白雲去来

蜷川正大の日々是口実

五月雨て。

2017-06-30 18:29:22 | 日記
六月二十一日(水)雨。

風雨激しい朝。朝食は、サニーサイドアップのハムエッグス。ハムは好きなポークハム。キャベツの千切り添え。シジミの味噌汁。昼は、JR田町の駅そば。(かき揚そば)夜は、五ゾウかロッポウ程度のカツオ、玉ねぎとカイワレ大根のサラダをシーザードレッシングにて。「日本一」、というお店で買った「焼き鳥」(失礼だが、昔と比べて味が落ちたような気がする)。お供は「黒霧島」

今日は、私が役員の末席を汚している大行社の役員会議があり東京行き、保土ヶ谷駅まで行く間に、雨でズボンがびしょ濡れになった。三時前から会議。ご挨拶をさせて頂いた。

五月の雨と書いて、さみだれ。この五月は、旧暦なので、ちょうど今頃の梅雨の季節のことをいう。五月雨で有名なのは、芭蕉の「五月雨をあつめて早し最上川」(奥の細道)だろう。今日の雨も、芭蕉の句などを思えば、それほど嫌にならないかもしれない。

帰宅後は、何もせずに、録画しておいた映画を見ながら、独酌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時局を肴に一献会。 | トップ | 遠水は近火を救わず。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事