すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春の気配

2008-02-28 13:07:58 | 自然条件
 まだまだ寒い日が続くが、自然のちょっとした変化に春の気配を感じたりする。今回はバードウオッチング..thanks for visiting my blog, click the ranking, please



 カーブミラーに写った庭は緑が少なくてまだ冬景色。しかし、最近ここにシジュウカラがよく訪れるようになった


 どうも鏡に写った自分の姿を怪しいと思って追い払おうとしているように見える。シジュウカラは普段は群れで過ごすが繁殖期には縄張りを設けるという。そろそろ繁殖期が近づいているかも知れない
コメント

強風に耐える

2008-02-27 11:29:19 | 自然条件
 やってきました強風シーズン。台風並み。ものすごい風音で、夜中に目が覚めます。外ではゴミバケツがごろごろ転がり、薄い物置が倒れるのではないかと気が気ではない。風って一様に吹くのではなく、時々、ぐわーっと勢いが出て、この時の音が恐ろしい。防音サッシにすればよかったと思うくらいだ..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 風が強いと必ず倒れる縁の下ふさぎ板(手製)。この板が倒れる「ゴトン」という音で「今日も風が出てきたな」と感じる


 昨年は強風で物干し台が倒れて苦労したが、今年はフェンスで支えているので洗濯物さえきちんと止めておけば大丈夫


 物干し台固定部。ロープで結んだだけだが、完璧


 中に入れてある荷物が重いのとアンカーが効いているのか今のところ倒壊を免れている物置。先日塗った色も落ち着き、物置小屋らしい、いい色になっている。昔の工場や木製貨車の外壁の雰囲気


 風が強いので、ちりが吹き飛ばされて空気は澄んでるに違いないと思って屋根に上がって富士山観察。それほど澄んではいない


 「逆ダイヤモンドヘッド」と名付けていたが、先日「雨降山(あふりやま)」と判明。一度行きたい
コメント

物置着色

2008-02-20 18:04:31 | DIY
 懸案だった物置の着色を行った。無塗装の方が色はいいと思うのだが、耐久性を重視して、木材保護効果があるキシラデコールで塗装した。デッキや一部外壁と同じシルバーグレー色..thanks for visiting my blog, click the ranking, please



 色塗り途中。かんながかかっていない荒い木肌は、高価なキシラデコールをスポンジのように吸収する。一万円弱が吸い込まれた


 午後着手し、明るいうちになんとか終了。乾くに従ってむらが目立ってきそうな雰囲気。二度塗りが必要かも。


 冬の庭はさみしい
コメント

ウッドデッキ反り補修

2008-02-18 11:51:02 | DIY
  木が反るのは仕方がないことである。勢いを感じていいぐらいだ。しかし、直せるものなら直したい部分もある。デッキの反りの補修に着手した..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 反っていたのはデッキから玄関前へ降りる階段の手すりにあたる部分。デッキ材が反り返ってネジが引き抜かれて、効いていなかったので、長いネジに交換することにする


 取り外したネジ。デッキ材の下に1センチほどしか突き抜けず、先端のテーパー部分が長いため、ネジはもともと、ひと山かふた山しか、下の木にかんでいなかったと思われる


 右の長いネジ(51ミリ)に交換する


 左側は反りが強烈でネジを締めても下の台木ごと持ち上がってしまい反りは消えない。しかし、右側の木はそれなりに落ち着き、でこぼこは解消した
コメント

雪止め

2008-02-12 18:25:06 | メンテナンス
 今まで、屋根に雪止めを付ける意味がいまいち分からなかった。雪止めが無ければ自然に落ちてくるし、雪国では、雪下ろしいらずでいいじゃん、と思っていた。しかし、ついに必要性が理解できた..thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 樋をものともせずに乗り越えてきて、ぼとりと落ちる。低い屋根なので直撃してもけがはしないと思うが、痛そうだし冷たそう。雪止めって簡単に取り付けられるものでしょうか?
コメント (4)