bookmarks




profile

smuromatsu
プロフィール画像

神奈川県

ビジネスマン人生の大半はガリガリのIT系
アメリカの会社で働き疲れ、自分で会社を作っちゃいました。セーリング歴30年だけが頼りです

RECENT ENTRY

RECENT COMMENT

BACK NUMBERS

2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2004年05月
2002年03月

2010年10月17日 21時19分22秒 / 国内遠征

オリンピックウィーク最終日とドーピングコントロール

さて、今日は昨日よりもずっとマシなコンディションでした。 


今日は20~30度の設定でコースが引かれましたが時折、凄いヘッダーやリフトが入ってきていました。 


結局、同じような風域(3m~5m)の振れ振れのコンディションで4レースを消化しました。今日のレース、8-10-10と同じようなとこでフィニッシュ。 


最終レースは下一番で出てファーストタックがヘッダーだったのでかなり良い景色でポートアプローチ。4番で上マークを回りますが2~3マークで風が振れて無風に近くなりました。 

これは間違いなくコース短縮、しかも次の上りは片上りでスタボー一本でタックなしでマークに入れそう、これは後続艇に絶対に抜かれないラッキーなパターンです。 

前を行くのは5艇のみ、前のF野隼艇の角度を見るとラインまで一本で上りきれそうです。しかしこの角度に気をとられているうちに後続艇団にリフトブローが入りました。 

気がつくとあれだけ差をつけていたA野が上突破して行きます。 

後続もどんどん加速して上突破。。タックしたくてもこのタイミングではできません。そんなこんなでようやくマーク手前10メートル。。 

なんとかシューティングで入れそう。。。 


と思ったら大ヘッダー・・・・ 

タックしようにも真上に艇がいてタックできません。結局マーク際までタックさせてもらえず仕方なくジャイブしてタックと連続動作をしたのですがバランスを崩して痛恨の沈。 


しかもライン上(涙) 


セールは無常にもマークの上に乗っかっています。。 


ペナルティターンをしている間に抜かれる抜かれる。。。 


結局6位から13位まで転落、、、 


しかし全体のスコアが荒れていたので総合8位でした、7位がJ君なので仕方ないとあきらめます。 



2010江ノ島オリンピックウィーク 成績表


そして疲れ果ててスロープに戻ると腕章をした男女が書類を持って立っています。 


「リゲイン選手ですね?」 


「へ? そうですけど」
 


「お疲れのところ済みませんがリゲインさんはドーピングコントロールの対象に選ばれました」 

ここからはもはや犯罪者のようなものです、ドーピング検査が終わるまではこの男女ペアがリゲインの行動を監視しているのです。 

従ってロッカーでもトイレでもついて来ます。 


「お車を用意していますので」
 

え、どっか連れていかれちゃうの?と思ったらこんなに馬鹿でかいバスが停まっていて中に検査員が待機しています。 





この中で行うのは尿検査なのですが、もうそれはお笑いです。 

尿のカップなども新品でキズなどがないかを自分で確認させられます。 

それから試験薬を入れるための二つの容器が入っている発砲スチロールのケースから好きな番号を選ばされます。 

そして封印を切ると中から厳かに二つの容器が出て来るのです。赤と青の容器で蓋の内側がラチェット構造になっています。 

そして尿を取るのですが、真横に検査員が立ってカップに尿を出すのをずっと見ているのです。不正防止なのでしょうが真横で見られていては出るものも出ません。 



「うう、止まりそうです」 




「あと10ccお願いします」

(どんだけやねん!) 


それからこの尿を自分で先ほどの容器に入れてラチェットの蓋を目一杯閉めます。 
これで容器の蓋は誰にも開けられなくなった訳です。 

それから初めて係員が容器を手に取って、発砲スチロールのケースに戻して検査機構に送るとのことです。 

検査自体は20分くらいでしたが着艇そうそうに拿捕され。いきなりあなたの権利と義務の説明を受け、護送車に連行されるって。。。 




「お前には黙秘権がある!」みたいな~ 





検査の結果問題があると連絡が来るそうです、問題あると全レース失格なのかな?



にほんブログ村に登録しています。
面白かったら
ワンクリックお願いします

コメント ( 0 )  |  Trackback ( 0 )

« 江ノ島オリン...

Olympic week ... »

CALENDER

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前月 翌月

SEARCH

gooブログ

gooID:
パスワード:
ログイン状態を保持する
ブログの作成・編集 ブログの作成・編集

gooおすすめリンク

ブログラボ