すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅雨時の物干し

2010-06-28 15:19:01 | エコ
 今年は九州を除いて空梅雨かなあ、と思っていたら、ここのところ、急に梅雨らしくなって、湿度は高いし、晴れ間が出たと思ったらすぐ雨が降り出すなど、しとしとじめじめ。洗濯物を雨が当たらない庇の下に干しておいても、乾かない。かといって、乾燥機とか、風呂の乾燥機能を使うのもエコ的にどうもねえ。


photo by iPhone

 というわけで、階段下がこんな具合。湿気が少ない家なので、ここに干しておくと、結構乾いてしまう。みっともないけど、便利さに負ける。
コメント (2)

実だくさんのブルーベリー

2010-06-20 18:27:30 | ガーデニング

 実がたくさんついたブルーベリー


 おいしそうに熟した実。
 といっても、自分で育てたのではなく、きょう、花屋さんにいったら目について、思わず買ってしまった。ブルーベリーは昨年、もっと小さい苗を買って植えておいたのだが、ほとんど成長してなかった。昨年の苗は、掘り返して北へ移動(二軍落ち、または左遷みたいなものです)、空いた場所に今日買った実をたくさんつけた木を植えた。さて、ちゃんと育つか。


 日当たりの悪い北側のスペースは、南から追いやられると左遷ではあるが、過酷な条件でも花も実もつける木がある。人間も見習いたい。本来は日光を好む柑橘類のフェイジョアが、北庭で立派に花を咲かせ、風呂の窓の目隠しの役目もきちんと果たしている。


 夏の夕方。空はまだ明るいが台所の電気がともり、トントントンと包丁を使う音が聞こえる。
コメント (2)

見た目かメンテナンス性か

2010-06-13 21:34:43 | メンテナンス
 エアコンのリモコンにフィルターお掃除マークが出ている。掃除しなくちゃいけないんだが、面倒なんだよね。特に我が家の1階は高い天井際にエアコンが取り付けてある上に、ガラリが設置してある。このガラリを取り外さないとエアコンの掃除ができないのだ。妻には非常に評判が悪いガラリ。僕は、見た目重視なので好きです。


 冷蔵庫の上にエアコン。熱的には、いけないことをしているような気がする。
コメント

緑のコスト

2010-06-06 19:31:13 | 自然条件
 緑が日々、色濃くなっていく。毎日見ていても変化が分かるほどだ。風にそよぐ緑をみていると、なぜか心が落ち着き、精神的ストレスを一瞬ではあるが、忘れることができる。ところが東京圏では、自宅で緑に日常的に接しようと思うと、サラリーマンの場合、コストがかかる。通勤時間だ。緑に囲まれた住環境を得るには、お金持ちでない限り、かなり郊外に出なければならない。通勤1時間半も覚悟しなければならない。もちろん、通勤電車は満員で、座ることはできず、運が良くなければつり革にもありつけない。それでも、緑に囲まれた郊外なのか。。。 今のところ、答えはイエスとしておきましょう。


 これは、自宅周囲の緑ではなく、自宅の緑そのもの。室内から見ると、すぐ窓先にある緑と、中距離、長距離にある緑が層をなして、距離感のある緑の風景が得られる。


飲まずにはいられない。
コメント (3)