すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

住宅のパーツシリーズ(7)トイレ2階

2007-02-27 23:38:08 | 入居直後

 1階のトイレがシンプルなのに対し、2階はなんだがごちゃごちゃしている...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 というのも、手洗い水栓をつけ、その下を収納にしたので、狭苦しくなったといおうか、アットホーム感がでたためである。来客も使用する1階トイレに水栓がないのに、なぜ2階にあるかというと、妻の趣味のトールペイントにアクリル絵の具をとく水が必要だから


 収納はこんな具合になっていて、ほかに置き場所がないさまざまなものを詰め込んである


 画期的に優れているのは、収納の中に換気扇吸い込み口があること。にんまりしてしまう。普通でないことは、いいことだ


 トイレ自体が、雑収納兼通路という奥まった空間にある(写真右手)。建築雑誌などをみると、通路にむき出しの便器、目隠しなしみたいな設計もあるが、忙しいストレス社会にあって唯一、哲学可能な場所という意味で、ひっそりした奥の空間でありたい


 と言いつつ、トイレの上はトップライトで、周囲は明るい

コメント

お隣さん上棟

2007-02-26 13:33:48 | 周辺

 お隣さんが上棟。見ていると、もう一度、家をつくりたくなってくる。お隣さんに面した部分は、一部物干し場、一部は未整備のままにしてあったが、そろそろ整えていく必要がある。フェンスや物置をDIYで作りたいのだが、自転車や物干し台が台座ごと倒れてしまうほどの強風が吹くので、素人仕事は怖い気もする。同じ理由で、駐車場につける予定だった片持ち式カーポートもペンディング...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 お隣は南西角を高くした変形三角屋根。背が高くてうらやましい


 北側。庭いじりには季節が早いこともあって、ほぼ手付かず

コメント

住宅のパーツシリーズ(6)手すり

2007-02-23 21:21:18 | 入居直後

 本当はウッドな家にしたかった。階段も鉄製ではなくて、すべて木製がよいと思っていたのだが、なぜか、施主の要望は全く聞き入れられずに、鉄フレーム、鉄手すりの階段になった。でも、これがよいのだ。できてみると。...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 鉄フレームの階段。手すりが見た目以上に頑丈で、極めて実用的。握るのにもちょうど良い太さ


 2階作業室を見る。ところで、これは部屋なのだろうか、大きな踊り場なのだろうか。定義不能な空間だが、心地よく過ごせる


 手すり越しに1階をみる。手すりは必要最小限の機能しかないため、油断するとすき間から下に落ちそう。小さな子供がいたら採用できない手すり


 子供部屋側の手すりはワイヤー。頼りなさそうだが、強度はあるらしい


 壁にビス止めされている

コメント (2)

住宅のパーツシリーズ(5)デッキ

2007-02-22 13:25:26 | 入居直後

 この家の設計を依頼した建築家i氏に最初に出した要望の一つは「眺望を楽しめるデッキまたは庭」。その答えが幅一間の大きな庇のついたデッキだった。案を示されたときは、大きな庇で暗くないか、日光が入らずに冬に寒くないかと悩んだが、完成してみれば、すべて杞憂だったと判明。大変素晴らしい庇付きデッキになり、この家の最大の特徴になっている。気温もゆるみ、いよいよデッキを楽しめる季節が近づいてきた...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 日なたぼっこが気持ち良い


 冬の間も、常緑樹(オリーブ)のおかげで多少は道路からの目線を隠せる。デッキは「見せたい部分」でもあるので、生け垣やフェンスで遮る気はない


 窓を開ければインナーデッキと同一面でつながり、半屋外リビングスペースとなる


 柱がなく、すっきり。東側


 玄関もデッキから入る

コメント (4)

2月分電気代

2007-02-17 10:11:26 | 入居直後

2月分(1月18日-2月15日=29日間)の電気代のお知らせがきた...thanks for visiting my blog, click the ranking, please

使用量692kWhで12、183円。1日当たりでは23,9kWh、420円。
1月分(33日間)は、847kWh、14、925円で、1日当たり25,7kWh、452円だったので、少し減ったことになる。
1月分、2月分とも前住居で昨年まで支払っていた同時期の電気代より安く、オール電化でガス代はゼロ。オール電化による節約作戦は、少なくとも冬期については成功したと言えそう。


 日中の高い電気代の時間帯に無暖房でいられるのが効いている

コメント