破壊と創造――種の絶滅について

2005年11月18日 | いのちの大切さ

 先に恐竜の絶滅の話をしましたが、同じ頃、恐竜と共に「変温動物」である多くの爬虫類も、寒さに耐えることができず絶滅しました。

 これは、恐竜や爬虫類のそれぞれの種から見ると、とても悲惨なことが起こったように見えます。

しかし、進化の歴史の中では、こういう大量絶滅はまれなことではなく、生命40億年の歴史では少なくとも13回、最近6億年でも6回も起こっているそうです。

 そして不思議なことですが、「大量絶滅」は生命の「全滅」ではなく、大量絶滅の後にかえって新しい種の進化が起こっているのだそうです。

 それまでの種が絶滅することで、その種が占めていたなわばり(「生態学的ニッチ」と呼ばれます)が空き地になり、そこに生き残った種が新しい進化を遂げながら入り込んでいくということ(「適応放散」)が繰り返し起こるのです。

 つまり、個々の種から見れば悲劇というほかない出来事が、生命全体の進化を促進するらしいのです。

 いったい、これはどう考えればいいのでしょう?

 宇宙が一つであり、一貫して自己組織化・複雑化という方向に進んでいるとすれば、一見破壊に見えることが、次の創発の準備になっているのではないか、と考えることもできます。

 もっと古い例でいえば、超新星の爆発、つまり星の死が、やがてより複雑な原子からなる新しい星の誕生を準備したのと同じように、古い生命の種の死が、新しい生命の種の創発を準備したのかもしれません。

 もっと古い例をあげると、そもそも水素原子が核融合を起こしてヘリウムになるということ自体、個々の水素原子から考えると圧力で潰れるのですから破壊です。

 しかし、個々の原子が壊れるからこそ、新しい元素が創発するのですね。

 もし、破壊が次の創発の準備であり、死が次の誕生の準備だとすれば、根源的には宇宙には不条理はない、ということになります。

 ともかく、恐竜や多くの爬虫類の絶滅がなければ、次の時代の哺乳類の繁栄はなく、哺乳類の繁栄と進化がなければ、霊長類の誕生もなく、したがって人類の誕生もありえません。

 膨大な数の種の誕生と死という大きな流れの中に、人類も、私たちの先祖も、そして私も置かれています。

 生命4〇億年の歴史、宇宙137億年の歴史は、こういうふうに今ここにいる私たちにまちがいなくつながっているようです。

 そういうことに気づいた時、私たちの心には大きな感動と、そして自分を超えた大きな何ものかへの畏怖・おそれの念が湧いてきます。

 最後に、前に引用した本の言葉をもう1カ所引用しましょう(『人類の長い旅』147~8頁)。

 「あなたのからだのなかの生命を、ほんとうのはじまりまでたどりたいのなら、あなたは、先祖の家系図をさらにさかのぼって、何万年もむかしの原始的なホモ・サピエンス・サピエンス、もっとむかしのホミニド、そのむかしの霊長類、哺乳類、爬虫類、両生類、魚類、ヒモムシ、最初の真核細胞、そして最後には、海のなかで自分の複製をはじめてつくった細胞まで、たどりつかねばなりません。

 はじめての生細胞からあなたまでの生命の流れは、とぎれることなくつづいています。

 あなたのからだのなかの生命は、35億年のあいだ、とどまることなくつづいてきたのです。

 あなたは生命の木のいちばんあたらしいえだのさきにいて、地球上の他のすべてのいきもののえだと、その根もとではつながっています。わたしたちのいのちのはすべてもとをたどれば、何十億年もむかしの原始の海のなかの、最初の生細胞からはじまったのですが、それをさらにさかのぼれば、最初の生細胞をつくったアミノ酸と核酸塩基、さらに原始の大気のなかでくっつきあった分子、さらには、よりあつまって地球をつくった原子、そのまえにはこの原子のもととなった超新星、そのまえには、初期の星をつくった水素原子とヘリウム原子、そして空間の微粒子、そして最後には、すべてのみちすじのはじめとなったビッグ・バンにいきつきます。

 わたしたちのからだをつくっているすべての材料は、150億年むかし、わたしたちの宇宙がはじまったまさにその時にうまれたものなのです。

 自分のてをよくみてごらんなさい。そしてそのなかの原子がいままでにとどってきた旅について考えてみてください。

 そして、これからその原子たちがたどらなければならない旅についても、考えてみてください。」

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ

*写真はNGC2403付近の超新星、NASA提供
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 恐竜の絶滅――エレガント化す... | トップ | 宇宙の労作としての脳と心 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想 (ウスイツカサ)
2005-11-19 06:50:44
今日は破壊と創造の関係を教えていただき、全体でみれば創造・発展の過程で、破壊なくば創造はなく、創造なくは破壊がないということですね。



