すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日射し対策

2007-07-29 12:04:25 | プラン

 関東地方はまだ梅雨が明けないようだが、しっかり暑い。注文していたタープが届いたので、参議院選挙投票に出掛ける前のひとときを利用して設営した。「所により雷雨、突風」という天気予報なので、初日から強度が試されるかも知れない...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 オーダーメードのようなピッタリサイズ。スノーピークのポンタシールドという小型タープ。ポールが付いていないので、このような使い方をしても無駄は少ない。耐久性はいかほどであろうか。タープの下は、樋の支持金具にロープを回して張っている。それほど太いロープではないので、強風に吹かれたとき、まずロープが切れてくれると思うが、ロープが意外に丈夫で樋がべりべりはがれると困る


 窓からの眺望もそれなりに保たれている。家にいながらキャンプ気分を味わえる

 家にタープを張るのは建設前からの構想だった。本当は庭に張りたかったが、花壇程度の狭い庭しかなく、植木が邪魔で、張るのはかなり難しい。ささやかながらではあるが、2階に小さなタープを設営できたのは、うれしい

コメント (2)

遮光効果

2007-07-24 10:33:56 | プラン

 梅雨明けのようなすがすがしい朝だが、日射しは強い。いよいよ、夏本番か。家の省エネ性能が試される季節だ...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 午前9時10分東側。この時間になると太陽高度はかなり上がっていて、東の出幅90センチの庇でもこのように、窓の上から3分の2ほどは日陰にしてくれる。バーティカルブラインドの遮光性能もあなどれず、しっかり日射しを防いでくれる。この季節、朝方に洗面所に設けた勝手口から涼しい風が入って、居間を吹き抜ける。心地よい。勝手口を設け、網戸を設置したのは、風通し確保の面でも大正解だった。午前10時には、もはや直射日光は東からは入らない


 2階午前9時10分。直射日光はさほど入っていない。しかし、それなりに暑い。午前10時、机の上の気温が28度。2階で夏をどう乗り切るかが、課題

コメント

そろそろ庭の手入れが…

2007-07-23 14:19:04 | ガーデニング

 へたってきたトウモロコシを抜いた。庭はナメクジなど害虫や湿度にやられる植物と、ここぞとばかり成長する植物があり、狙った風景とはかなり変わってきた。手を入れてやらなくては...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 手前の木の根元にこんもり育っているのはブルーデイジー。このごちゃごちゃした庭をみていると、芝生と植木だけのスッキリ庭もいいかも知れないという気がしてくる


 トウモロコシはイマイチだったが、シシトウは一株だけなのに一日5、6個は収穫可能

コメント

タープ導入へ

2007-07-22 19:13:56 | 家と生活

 1階南の大きな庇が特徴の家だが、2階や西側には全く庇がない。デザイン的にはスッキリしているのだが、わずかな雨でも室内に降り込む欠点があることが分かってきた。窓を閉めていればよいのだが、やはり、できることなら冷房を使わず、外気を室内に入れて過ごしたい。そこで、タープを導入することにした...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 タープ張りの予想図。2階窓は当初からタープやすだれを付ける予定だったので、窓枠上部にステンレス棒がある。下側は樋の支持金具にロープを結べば、取り付けは簡単そう。このところ、冬や春先ほど強い風は吹かないので、タープを張っても大丈夫だろう。予想図とほぼ同じ大きさのタープを発見したので、注文済み。数日中に届く予定で楽しみ
 出来れば1階西側の横細長窓の上にも取り付けたい。隣地との間にフェンスを作ることにしたので、想像図のように張ることが可能。問題は窓の上の取り付け。2階南のタープの調子がよければ、真剣に考えることにする

コメント (2)

浴室タイル掃除

2007-07-20 16:19:17 | 家と生活

 浴室の床、壁ともINAXのタイル。妻は掃除がしやすいなどの理由でユニットバスを希望していたが、建築家さんの意向もあり、タイル浴室になった。カビが生えるといやなので、壁は抗菌のキラミック、目地もカビが付きにくい目地材を使った。それでも、目地は多少は黒っぽくなり、カビキラーなどカビ取り剤の使用は必要。ユニットバスでもカビは生えるので、タイルにして悪かったということはない。既製品ではない満足感がある...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 ただ困ったのが床タイルの汚れであった。毎日、浴室用洗剤でスポンジ洗いしているのだが、水あかのような汚れが広がっていた。タイルは、冬場に足がヒヤリとしないサーモタイルという製品。あらためて調べてみると、抗菌ではないようである。だから、汚れが残りやすかったのか。
 この汚れ、実に落ちにくく、スポンジがぼろぼろになるまで洗っても(タイル表面が滑りにくいようにざらざらしている)、全く取れない。ブラシで必死にこすってもだめ。浴室洗剤、台所マジックリン、マイペットすべて効果なし。試行錯誤の結果、ブラシでこするのではなく、タイル表面のざらざらのすき間を掃除する感覚で、ブラシを押しつけて小刻みに震わせる方法でやっと汚れが落ち始めた。1時間ほどの作業の成果が上の写真。汚れは写真では見えなくなった。
 INAXのサイトを見ると、液体クレンザーを使えとのことである。タイル表面のざらざらが無くなってしまいそうで怖いが、今度試してみよう

コメント