すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風が通る勝手口

2008-07-27 17:33:52 | プラン
 この家には洗面所に小さな勝手口があって、特に風通しの点で、非常に便利に使っている。前に住んでいた家にも当たり前のように勝手口はあったが、北側に面していて、開けると裏の家が丸見え。従って、ほとんど閉じっぱなし。使えない勝手口だった。
 今の家は、コスト優先で考えたので、無駄なものは極力排除した。玄関ホールもない。ところが、建築家さんが何を思ったのか、第7案から突如、勝手口が登場した。自分としては必要性を感じていなかったので、コスト優先なら当然、なくすべきである。しかし、どう説得されたのかは忘れたが、最後まで生き残った。今にして思えばありがたいことです...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 蛇腹式網戸を閉め、風の通り道にしている勝手口。この辺り、夏は西風が吹くことが多い。東京地方気象台のデータで、わが家に近い府中の風向出現率を見ると、4月から8月までは圧倒的に南風が多く、西風はほぼゼロのはずなのに、不思議なことだ。ともかく、この勝手口は西に面していて、気持ちが良い風が通るのである。物干しや物置があるサービスヤードに出られるので、動線的なつながりもよい。


 花オレガノ。最近、調子がよい植物のひとつ。花びらのように見えるのはガクで、ガクの間から小さな花が出る


 バジルも絶好調。花が咲いた。そろそろ季節が終わりかも


 昼は、バジルとミニトマトのスパゲティーにした。
 材料(1人分) スパゲティー乾麺120-150グラム、ミニトマト6個、バジル6枚、ニンニク1かけ、唐辛子1本、オリーブオイル適量、塩、コショウ、白ワイン適量
 1、スパゲティーをゆでる湯を沸かす間に、ニンニクをみじん切り、バジル、唐辛子を千切りにする。お湯には塩を多目に。
 2、スパゲティーがゆで上がる5分前ぐらいのタイミングで、別の鍋にオリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れ、中火で香りを出してソースをつくる
 3、ニンニクがキツネ色になってきたら、ミニトマトを入れる。しばらくすると、皮が破れてくるが、気にせず、ワイン少々を入れ、香りを出す。スパゲティーのゆで汁をお玉に1杯分を加え、塩味にする。バジルを振り入れ、コショウで味を調える。
 4、スパゲティーのお湯を切り、ソースをあえて、出来上がり。うまいです

コメント (3)

日よけ装備

2008-07-20 19:02:41 | DIY
 梅雨が明け、本格的な夏を迎えた。ヒサシノイエといいながら、2階にはまったく庇がなく、日を遮らない。デザインはすかっとしていて良いのだが、直射日光はたまらない。タープとよしずを装備して、家を夏仕様にした...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 トップライトによしずを取り付ける。市販品のサイズでぴったり。
屋根に上らなければ見ることができない北側の遠景。マンションの屋根越しの遠くには多摩川の向こう側も見えるような気がする。遠くを眺めているのは気持ちが良いが、暑いので早々に退散


 取り付けはフックに引っかけるだけの簡単方式


 反対側もフックに引っかけるだけ。取り付け時間5分以下


 続いてタープの取り付け。脚立にのってひもで縛っていく。炎天下の時間がかかる作業


 上を取り付けたところで室内に引っ込みしばし休憩。室内側は、ほどよく直射日光や散乱光が遮られ、それでけで多少は涼しく感じる


 取り付け終了。スノーピークの既製品だが、奇跡的にぴったりの大きさ。下側は、樋の取り付け金具にロープを引っかけて固定している。強い風が吹くと金具が飛んでしまうのではないかと、ちょっと心配している。


 勢いで庭も手入れ。地面をはっていたブラックベリーに、竹を立ててやった


 スイレンが咲いた。一つ目は終わって水中に没し、これは二つ目
コメント

浴室の排水口から悪臭

2008-07-13 13:38:35 | トラブル
 数日前、お風呂がなんだかドブ臭いと感じるようになった。「暑くなってきたの蒸れているのかな」と思っていたのだが、だんだん中途半端な臭いではなくなってきた。排水口から臭いが出ているようだ。洗い場の排水口の直下に封水トラップはない。浴槽の排水口の配管と合流して、屋外の汚水枡の封水トラップにつながっている。(図面では浴槽排水と洗い場排水はパラレルに屋外に出て、それぞれ汚水枡を持っているよう書いてあるが、実際には一つの汚水枡に合流している。これでいいのでしょうか?)この封水が破れたかと思って点検した...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 ここからドブのような臭いが…。排水は浴槽排水と合流して屋外の封水トラップにつながっているので、洗い場の排水口のトラップは取り外してある(入居時にはついていなかった)。臭いの原因は、屋外のトラップにありそうである


 外はこんな具合。左側は雨水枡。小さいふたと大きいふたのペアが封水トラップ汚水枡で、浴槽、洗い場の排水が合流している。(洗い場排水口にトラップできなくなるので、合流して配管してはいけないという記載をWEB上でみたことがある)。


 蓋を取り外してみると「うぐぐ、臭い」。封水は壊れていなかったが、左側のトラップ上流に脂の腐ったようなものがびっしり浮いていた。人の脂や石鹸の脂が腐ったのである。腐臭である。この臭いが、配管を伝わって浴室に流れ込んでいたのであった(写真は掃除後なのでご安心を)


 コップ洗いブラシの柄に植物用支柱をガムテープで固定して、パイプブラシを作り、浴室用洗剤でごしごし。トラップの封水は透明になり、嫌な臭いはなくなった。やれやれ。
 しかしながら、洗い場排水口と屋外汚水枡までの配管数メートルの掃除はできていないわけで、その部分の臭いが浴室に流れ込む可能性はまだある。配管部分を掃除しなければならないとなると、結構、面倒である。
コメント (2)

メダカ池引っ越し

2008-07-06 14:49:35 | ガーデニング
  家の西にあるカーポート兼ユーティリティースペースのコンクリートの上に置いていた水鉢。西日の直射日光と、銀ガルバリウムの反射光、コンクリートの照り返しがもろに当たり、オーブンの中に置いているような状態になっていた。夕方、水に指を入れてみると、生温いを超して、暖かい。このまま、夏を迎えると湯が沸いてしまうだろう。と、いうことで、南側の木陰に引っ越した。【注意事項】水を入れた水鉢を運ぶと確実に腰を痛めるので、真似をしないで下さい。今、腰にアイスノンを当てて、このブログを書いている...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 南側のデッキ下に引っ越した水鉢。メダカ大3、小3の生存を確認


 姫シャラの根元あたり


 自分の重さで折れてしまったグラジオラスの花。貴重な薄紫だけにもったいない


 ミニトマトがミカンの大きさに並んだ。一株なのだが横にもどんどん張り出し、ミニトマトジャングル化している
コメント

家の写真集

2008-07-06 14:38:29 | インポート
 家づくりブログ的に整理するため、ウェブアルバムにまとめた。フリッカーキャノン。フリッカーの方がおしゃれだが、free会員なのでウェブ画像解像度までしかダウンロードできない。キャノンはださいが、オリジナルのダウンロードが可能...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


コメント (2)