(捨てる神ありゃ、拾う神あり)



わたしの身体さんも生命40億年の創発から破壊・創造をくりかえされた凄い歴史を持った方なんですね。ゆっくりそんな風に手や足をみてみよう。



ありがとうございました  ウスイツカサ
感想 (りょう)
2005-11-19 10:37:40
「宇宙に不条理はない」、という言葉、響くものがあります。

全宇宙からすれば、究極の意味で善悪はないと言うことでしょうか。

善悪はないけど、方向性はあるということですね。

無限のご縁が命をつないでくれたおかげで、「私」が生かされている。

私もそこには、やはり意味があると思うのです。わたしたちは、自己破滅するために創発されたわけではない。

地球をよりベターな方向に向ける力があるから創発されたと・・・。観念的な言い方ですが。そのように思いました。

ありがとうございました。
善悪を超えて善へ (おかの)
2005-11-20 00:38:52


 このブログは入門編として書いていますので、あまり詳しいことには入れないのですが、一度書いた後で、私の不条理に関するより詳しい論文にリンクしておきましたので、よろしければ、お読みください。



 さらに、よろしければ、拙著『道元のコスモロジー』、『空海『十住心論』を読む』(いずれも大法輪閣)をご参照ください。
Unknown (りょう)
2005-11-20 09:10:37
リンクを張っていただきありがとうござました。拝読し学ばせていただきました。
滅びの意味 (anna)
2005-11-21 12:03:37
局所的に見つめると、悲しいこと、不条理だと思えること、破壊的なできごとに胸がつぶれる思いがします。観念的に意味があるはずだと思っても、道徳的に、「一粒の麦が死んで・・・」と考えても、打ちひしがれそうになってしまうことがあります。



でも、このコスモロジー論をたどることによって、創発へのプロセスとしてとらえると、安心してまかせていけるような気持ちになります。



そう言っても、人間ですから、今ここでの破壊は悲しくてたまらないのですけどね。

みんなつながってるんだという実感が、気がついてる人が少なくても事実であるということは救いになります。
!! (かた)
2005-11-21 16:37:32
付け加えられた論文、読みました。

何と言うかもう、納得するしか無いって感じです!

破壊は創造を呼ぶためにある。

目的は創造。破壊は手段(でしかない)。

戦争・殺人は克服するために今ここにある。その事実自体はOKなんだ。

・・・・こう書くと随分幼稚になってしまうけど。





「戦争はやっぱりなくならないよ。そんなの理想論だよ綺麗事だよ」なんて考えたフリをして、分かったフリをして、実は考えるのを放棄している。

わかってないなぁ、これは試練なんだよ。

もちろんあなたみたいな人がいてもいいけどね。

いつか無くして、一緒に祝杯をあげましょう。



そんな気分になりました。
それはそうだけれども (おかの)
2005-11-21 18:40:31


>anna さん、かたちゃん



 コメント有難うございます。



 コスモロジーのいちばん難しく、しかしある意味でいちばん大事なところをわかっていただけたようで、とても喜んでいます。



 しかし、それはそうだけれども、悲しいことは悲しい、それもそれでいいようです。



 道元禅師が「しかもかくのごとくなりとも、花は愛惜に散り、草は棄嫌に生ふるのみなり」(正法眼蔵・現成公案)といっておられます。



 そうはいっても-そうだからこそ、花の散るのは惜しいし、雑草がはびこるのはうっとうしい、喜びも悲しみもあるがまま、ということのようです。
Unknown (anna)
2005-11-22 06:14:51
理由がうまく説明できないのですが、涙がぽろぽろこぼれてきました。唯識読んでます。
かたじけなさに (おかの)
2005-11-22 11:02:10


>anna さん



 コスモスは、時に涙が出るほど感動的ですね。



 西行が「なにごとのおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」という歌を伊勢神宮のあたりで詠んだそうですが、大いなる何ものかを感じる時、確かにそうなりますね。



 ところで、道元の引用、ちょっと字が足りませんでした。「しかもかくのごとくなりといへども、花は愛惜に散り、草は棄嫌に生ふるのみなり」でした。

コメントを投稿

いのちの大切さ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事