すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デッキの出番なし、桜咲かず

2010-03-28 18:08:20 | インポート
3月最後の週末だが、桜はほとんど咲いていない。気温は真冬のような寒さ。デッキに椅子を出し、のんびり週末を過ごす計画だったが、果たせず。この調子では来週末もまだ、桜はだめそう。去年も桜は遅かった。地球温暖化はどこへいった。

北側より家と桜を眺める。窓ははめ殺し。室内床から窓の底辺までは160センチあり、家の外からは窓を通して天井しか見えない。
桜のつぼみはふくらんできたが、ちらほらしか咲いていない。


家の前にある遊歩道の桜。これだけ寒いと、散歩の人々もいない。
コメント (4)

庭木の成長

2010-03-22 18:50:31 | ガーデニング
自分で植えた木も含め、庇の高さを超す木が多くなってきた。今後の剪定の手間、家とのバランスを含め、どこまで伸ばすか、難しいところ。



 常緑樹はオリーブ。植木屋さんが植えたのは右側の一本だけだが、本によるとオリーブを実らせるには複数の木が必要ということだったので、左側の木を自分で植えた。ワゴン車で運べる大きさだったのに、ふと気づくと植木屋さんが植えたオリーブとほぼ同じ大きさになっている。この2本は、隣の庭や道路からの視線をよく遮ってくれる


借景のメタセコイア2本。夕日で朱色に染まっている
コメント

雪の夜の帰宅、庇の効能

2010-03-14 21:19:58 | プラン
 初春の天気はうつろいやすい。暖かくなったと思ったら、急に寒さがぶり返したり。先週も、東京の多摩地方に雪。


 雪の中を帰宅すると、足跡が玄関先までくっきり。こんな日は、大きな庇が本当に役立つ。玄関前の庇の下で、コートについた雪をしっかりはらって、室内に持ち込まずにすむ。

コメント (2)

門扉の検討

2010-03-06 17:26:30 | DIY
 車で家に帰るたびに思うのだが、完全オープン外構のため、カーポートに車がないと、なんだか寂しい上に、他人が心理的抵抗なく家の裏の方まで入ってこれるような気がして、物騒だ。家の裏に置いてある自転車も、盗もうと思えば簡単に盗める。



 車がない状態。ホースリールなど、生活感もにじむ。


 そこで先日から空想しているのが、門扉のDIY。ハードルといおうか、通行止めの柵というか、とにかく簡易的なものを作る作戦だが、最大のポイントは強風で倒れないようにすること。倒れた自転車が移動するほどの強風が吹くので、よほど考えなくてはならない。
コメント