よもやま話

感じたまま。思ったまま。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

穏やかな日なのに

2010-02-28 18:06:04 | Weblog
穏やかな日なのに
TVは津波のニュースで注意を呼びかけています

今日なんて天気も穏やかでポッカポカ陽気
地震の被害で大変な国もあるというのに
津波の被害を心配して避難している人も多いというのに
私はなんてノー天気なんでしょう

実は私が行ってる陶芸教室の先生ご夫婦
土曜日から研修旅行でハワイに行ってるんです
「どうなんだろう」って心配になってきます

二月も早いもので今日でおしまい
明日から三月です

それにしても早い
このままずるずると過ぎてしまうのか
焦ります
このまま年とって終わったのではさみしいですから
コメント

国際都市

2010-02-27 15:15:23 | Weblog
今日も松山城に行ってきました
松山も最近は外国の旅行者が多く
今日は韓国の数人の団体
そして欧米系の若いカップルです
カップルはバックパッカーのような感じだったですが
すごくいい雰囲気が漂っていました

外国の方が観光で訪れると言えば
東京、大阪、京都、奈良あたりが定番だったのですが
最近は結構地方都市にも来られているようです
地方独特の文化に光があたり始めたのかも知れません

外国の方が来られて「いい街、きれいな街」と言われたいですね
でもなかなか大変なようです
なにせお世辞にもマナーがいいとは思えないですから
(一部の人ではありますが)

商店街などの自転車通行
タバコのポイ捨て などなど
自分さえ良ければなんて感じの方が目につきます
若い人から年配の人まで
男女を問わず
なんとかならないものでしょうか

国際地方都市
なんて地元商工会や企業。そして行政が声高に叫ぶだけでなく
住民一人ひとりが自覚しないとダメなんですよねえ
コメント

桜満開

2010-02-27 12:50:17 | Weblog
さて何桜?
ヒガンザクラ?
松山城ロープウェーの下は満開です
コメント

よしあきくん

2010-02-27 12:01:29 | Weblog
松山城のマスコット?
初代藩主の加藤嘉明です
コメント

春一番

2010-02-25 21:59:30 | Weblog
早っ!!
それにしても早い
松山は早くも春一番が吹きました

気温もどんどん上がり
昨日に続き20度超えです
この調子で春?
なんてことないでしょう

昨日の陶芸教室
奥さんに“ぼたもち”出していただいて
おいしかったなあ
やっぱり楽しいよ
「あ~。また明日からがんばろう」って気持ちが高ぶります

自分は水曜日の生徒ですが
結構、他の曜日の方も来られて
それはそれで楽しく刺激もあって
会社人間の自分が変わっていくのを感じます
コメント

春爛漫?

2010-02-23 21:28:45 | Weblog
間違って春の生物が眼(芽)をさましそう陽気です
このまま春になるといいのにな~~なんて
気の早い人は“花見”の段取りをなんて考えるのでは
と思うような気候です

昼休みなど散歩すると非常に気持ちいいです
穏やかな平和な感じを一身に浴びてるような気さえします

三寒四温
これから少しずつ春に向かって行くわけですが
一気に行かないところが逆にいいのかも
その分、喜びもひときわというもの

明日は陶芸教室の日
最近では待ち遠しくて、待ち遠しくて
なんかいいんですよね
自分を観察できるというか
素直に反省できるというか
日常では考えれないような気分で過ごすことができます

何がそうさせるんでしょう

コメント

暖かい

2010-02-22 21:25:59 | Weblog
週末から今日にかけて暖かい日が続きました
最近は全般的に暖かく
「あ~~寒い」なんて言う日はごくごく少ない気がします

やっぱり暖冬なのでしょうか
全国的いや世界的に見て
極端な気がします

異常な寒気にマヒする都市
異常な暑さ(熱気)に苦悩する町
異常な気圧の猛烈な嵐に壊滅的被害を受ける地域

最近は今までの常識が非常識
非常識が当たり前

数百年後いや数十年後はどうなってるんだろう
こんなこと考えるとゾッとしますが
先より今なんて現実的なことも頭をよぎったり

まあ、こんなこと考える余裕があるだけいいとしなければ
コメント

今日は中日

2010-02-21 17:13:53 | Weblog
椿さんも今日が中日になります
そして何と言っても今日の神輿
このころが最高潮に達します

ところがこの神輿
ちょっと変わってて
おそらく他の地にはないものと思います

なんと、宮だしの際、威勢のいい掛け声がないのです
ないどころか極力静かに、無言のままに“ソッ”と出て行くのです
そして『お旅所』で休息の後、お宮に帰っていきます

『お忍びの渡御』(おしのびのとぎょ)と言うらしく
本当に変わっています

なぜ無言なのか
諸説あるようで、どれが本当かお宮さんも明らかにしていないようです
ただ、地元では一般的に言われている説があり
「な~~るほど」と思ったりするのですが真偽の程は不明
ですから地元説の記載は控えたいと思います

ところで椿さん
縁起飴(えんぎあめ)というのがありまして
この縁起飴(別名:おたやん飴)なくてはならないものとなっています
この飴、一般的に言う『金太郎飴』で中の絵は“おたふくさん”
残念ながら若い人の人気はイマイチですが
年配者からは根強いものがあり
やはりなくてはならないものです
コメント

おたやん飴

2010-02-21 14:57:23 | Weblog
椿さんで忘れちゃいけないのが“おたやん飴”
縁起飴とも言って欠かせないものです
コメント

大変混雑

2010-02-21 14:49:34 | Weblog
兄さんと行きました。
椿さんは大混雑で境内に入るのに一苦労
結局、途中であきらめました
コメント