すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デンマークのデザイン家具

2008-08-31 09:44:06 | インポート
 一週間ほどデンマークの会社に出張して仕事をしてきた。新聞社の編集システムソフトウエアを作っている会社なのだが、ソフトウエアもさることながら、会社の建物や家具が素晴らしかった...thanks for visiting my blog, click here, please



 社員食堂にずらりと並んだ黒いセブンチェア


 ちょっとした空間に何気なく置かれていたスワンチェア


 階段踊り場にあった、これもどこかで見たことがあるソファー


 ここにも高そうなソファーが


 ゆったりとした階段に作られた舞台のようなソファーコーナー。写真のコントラストが悪く黒い立方体のように見えるけど、ちゃんとしたソファーです。ガラス張りに近いデザインの建物で、このソファーはガラスを割って侵入した賊に何度も盗まれ、そのたびに、同じ物を買っているという。賊は高い家具があることを知っているらしい


 ちょっとした家具が、いちいちおしゃれ


 今回出張した町は、オーフスという地方都市。宿泊したホテルのすぐ近くにあった時計台のある市庁舎は、セブンチェアと同じヤコブセンのデザイン


コメント

外水道の位置

2008-08-16 18:45:07 | ガーデニング
 夏は庭への水やりが欠かせない。特に木を植えた最初の夏だったり、野菜や草花を育てていたりする場合。一見気持ちよさそうな作業だが、暑いし蚊に刺されるし、なかなか面倒だ。今日は夕立が来そうだなと、さぼりを決め込むこともある。
 家を造るときに失敗したなと思っているのが外水道の位置だ。わが家では、駐車スペースにつながるユーティリティースペースについていて、それ自体は大変使いやすい。しかし、家の周囲全体に緑を植えているため、水をやるためには長いホースをつないで、ぐるりと家を回らないといけない。リールから出すのも、巻き戻すのも一苦労。反対側にも水道をつけておけば良かった...thanks for visiting my blog, click here, please


 水やり後のトネリコ


 コンクリートの間の緑にも


 ミニトマトは盛りがすぎて、ブドウぐらいの大きさになってきた


 巨大ホースリール
コメント

狭い廊下と、やる気のない犬

2008-08-09 23:03:29 | プラン
 部屋の仕切りがほとんどない単純な間取りなのだが、トイレと風呂の入り口あたりがなんとなく廊下風になっていて、これが、狭い!別に文句があるわけではないが、とにかく狭いので、犬が寝ているだけで、通り抜けられないし、風呂にも入れないし、トイレにも入れない。なぜ、こんなところに、やる気なく寝ているのか。穴を住居にしていたオオカミ時代のDNAの名残なのだろうか...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 この犬、捨てられたのか、逃げ出したのか、放浪しているところを捕獲され、動物管理センターでガス室送りを待っているときに、救出された犬である。それが原因で(と思うのだ)、檻や金網が大嫌いで、車で運ぶとき、檻に入れていると、息が早くなり、ヒーヒー言って怖がる。ペットホテルに預けると、檻をこじ開けようとするらしく、鼻っ面に傷を作って帰ってくる。でも、檻や金網さえなければ、やっぱり、狭いところの方が落ち着くらしい。
 人間も同様で、ただ広いだけのワンルーム的な間取り一辺倒では、どうも落ち着かない。こういう狭い部分があると、ホッとするのである。
コメント

強烈日射し対策

2008-08-03 12:55:02 | 家と生活
 家の西側以外は遮るものがないので、夏の日射し対策は重要である。朝、1階の東大窓と2階の子供部屋窓には、日射しが真横から入り込む。スクリーンシェード越しに、熱線が家の中に充満する。暑い!...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 子供部屋の窓


 1階は、こんな具合。暑くて近寄れない。


 日本の夏の定番アイテム、よしずを導入。手前のヤマモミジとの組み合わせで、もろに和風。本当はもっと斜めに立てかけたいのだが、サッシ高さが2・4メートルほどあり、よしずの高さと同じなので、斜めにならない


 室内側から。目隠しになるので、ブラインドを開けておける
コメント