すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トップライトすだれ

2010-07-25 21:58:55 | 家と生活
いやー、暑い!24時間エアコンが欠かせない。少しでも冷房効率を上げるために、恒例のトップライトすだれを取り付けた。トップライトのある家は、夏には強烈な日差しが真上から照りつけるんだけど、皆さんどのように対処されてるのでしょうか。


トップライトに取り付けたすだれ。80センチ×157センチのすだれがぴったり。200円以下でコストパフォーマンスも抜群。


4カ所をこのようにフック止めしているので、多少の風では外れない。


室内から見た様子。日光の遮蔽効果はいまいちだが、風情はある。


暑い、暑いといってクーラーの効いた室内に閉じこもっているとよろしくないので、バイクで遠征。日曜日というのに、車がほとんど走っていない気持ちのいい道。信州です。
コメント

朝日のあたる家

2010-07-18 17:00:45 | 家と生活
 梅雨が明けました。本格的な夏です。でも、まだ、日陰なら耐えられますね、湿度もそれほど高くないし。ところが、我が家は、朝から家の中を日差しが直撃するのである。そういえば、朝日のあたる家という曲があったなあ、と思い出したりする。


 朝日が直撃する窓。左から、ソヨゴ、アメリカハナミズキ、シマトネリコのシルエットがくっきり。ブラインドを閉めていても、熱気がじんわり室内に伝わってくる。いよいよ、夏だなあと思う。木は、目隠しになるだけでなく、このように、日差しを遮る効果もある。もう少し、大きくしても良いかもしれない。



 台所の北窓(はめ殺し)に広がる夏の空。北側の窓は、日差しが差し込むこともなく、明るすぎることもなく、さりげないのが、大変よろしい。
コメント

季節外れの剪定

2010-07-04 18:37:45 | ガーデニング
ヤマボウシを剪定した。本当は、葉が落ちて、花芽と葉芽がはっきり区別できるようになる冬に、花芽を残して樹形を整えるのが正しいやり方。しかし、ヤマボウシは樹勢が強く、梅雨のころには葉が生い茂って、藪のようになってしまう。せっかくの株立ちなのにちっとも涼しげでない。がまんできなくなって、来年花がつかなくてもいいや、と思って、毎年のようにこの時期に剪定してしまうのである。


6月20日撮影の庭木。一番右の緑が深いのがヤマボウシ。左隣のオリーブに比べ、葉が大きいので、余計暑苦しい。


剪定後。一本一本の幹が見えるようになり、すっきりさわやか、ビールがうまい。

コメント