのくまもとです。

 

kids weekemdさんからありがたいお声がけをいただき、実現

kids weekend「梅雨を楽しもうオンラインこどもフェス」特別授業

伊藤久右衛門とのコラボ企画「こども商品開発」体験】

~参加者(小学2年~中学生)募集中(先着30名)~

 

【体験できること】

商品開発のプロから仕事を学び、「宇治抹茶スイーツ」の新商品アイデアを考えます。

そして、なんと皆さんが考えた「宇治抹茶スイーツ」の新商品アイデアは、もれなくキッズMから京都宇治の名店(株)伊藤久右衛門(京都府宇治市)に提案します!

伊藤久右衛門HPhttps://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/

 

【イベント概要】

◎日時:2021612() 13:00−14:00

◎対象:小学2年生~中学生まで

◎人数:先着30人(残りわずか)

◎テーマ:宇治抹茶を使ったスイーツの商品開発体験

 キッズMこども商品開発」プログラムの一部を体験できます

 こども商品開発詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/tmuz2

◎アイデア提案先:(株)伊藤久右衛門(京都府宇治市)

◎参加費:無料

★事前の申し込みが必要です。以下よりお申し込みください

https://www.kidsweekend.jp/portal/events/F293DE26

 

【主催】

一般社団法人キッズM

 

(株)伊藤久右衛門ワークショップにもぜひご参加ください>

6/12(土)9:3010:30『キミもお茶博士に?世界に誇る「宇治茶」の今と昔を知ろう!

 

コメント