すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

室内犬小屋

2009-02-22 19:57:44 | インポート
 犬が入るスペースのことを業界用語でクレートという。簡単に言うと犬小屋なのだが、ケージもクレートと呼ぶことがあるので、小屋のイメージには合わないかも知れない。犬は、遺伝的にもとをたどればオオカミで、オオカミは穴を巣にする。犬も本能的に狭いところに入りたがるので、人間は犬の巣としてクレートを用意するのである。犬のためだけではなく、クレートの中で犬がおとなしくしていてくれれば、掃除や客が来たときに楽という管理上の目的もある。
 動物管理事務所(放浪犬や飼育放棄犬を収容して、大部分を殺処分する施設)の檻に閉じこめられて殺されそうになったり、ケージの中で虐待されたりした経験がある犬は、狭いところが嫌いになることもある。しかし、長い時間がたってトラウマが癒えると、やはり狭いところの方が落ち着くようだ。わが家の犬は動物管理事務所出身で、狭いところが大嫌いで閉じこめるとブルブル震えていたが、最近は雷が鳴ったり、大雨が降ったり、人間の機嫌が悪いことを感じたりすると、自らクレートに入るようになった。


 クレートにはいろいろな種類があって、よく使われるのは写真のタイプ。バリケンネルという商品名のものだ。車で遠出するときは、これを積んで犬を入れておけば落ち着くし、キャンプ場でテントの横やキャビンの中に置いてもいいし、大変便利なものである。合成樹脂なので軽くて掃除も楽。(ただし、扉の金網は時間とともに錆びてくる)。問題は、室内に置いたとき、いかにも見た目がよくないこと。インテリア的な見栄えは、まったく考えられていない。どこかに、部屋になじむデザインのクレートはないだろうか?
コメント

春、花粉

2009-02-15 16:27:37 | インポート
 やってきました花粉の季節。2週間ほど前から鼻がむずむずしていたのだが、ここ数日の暖かさで、花粉もいよいよ本格的になってきたと思われる。家が完成したとき工務店さんに空気清浄機をいただいた。ほとんど使っていなかったのだが先日、清浄機に花粉フィルター機能があることに気付いた。どの程度の効果か、花粉が激しい日に試してみる計画。


 遊歩道を挟んだ向こう側にある小学校の体育館はしばらく前から、外装工事中。周囲にとけ込む色になってくれるといいのだが。斜面では梅が開いている。


 空気清浄機。花粉フィルターの効果はあるのか?



コメント

日の当たる床

2009-02-08 21:39:48 | プラン
 2階の床はよく日が当たり、床材が日に焼けて新築後1年間ほどどんどん赤くなっていったのだが、その後、変色は止まり、いい色に落ち着いた。日当たりのよさは本当にありがたく、日中の暖房は不要だし、日の当たった床や、壁に映った手すりの影などをみているだけでも、暖まるような気がする


 本日午後1時ぐらいの日の当たり具合。
コメント

テレビ設置場所、その2

2009-02-01 19:05:03 | プラン
テレビは小さい方が好みという設計者の意向を無視したわけではないのだが、そこそこ大きな画面にした。そりゃ、小さい方が格好いいけど、年を取ると小さいものが見にくくなるしねえ。階段の3段目より下に収まるはずだったんだけど、表示してある寸法って、スタンドの高さが入っていないとは知らなかった。


 テレビ裏のコンセント差し込み口は2つ。機器は5つ。テレビがパソコンに近い機能を持つようになって、いろいろ周辺機器をつなぐことができるので、これからのテレビ置き場には6口ぐらいのコンセントが必要だと思う。
コメント (4)