パウロ式ストレス・コントロール

2008年07月23日 | メンタル・ヘルス

 以下は、私が厄年の頃に書いた小文です。過去の原稿データ保存用のCDを開いていて、ふと思い出し、このままでも、みなさんの参考になるのではないかと思い、掲載することにしました。



 若い頃にはあまりピンとこなかった言葉が、ある年齢になって、いろいろな体験をすると、とても心に響くようになることがある。

 「それだけでなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し、練達は希望を生み出すことを、知っているからである。そして、希望は失望に終ることはない。」(新約聖書『ローマ人への手紙』5・3-5、日本聖書協会訳による)

といった言葉がわかるようになろうとは思ってもみなかったが、この頃、繰り返し暗唱する。つまり、早い話が、いつのまにか、ストレスの多い年代にさしかかってきたということなのだ。

 「患難」という言葉はやや大げさにしても、生きているといろいろストレスの溜るようなことがある。ぐだぐだとグチを言いたくなったり、叫びたくなったり、泣きたくなったり、さらには、「蒸発」したくなったり、「出社拒否」や「帰宅拒否」にさえなりそうになる。若い頃は鼻の先でせせら笑っていた「厄年」が実感される年齢になった。

 そんな時に、この聖書の一句を思い出すのである。

 なぜパウロという人は、「患難をも喜んでいる」と言えたのだったか。そうとうな痩せ我慢をしているのか。もちろん、そうではないと、神学生時代にそれなりの神学的説明は学んだはずである。
 しかし今、自分が「患難」を「ストレス」と読み換えるような状況に置かれて、なんとかまいらないでがんばろうとしていると、そういう説明と少し違った、自分の体験を重ねた読み方をしたくなる。

 考えてみると、この患難→忍耐→練達→希望というつながり方は、じつによくできていると思う。

 患難は、ふつう患難→失望・絶望というふうにつながるものだ。それはふつうの人間の心のほとんど「自然」とか「必然」とかいってもいいほどのつながり方である。(現時点でのコメント:これは論理療法的にいえば全然自然でも必然でもなく非論理的なのですが)

 ところが、パウロは、患難→希望とつなげる。これは、「逆転の発想」といってもいい。あるいは、「積極的思考(ポジティヴ・シンキング)」ということもできる。常識とはいささか違った考え方である。

 しかし、よく見ると、決して安うけあいの気安めを言っているのではない。患難と希望のつながりの間に、きちんと忍耐と練達が入っているのだ。

 ストレスは、それに対する姿勢しだいで、人間的成長のきっかけに転換しうる。

 ただ、「忍耐」という言葉にはやはりやや無理のある痩せ我慢ふうのニュアンスが感じられるが、「逃げないで、リラックスしてポジティヴに対処する」とでも読み換えれば、もっと納得がいく。

 ストレスを、ただただ嫌なピンチと捉えず、逃げないでリラックスしながらポジティヴに直面し、人間成長のチャンスに変えてしまおう、「厄年は成熟の年齢への第一歩」と考えることにしよう、と自分を励ますヒント 1) 2) を「知っている」のは、やはり有難いことだ。

 「希望は失望に終ることはない」とパウロ先生も保証しているから、がんばってみよう。(現時点でのコメント:今振り返ると確かにこの頃の苦労が私を精神的に成熟させてくれたなあ、と感じています。)



 *こういうストレス・コントロールの方法をさらに体系化したものとして「論理療法」というのがあることを、後で知りました。英知というものは、時代にかかわらずほぼおなじことになるのは、当然といえば当然ですね。

 ところで、私の『いやな気分の整理学――論理療法のすすめ』(NHK生活人新書)がおかげさまで発売1ヶ月で重版になりました。有難うございました。
 まだ読んでいない方、よかったら読んでみて下さい。きっとストレス・コントロールのヒントになると思います。

 ストレスがなければ、論理療法を学ぶこともなく、したがってこの本を書くこともなく、ストレスを抱えている人のお役に立てることもなく、さらに印税をもらえることもなく……終わりよければ、すべてよし……まだ私の人生は終わっていませんが。



↓参考になったら、お手数ですが、ぜひ2つともクリックしてメッセージの伝達にご協力ください。

にほんブログ村 哲学ブログへ

人気blogランキングへ

ジャンル:
文化
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« この夏、北極の氷が消滅する? | トップ | 日本は北欧より安全・安心な国? »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
考え方次第 (ちこ)
2008-07-23 14:52:10

