すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

柱状改良

2006-05-31 15:45:02 | 基礎工事
 地盤改良の方法にはいろいろあるらしいが、右翼っぽい社名の会社が提案してきたのは「湿式柱状改良」。地盤に柱状の穴を掘って土を硬化剤で固める方法。見積もりによると、深さ3・5-5メートルの32本の柱を作る。なぜ、柱状改良なのか。他の方法と比べた優劣は何か。なぜ32本なのか。疑問がふつふつ。  柱状改良の見積図
コメント (2)

ご近所さん情報

2006-05-28 23:57:55 | 基礎工事
 土地を偵察に行った際、同じ分譲地の一角で建設中の施主さんに出会った。既に擁壁工事を終え、基礎工事を始めている。8月中旬完成予定とのこと。将来のご近所さんなので早速挨拶して、情報交換。長さ5・5メートルの小口径鋼管200本による地盤改良(RES-P工法)と布基礎の組み合わせだそうです。費用を聞いて、相場感をつかむ。  敷地に張られたわが家の輪郭。お隣も工事が始まっている。  現場で立ち話していて、それにしても、都市機構はひどいよね。地盤のことをもっと説明して売ればよいのに。これでは、割高の土地をつかまされたのと同じだね、との話題になる。  下は都市機構(当時は住都公団)のずさん工事監理が発覚し取り壊しとなった某団地。空がひろいぜ。  突然ですが、シロバナタンポポが近所にあった。発見が遅く、みじめな葉っぱだけの姿。白い花が見たかった タンポポがあったのは、近所の公園の一角の「野草見本園」
コメント (4)

花木

2006-05-27 14:50:09 | 外構
 家の周囲に植える木を考えるのも楽しみ。
 すぐ横の緑道にこんな大木や桜並木があるので、うまく借景してバランスを考えなくてはならない


 花が咲く木が楽しい。現住居では写真の順に花が咲いていく。
アメリカハナミズキ


ミカン


ヤマボウシ


新しい家にも、同じ系統の木を植えようと思っているが、ヤマボウシはあっという間に繁ってしまい剪定の手間がかかるので、妻は反対している
すぐに枝が繁るヤマボウシ。しかし、紅葉は現住居の木の中で一番美しい

コメント (4)

ショック!地盤改良

2006-05-27 12:06:41 | 内装・設備
 覚悟していたが、地盤調査の結果は「改良したほうが良い」。しくしく。UR都市機構の分譲地なので、盛り土でもしっかり工事がしてあるだろうと考えたのは甘かった。
 手元不如意になってきたので、資金計画が大丈夫か検討開始。施主支給に必要な金はいくらか?まず、エアコンのお勉強。省エネ性能がすぐれたものをつけたいが、22畳対応といった大型機では高効率のものはないようだ。ワンルーム系の住まいの皆さん、どの程度のエアコンをつけてますか?

 エアコン省エネ番付。(http://www.eccj.or.jp/catalog/home_electronics.html)

コメント

地盤調査

2006-05-24 12:36:05 | 基礎工事
 きょうは地盤調査。たった1人でするんですね。結果が出たら、建築費と、おそらく必要になりそうな地盤改良or杭の金の算段を本格的にしなければ。  お隣の敷地。建物の輪郭沿いに並ぶ穴ぼこは、杭?
コメント (6)