興味津々心理学

アメリカ発の臨床心理学者黒川隆徳によるあなたの日常の心理学。三度の飯よりサイコセラピーが好き。

コロナ禍のシンデレラ城

2021-09-08 | 戯言(たわごと、ざれごと)
朝、珍しくリビングのテレビがついていて、妻と息子が2人でソファーに座って、さらに珍しく、民放のニュース番組を見ていた。2人はいつもものすごく早起きだ。

不意に息子が、

「あ!シンデレラじょう!」

と叫んだ。なんだろうと思ってテレビの画面を見ると、それは日本の新型コロナウイルスの第3波と第4波と第5波のカラフルな棒グラフで、確かにそれはシンデレラ城のようだった。

自分は一瞬泣きたいような感動に襲われた。

この薄暗くて不確かでまったく見通しのつかないコロナ禍の不吉な折れ線グラフの中に、彼はHappiest Place on Earthのシンデレラ城を見出す事ができたのだ。3歳児ってすごい。何かがとても象徴的な気がした。

息子のこの幸せな世界をなんとしても守りたいと思った。先のことは分からないけど、大変な事も多いけれど、いろいろ工夫して、それなりに楽しく生活できたらと思う。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 夜のシャボン玉 | トップ | スカイプセラピーご予約可能... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戯言(たわごと、ざれごと)」カテゴリの最新記事