 中学生の頃に、大好きな長兄から英語の辞書を譲り受けました。だいぶ勉強したのか、とても使い古された感じでしたが、後ろ側に、「患難辛苦汝をたまにす」と書いてありました。

 その頃はよくわかりませんでしたが、今になると心から納得します。

 思いがけず起きてくる様々なできごとを、どう受け止めるか。

 逃げられない以上、考え方で本当に自分の人間的成熟のチャンスになりうると思います。

 
患難→忍耐→練達→希望 (hitoshi)
2008-07-23 15:25:51
●患難→忍耐→練達→希望
素晴らしい言葉ですね。ストレスがたまったら、お経のように反復します。是無上呪みたいですね。
忍耐に練達が加わると希望が生まれるんだ!
重版おめでとうございます。 (HIRO)
2008-07-23 20:09:46
1学期最後の授業、小学校1年生に「大人と子供のどちらがいい?」というテーマで話し合いをしました。

そうしたら、1年生にして「こどもがいいです。わけは、らくができるからです。」とのこと。

うん、パウロの言葉を教えてあげたいです。
Unknown (ウチノネコ)
2008-07-23 21:04:04
さっそく名前変えてみました!!

同じことでも、悪く捉えるか、良く捉えるかとでは、かなり違うんですね。
ストレス=人間成長のチャンス
へこんだときに思い出すようにします。
たくさんのコメント、うれしいです! (おかの)
2008-07-23 22:15:29
>みなさん

 ここのところみなさんがたくさんコメントをしてくださるので、書きがいがあります。有難うございます。

>ちこさん

 お兄さんのいい思い出ですね。
 実際、患難辛苦は受け止め方で心を丸い玉のようにしてくれますね。

 でもまあ、患難はたまににしてほしいですよね(←いうまでもなく駄洒落)。

>hitoshi さん

 反復→熏習を続けましょう。

 明日も般若心経の学びですね。

>HIRO さん

 「汝の若き日に汝の造り主をおぼえよ。」

 小さい時に、聖書の英知を(もちろん仏典の英知も)学ばせてあげたいですね。

 長い人生の羅針盤になりますからね(私たちにとってそうであるように)。

>ウチノネコさん

 きみはちっともへそまがりではなく、とても素直ですね。

 この名前、とてもいいと思いませんか。説教親父は気に入っていますよ。

 ネット授業への継続参加、大歓迎!

 きみには、長所を伸ばす最大の長所、向上心があることがこれでますます確実に証明されました。すごい!

 これからも、いろいろなヒントやスキルを伝えていきます。楽しんで学んで下さい。
忍耐 (明日佳)
2008-07-23 22:33:09
すごく久しぶりに聖書を開いてみたら、文字の小ささにビックリしました(笑)

子供の頃、「ガマンすることは良いことだ」と思っていました。でも、瞬間的にガマンするだけで、その後その問題にどうやって向き合って行くかまでは考えていなかったせいで、ガマンばかりがつのって辛く思うこともありました。

忍耐が、その問題に対処するための知恵や能力にまで発展するには、なるべくポジティブにその問題に向き合っていくという姿勢が必要なのですね。

会社のストレスや家のストレスをポジティブにとらえる練習を心掛けたいです!
時々聖書を読み直そう (おかの)
2008-07-24 10:55:17
>明日佳ちゃん

 やっぱり「さん」ではなく「ちゃん」で呼ぶほうが自然なので、そうさせてください。

 確かに膨大な内容を一冊に詰め込むために聖書はとても字が小さくなっているんですね。老眼の私にはけっこうつらい。

 でも、最近、キリスト教主義大学に講話や講義に行くことになったので、聖書を読み直す機会が多くなっていますが、聖書は悩みの多いこの世を生き抜くための英知でいっぱいだな、と改めて感心しています。

 今後、このブログでも時々、聖書のことばを紹介していきます。

 せっかくキリスト教と縁があったのですから、もはや神話的要素は信じられないとしても、霊性的英知の部分はこれからもぜひ学んでいきましょう。

 ところで、ガマンでもなく激怒でもなく、健康な否定的感情・不快感を感じながら、それをエネルギーに変えて問題解決の方法を見出していく、というのが論理療法のアプローチでしたね。

 これもぜひ読み直してみて下さい。きっと今の明日佳ちゃんにはとても役に立つと思います。

 『いやな気分の整理学』、まだだったら、読んでみて下さい。『唯識と論理療法』以上にすっきりわかりやすく書けていると思いますよ。

コメントを投稿

メンタル・ヘルス」カテゴリの最新記事