高松水曜講座「よくわかる道元入門」案内

2018年10月15日 | 広報

 11、12月、高松の水曜日、夜の講座は「よくわかる道元入門」です。


 道元禅師(1200-1253)は鎌倉時代の名僧、曹洞宗の開祖。主著『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』は、さわやかないい人生への「正しい道・真理(正法)を見分けるものの見方(眼)を集めた場所(蔵)」といった意味で、教え・思想の深さはもちろん、その格調の高い美しい和文で「中世日本文学の傑作」としても高く評価されています。

 そして今や欧米でも高い評価を受け“DOGEN”“SHOBOGENZO”として知られ、例えばアメリカでグーグルやアップルなど大企業にも採用されて大流行中のマインドフルネス瞑想の創始者カバット・ジン氏も「自分の思想的源泉は道元にある」と明言しているほどです。

 しかし格調高いだけに難解でもある文体のため、なかなか理解し難いものとされてきましたが、本講座では、お聴きいただいた後、道元・『正法眼蔵』がみなさんの「私の古典」になるよう、できるだけわかりやすくほぐしてお伝えします。

 講義の前に短時間ですが、イスでできるやさしい瞑想法を行ないます。足の痛みやしびれを心配しないで、気楽に参加していただけます。                

                                 (講師より)


日 時:11月7日、11月28日、12月12日(水) 19:30-21:00

会 場:サンポートホール (087-825-5000) 第51会議室
    高松市サンポート2-1(JR高松駅、琴電高松築港駅、徒歩2、3分)

参加費:一般7千5百円、年金・専業主婦・非正規雇用の方6千円、学生3千円

申込み・問合せ:サングラハ教育・心理研究所
メール:okano*smgrh.gr.jp(*を@に換えてください) Fax:087-899-8178
氏名、年齢、性別、連絡先(電話、メール等)を明記の上、上記へ


道元のコスモロジー―『正法眼蔵』の核心
クリエーター情報なし
大法輪閣

『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 足の痛み・しびれは心配あり... | トップ | 1〜3月の講座予定のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

広報」カテゴリの最新記事