すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリング材、ちょっと欠け

2009-10-25 21:42:59 | DIY
 ふと床をみると、アイスクリームのへらのような木片が。なんだろうなあ、こんな薄っぺらい木は。あれれ、フローリングに模様が似ている気がする


 ふと発見した木片。なんでこんなものが。


 フローリングの破片であった。最近、乾燥していたからなあ。木目に沿って、はがれてしまったらしい。ワックス塗らないと、ほかもやばいかも


 ぴったり、はまる。ボンドでくっつけましょうか。
コメント

カボチャが似合う家

2009-10-18 18:17:52 | 家と生活
 今年もハロウィーンカボチャ導入しました。秋が深まると日が細くなって寂しい気分になるのですが、カボチャのオレンジ色があると、多少は華やぎます。


 壁際にあるリースは、ローズマリーの剪定くずで作った。よい香りがします。軒下ぶら下がっているのはタマネギ。この季節、柿がぶら下がっている家は多いが、タマネギは珍しい


 庭の木もかなり葉が落ちて寂しくなってきた。


 メタセコイヤの上の木星が美しい
コメント

壁の小修理

2009-10-12 16:32:08 | DIY
 季節の変わり目。夏の高温多湿から、秋の乾燥した空気に変わってきて、家のあちこちの木が、パキーン、パキーンと鳴いている。このブログを書いている作業室の壁もよく鳴く。ふと壁と机のくっつき際をみると、机が伸びて壁を押したせいか、シナ合板の表面がはがれて、めくれあがっているではないか


 作業スペースの机と壁の関係


 机に押されてめくれてきたシナ合板の表面


 机と接する部分を1ミリほどカッターナイフで切り取り、めくれた表面を木工ボンドで接着


 木片を脇机や本で壁に押しつけ、接着剤が乾燥するまで放置
コメント

季節窓

2009-10-04 21:14:33 | プラン
 北向きの窓は日光が差し込むことがないので、ブラインドやカーテンがいらない。プライバシーの問題さえなければ、いつも外を感じることができる窓になる


 秋だねえ、と思う。電線があるのが本当に残念だが、わが家への配線のためにあるようなものなので、文句は言えない。この窓で季節を感じると、外へ出て、季節を楽しみたくなる


 昨夜は仲秋の名月だった。曇りがちではあったが、それはそれで風情があり、酒がすすむのであった。


 キッチンガーデンの食材シリーズ。ハラペーニョのピクルスと、ハバネロと青唐辛子のオリーブオイル漬け。今年、庭で実った唐辛子類は本当にハンパでなく辛いうえに、量がたくさん取れて、もてあまし気味


 ペパーミントも大量に繁る割に使い道が少ない。モヒートにする。
コメント