すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食洗機、水漏れ警報

2010-10-31 19:39:59 | メンテナンス
 夜中に食洗機がピピピとやたらうるさく鳴り、エラー表示が出たまま動かなくなった(らしい。自分は熟睡していて気づかず)。取り扱い説明書によると「水漏れ」。すぐ止水栓を止めて下さいい、と書いてあるのだが、食器洗い機の下が狭く、止水栓に手が届かない。見える範囲では水が漏れた形跡はないので、無理に手を入れて栓を止めるのをあきらめ、この家を施工した工務店経由で、メーカーのアフターサービスを呼んでもらった。電話したのは土曜日だったが、夕方、「たまたま最後の仕事が近くで、どうせ営業所に帰る通り道なので寄ります」と電話があり、即日修理してもらった。


 修理中の食洗機。外に水は漏れていなかったが、食洗機のボディーの中には水がたまっていた。(なお、洗濯槽の下のパネルを外すと、簡単に止水栓に手が届くことが判明。実演してもらうまで、パネルが外れるとは思いつかなかった。)


 排水ホーズがひび割れて穴が空いているのが判明。交換した。この食洗機は、洗濯槽を引き出しのように、引き出して食器を出し入れするタイプ。出し入れのたびに、ホースが伸びたり曲がったりするため、どうしても穴が空きやすい。寿命は、約3000回の曲げ伸ばしらしい。我が家は、住み始めてまもなく丸4年。食器を入れるときと出すときで、1日2回、食洗機を引き出すので、3000回に近づいている。ま、穴があくのは仕方ないか。


 修理費用は1万1760円なり。部品代が1000円で、あとは技術料と出張費。

 先日はウォッシュレットの水が出なくなり、やはり、修理してもらった。4年過ぎるといろいろ壊れるのですかねえ。ちょっと短いような気がする。
コメント (2)

住宅設備リサイクル

2010-10-17 21:16:02 | DIY
 住宅のユニバーサル化といいながら実は、老犬マロンが玄関段差を登れなくなった対策で作った階段スロープだが、マロンの寿命が予想外に早く尽きてしまい、不要になった。とはいえ、このスロープがなければ最後の3週間ほどはマロンを抱きかかえて出入りしなくてはならなかっただろうと考えると、大いに役には立ったので、それはそれでよかったのだが、とりあえず、片付けるなりなんなりしなければならない。
 人間の足腰が弱ってスロープが必要になるまで物置に置いておこうとも思ったが、物置はほぼ満杯なので、整理整頓が必要で面倒くさい。そこで、スロープを短く切って再利用することにした。

 これがスロープ。マロンのためには非常に役に立った。


 スロープを切って作ったデッキ用座卓。フォークリフトのパレットみたいではあるが、ちょうどいい高さ。強度はさほど必要ないので、真ん中部分の支えを外して軽量化した。
 デッキの座卓は前から欲しいと思っていて、いろいろDIYの構想はしていたのだが、犬用のスロープを利用することになるとは、さすがに予見できなかった。


 2階大窓から秋の半月をのぞむ
コメント

浴室タイル掃除

2010-10-11 17:14:08 | メンテナンス
 気持ちを切り替える方法として、ひたすら掃除をするというのがある。ピカピカにきれいになると気分も晴れる。というわけで、気になっていた浴室タイル掃除を行った。
 以前のエントリーに対しnishinoさんから、うちと同じINAXのサーモタイルを入れた方が、汚れで困っているというコメントをいただいていた。もしかしたら良い洗剤があるかもしれないが、今のところ、ひたすらブラシをかけるしかないと思っている。参考にならなくてすみません。


 掃除後の浴室。台所用クレンザーの「ジフ」と、近所のホームセンターで発見した電動歯ブラシの親分のような電動ブラシを使った。このブラシ、単3電池2本で動くおもちゃのようなもので、今ひとつたよりない。ちょっと失敗だったかも。ブラシの回転というより、ひたすら手を動かして、汚れを落とした。
 がんばれば汚れは落ちるので、道具を探してくることが重要と思われる。直径20センチぐらいのブラシが高速回転する道具があれば、かなりいけると思う。
 DIY屋さんに探しに行ったが、電動ドリルやサンダーに取り付けるブラシは、金属ワイヤーの本格的なものばかりで、タイル自体が削れてしまいそう。ナイロンブラシで、取り付け可能なのがあるといいのに。どなたか、ご存じないでしょうか。

コメント (2)

・・・

2010-10-10 09:43:48 | 家と生活















コメント (6)