すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日だまり室内

2007-11-22 20:43:53 | プラン
 急速に寒くなって家の中にいても朝晩は足先手先が冷たくなる。日中の日だまりがうれしい季節。この時期、涼しいのが好きな犬は、日中はデッキに出て寝ていることが多い。犬は外、人は室内の日だまりをそれぞれ楽しむ。寒い季節の日の入り具合は、プラン策定時にもっとも重視した項目の一つ。建築家さんには、日の当たり具合のシミュレーションもしてもらった...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 垂直ブラインドの影がつくる床の縞模様。2階は特にぽかぽかと暖かい。床のカラマツは日に焼けてかなり赤くなってきた。それほど硬くない床材なので、日だまりにごろりと横になるととても気持ちよい。大型犬を飼っているので、爪痕がついてしまうのがカラマツ床の欠点ではあるが、それも味のうちと思い、柔らかさを楽しんでいる


 このあたりは、設計時のシミュレーションによると、わが家の中でもっとも長く日が当たっている部分。日当たりがよいせいだと思うが、壁のシナ合板も赤味が出てきた。シナ合板の壁や天井を選んだとき、室内が押し入れの内側みたいになったらいやだなと思っていたのだが、絶妙のすかしやオイル仕上げのおかげで、安っぽさはない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« デッキ塗り直し順延 | トップ | 満月、イルミネーション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プラン」カテゴリの最新記事