すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気になる福島市の放射線

2011-04-23 19:33:26 | エコ
 福島市の放射性物質汚染が気になっている。県庁所在地だけに影響が大きすぎて誰も大きな声では指摘しないが、このままの汚染レベル(空間線量率)が続くとすれば、企業の安全管理や人事の担当者は、福島市から社員を引き上げることを考慮せざるを得ないのではないだろうか。

 福島県の発表によると、現在(4月23日17時)の福島市内の空間線量率は、1・57マイクロシーベルト/時である。
 文部科学省の発表でも福島市内は1~2マイクロシーベルト/時という値が出ている。

 1日あたりでは24~48マイクロシーベルトの被爆、1年では8760~17520マイクロシーベルト(8.76~17.52ミリシーベルト)の被爆になる。

 一般公衆の被爆限度は年間1ミリシーベルトである。原子力施設などを建設する時は、敷地外にいる一般公衆に年間1ミリシーベルト以上の被爆が起こらないようにしなければならない。これが基本中の基本の数字だ。福島市に1年間住むと、この数字を大きく超えることになる。

 もっとも、年間1ミリシーベルト以下という値は管理された運転状況での限度で、原子力事故などの緊急事態の際には、20~100ミリシーベルトを超えることがないように退避などの防護措置をとることになっている(国際放射線防護委員会2007年勧告)。福島第一原発20キロ圏内や計画的避難地域になった飯舘村と違って、福島市の汚染はそれほどはひどくないので、現時点で避難地域でないことは、問題ないというか、しかたない。

 国際放射線防護委員会は2008年には、原子力事故や放射線非常事態で長期的に汚染された地域に住む人々の放射線防護に関する勧告を採択している。この中で、防護計画では人々の被爆限度を年間1~20ミリシーベルトの幅の下の方に定めるべきだとしていて、過去の例では年間1ミリシーベルトという値が典型的に用いられていると、指摘している。

 つまり、国際放射線防護委員会によると、事故が続いている緊急時の対応では20~100ミリ以上の被爆線量にならないように、緊急退避などの防護措置を取りなさい、事故が落ち着いた後は、汚染地域であっても年間1ミリシーベルト程度以下の被爆に抑えなさい、ということだ。

 福島市は、今の線量率が続くと年間8.76~17.52ミリシーベルトになるので、明らかに何らかの対策が今後、必要になる。木造の家の中では、受ける線量は屋外の2分の1程度になるらしいので、1年間家に閉じこもるという対策もあるが、それでも年間4~8ミリシーベルトの被爆になってしまう。

 原発事故が収束すれば、空間線量率が下がるのではないかという期待が人々にはあるかもしれない。しかし、今、福島市などで計測されている放射線は、既に原発から放出されて、環境中に降り積もっている放射性物質から出ている。事故が収束しても、既に環境中に出てしまった放射性物質がなくなるわけではない。何らかの方法で放射性物質を取り除かない限り、放射線は出続ける。

コメント

咲いた咲いた

2011-04-23 17:59:23 | ガーデニング
東デッキ前のアメリカハナミズキが大豊作。今年は桜がいまいちだったが、その分を取り返した気分。


周囲の新緑の中で真っ白い花が引き立つ


こんなにたくさん咲いたのは初めて。数えるほどしか咲かなかった年もあるのに。いったい、どんな条件で花付きが変わるのだろう?


 南の庇前(玄関前あたり)では、トネリコも地味ながらたくさん花を付けている
コメント

それでも桜は咲く

2011-04-09 08:00:19 | 周辺
遅い桜が咲いてきた。犬を亡くしてから散歩をしなくなったので自然の移り変わりに気づくことが少なくなったが、季節は人間の営みとは関係なく、着実に変わっていく。



天気がいまいちなのが残念


コメント