すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家庭菜園

2008-04-25 10:41:03 | ガーデニング
 やはり家庭菜園をやるしかないと思う。長距離通勤の郊外に住んでいる以上は。しかし、ごちゃごちゃした庭先にはしたくない。野菜と観賞用の植物をいかにマッチさせるかがポイント..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 昨年植え冬を越した三つ葉。こんなわずかなスペースでも野菜は植えられる。天ぷら、味噌汁などに活躍中


 これも冬を越して生き延びたパセリ。葉の色がきれいなので観賞用にもなる


 支柱を立ててある2本はサヤエンドウ。丸い葉がかわいい。初めて植えたのでどれぐらい大きくなるのかは不明。右は雑草並みに広がるペパーミント


 こぼれた種から勝手に生えてきたシソ。巨大化するので最終的には1本か2本に間引かなくてはならない


 ネギとグラジオラスが混在。間違えてグラジオラスを摘んでしまわないように注意が必要


 手前3本は今年の新入り。左から、シシトウ、タイ品種の唐辛子、ミニトマト
コメント

スケール感のない窓

2008-04-20 13:29:04 | プラン
 住宅の窓をつくるとき、外から室内への光の入り具合や窓から見た風景、建物を外から見たときの美的配置などを考えるのだろうが、外から室内がどう見えるかは、あまり考えない。思わぬ効果を生むことがある..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 この人、窓に向かって正座しているのか、超短足なのか。とにかく不気味。しかし、ちゃんと立っているのです。2階大窓のあるところは、スキップフロアの低い方で、写真だと左手にある1階横長窓のすぐ上が床面。しかし、外から見る人は、庇の上が床面だと思うので、窓際の人が短足人間に見えてしまう。
 ということを知って、あらためて写真をみると、天井が高い。3・3メートル以上あり人間の倍ぐらい。写真右下の1階部分も2・9メートル弱の天井高があるのだが、外から見るとデッキが床面に思えるので(実際の床面はデッキ面の44センチ下)、天井はむしろ低く見える。外観では内部のスケール感が全く分からない不思議な家である


 遠くから見ると、こんな具合。八重桜がピーク。


 庭の花の第一陣はピークを過ぎつつある


 庭も2年目になると、いろんな花が勝手に生えてきて面白い。去年どこからか侵入してひっそり咲いていたオーニソガラム ウンベラタム(白い花)が、今年は存在感を主張し始めた


 繁殖力が旺盛なビオラは、飛び火のように、あちこちに広がっている。駐車スペースのコンクリートの隙間


 スイセンの根本


 勝手に広がったビオラは大きくならないのが普通なのだが、こいつは、買ってきた苗を植えたように大きくなった
コメント

IKEAそろえ

2008-04-17 22:41:59 | 家と生活

 家造りの雑誌や番組を見ていると、建築費4000万円とか5000万円の立派な家だけでなく、ローコスト系の家でもお決まりのようにYチェアとかイームズとかセブンチェアとかアルテックが出てきて、欲しくはないと言うと嘘になるけど、「ローコスト住宅なんでしょっ!」と突っ込みたくもなり、自慢ではないが我が家はローコスト家具でかためた。
 以前、アメリカに転勤になった時、先輩から受け取った代々引き継がれてきた家具は、ボロボロ。一つでも新しい家具をと思って買ったのが、まだ日本には進出していなくてアメリカでは「アイケア」と発音されていたIKEAのソファーだった。引っ越したばかりで何かと物いりで、懐が寂しかったころに買ったこともあり、安物という印象はなく、アメリカで愛用したあと日本に持ち帰った。スウェーデンで作られ、大西洋を渡ってアメリカで売られ、太平洋を渡って日本にたどり着いた、数奇な運命のソファー。捨てるに捨てられず、今も使っている。
 この家を造っているころ、日本にもIKEAが進出し、見に行ってみると「安物なんだ」と思ったが、ふと気づいたら、テーブルも椅子も引き出しもIKEAで買っていた。使いやすくていいのだが、物欲とか所有欲とか征服欲とか満足感とか優越感とか、そういう人間のもろもろの業とは無縁の物体で、わざわざ建築家に頼んで家を建てるような人には、向かない..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 IKEAのテーブルと花瓶なのか何なのか分からない同じくIKEAのガラス容器。庭で大繁殖して邪魔になってきたカモミールを飾ってみた

コメント (4)

天井断熱材なし(伝聞)

2008-04-13 11:45:36 | 入居後工事
 会社の同僚がこのほど自宅のリフォームを行ったのだが、なんと、2階天井に断熱材が入ってなかったことが発覚したという。セ○スイハ○ムの家。メーカーが悪いんじゃなくて、施工、監督、検査した人が良くなかったんだろうけど、「どうか内密に」と頼み込んできたという。築20年ぐらいだと思うが、今さら断熱材がなかったと言われてもねえ。やはり、家を建てるときは、できるだけ現場に通って自分の目で確認することが重要だと再確認した..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 天気が不安定な今日この頃。家を建てるとき大きな庇が欲しかったのは(1)雨の中の散歩から帰った犬を拭く濡れない場所が欲しい(2)玄関を出入りするときに、あわてて傘を開いたり閉じたりしたくない-のが理由だった。期待に完璧にこたえてくれる性能を発揮している。本当に便利
コメント

天井採光

2008-04-06 19:27:37 | プラン
 奥行きのない小さな家なので天井から採光する必要はないのだが、2階北側にはスリット窓が一つあるだけなので、やはり天井から入る光はありがたい。変なところにある明かりなので、入居一年以上過ぎた今でも、時々、ボーッと見つめてしまう。初めて見る人には、意味不明の構造だろうなあ..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 建築中は、この明かり取りの中(ロフト)で酒を飲むのを楽しみにしていたが、ロフトに上がるのは結構面倒で、1度しか飲んでいない


 庭の花が咲いてきた。若葉もそろそろ出始めた。いよいよ庭いじりを楽しめる季節


 長持ちしていた今年の桜。そろそろおしまいで名残惜しい
コメント