すみか

建築家と建てた、大きな庇がある小さな家。きっかけ、土地探し、建築過程とお気に入りの家での生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オープン外構

2009-06-28 13:48:05 | 外構
 住宅用語によると、高い塀や生け垣で家を取り囲むクローズド外構に対し、通りから家が見える外構計画をオープン外構と呼ぶ。この定義によるとわが家は紛れもないオープン外構だが、そもそも、敷地が狭い日本の都会の家は、高い塀や生け垣を回す余地がないし、無理に高い塀を建てると家の中に日が入らなくなってしまうので、オープン外構にせざるをえない。
 住宅施工例などをみても、単に道路に建物が接していて、玄関まで一歩というような家をオープン外構と宣伝しているが、本当は庭がない家といった方が正しい。本来のオープン外構は、家と道路との間にバッファゾーンがあって、空間の距離や植栽によって、緩やかにプライバシーを確保しているような家をいうのであろう。米国の郊外では、建物の正面については、このようなオープン外構を採用している家が多く、町並みにゆとりを生み出している。
 一方、家の裏側のバックヤードは、木のフェンスで広大な面積を囲ってクローズドにしている家も多い。バックヤードは裏庭と訳すことが多いが、たいていはフロントヤードよりはるかに広く、バスケットのフープがあったり、木の上に作ったツリーハウスがあったりして、キャッチボールなどをして遊ぶのである。ちょっとした金持ちの家には、もちろんプールがあり、町の商店街にはプールメンテ屋さんが金物屋と軒を並べていたりする。
 だんだん愚痴になってきてしまうが、とにかく、日本はせまく、どうせ塀や生け垣を作る余地がないのであるから、空間や植栽で緩やかにプライバシーを確保するという本来のオープン外構に一歩でも近づけたいね、というのが今回の主題。


米国の首都ワシントンから車で15分程度の住宅街。こういうのが本来のオープン外構ですね。オープン外構の家が並ぶと、散歩していても気持ちがいい町並みになる。塀の裏に隠れられないので防犯にもよいといわれる。これくらいフロントヤードが広いと、植栽がなくてもプライバシーは守れる。


 これでも2階建て。巨大な木。風で倒れると家が壊れたり、車が潰れたり、人が死んだりします。この家には、ゴールデンレトリバーを飼って、カローラバンに乗る素朴な老夫婦が住んでいた。


 何とも味気ないわが家。アメリカとはスケールが違いすぎて比べものにならない。緑が多いところと思っていたが、上の写真と比べると緑はないに等しい。何とかならんのかねえ。じっと手を見る。


 空間にプライバシーを確保する距離はないので、植栽で遮る以外に手はない。木も育ち、そこそこ目隠しになってきた。


 縁側デッキに出ていて気になるのはこの辺を歩く人からの目線。写真の中央やや左よりにあるミカンが生長して、目線をふさいでくれることを期待している。


 東側はシマトネリコ、アメリカハナミズキでほぼ、プライバシー確保に成功。シマトネリコは常緑なので冬も目線を遮ってくれる。


 きれいに咲いた花などを道行く人に見てもらえるのは、オープンのよさ。



 唐辛子類5種。中段右のやつが名称不明ながら激しく辛い。その上のハバネロも激辛のはずだがまだ赤くならず、食べれない。下段のつるりとしたやつはハラペーニョ。これを生のままスライスしてフォーやラーメンに乗せるといける。

コメント

コンクリート陥没

2008-12-28 13:39:41 | 外構
 家が完成して丸2年。そろそろ点検時期だ。外周を見回っていると、足下がぐぐっと地面にのめり込んだ。擁壁と道路縁石の間の5センチほどの隙間をふさいでいるコンクリートが陥没したのだ。コンクリートは擁壁にそって、敷地回り全長の3分の2ほどを取り巻いているのだが、よくみると、あちこちにひび割れがあり、既に陥没しているところもある。鉄筋が入っているわけでなし、コンクリートの下を着き固めてあるわけでもないので、考えてみればひび割れてきても当然である。


 陥没したコンクリートを取り外した。下は柔らかい土で、泥団子ができるほど湿っている


 ひび割れは何カ所もあり、簡単にコンクリートをはがせる。下の土を着き固めて自分でコンクリートを張り直そうと思ったが、土は見事な黒土でふさいでしまうのはもったいない。この隙間に植物を植えることにした。


 庭の片隅で増やし続けている玉竜を移植した。


 今後は、コンクリートが割れてぐらぐらしてきたら、はがして玉竜を植えていく計画。気長な緑化計画。


コメント

物置Good,スズメNo Good

2007-10-21 19:52:21 | 外構
 物置が完成した。鋼板製物置に比べると割高(2倍くらい)で、収納容積もそれほど大きくない。すき間も多く、豪雨のおりなどは、多少は水が入ってきそうである。しかし、見た目はぜんぜんよい...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 完成した物置。カナディアンレッドシダーのいい匂いがしています。この物置を北庭のポイントとしてカントリーな雰囲気な庭に仕上げる計画


 物置を組み立てている途中、樋の垂直部分(何て言うんでしょう)の地面よりちょっと上のあたりから異音が。耳を澄ますと、羽根音と鳥の悲鳴。鳥が入り込んでしまったらしい。助けようと、上部から掃除機で吸ったら、ズボッと吸い込んでしまった。気絶しているだけかと思ったが、打ちどころが悪かったのか死んでしまった。合掌。樋の垂直部分の入口に網をつけなければ、再発がありうる。落ち葉の季節でもあるし、適当に網を見繕って買ってこよう


 物置の中はがらんどうなので、内部に置く棚を制作中。金具やビスは、前住居で使っていた自作棚を分解したときに取っておいたものを再使用


 棚を設置。物置のフレームにビス止めし、構造としての強度も期待


 外観から想像する以上に物が入る。これまで物置がわりだったデッキ下は、園芸用土の袋入りなど、濡れてもよい物の置き場として使う

コメント (2)

物置の組立開始

2007-10-20 18:50:07 | 外構

 物置がやってきた。宿直明けで体力的には最悪の条件だが、秋晴れで涼しく、絶好の日曜大工日和。届いた物置を見たら眠気も吹っ飛び、組立に着手した...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 届いた物置はどうってことはない木のパネル。自分でも作れそうなものだ。時間がある人は自作したほうがよいと思う。材質はカナディアンレッドシダー


 並べたブロックの上に床を置いて、組立開始


 DIY店で借りてきた振動ドリル。アンカー穴あけ用


 アンカー設置状況。アンカーを打ったのはふた昔以上前の学生バイト時代以来。道具は進歩していない


 パネルをひたすらネジで止めて組み立てていくのだが、カナディアンレッドシダーは、ひび割れせず、実に使いやすい材木だ。仕上げは明日

コメント

サービスヤード完成

2007-10-12 14:47:56 | 外構

 物置置き場の型枠が外れたので、周囲を砂利で覆った。これまで利用していなかったスペースだが、これで有効利用できる。あとは、物置を注文するだけ...thanks for visiting my blog, click the ranking, please


 砂利にする部分のグランドカバー植物をはぎ取り、境界部分にピンコロ石を置いていく。土の部分には防草シートを敷き詰め、砂利を入れる


 完成したサービスヤード。かなり広いので便利に使えそう


 秋らしくなってきた

コメント