究極のボードゲーム&ホビー情報

懐かしの人生ゲームやモノポリー、ドンジャラ、CLUE(クルー)などが再燃!ボードゲームカフェへいざレッツGO!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

温故知新ボードゲーム

2111年12月24日 | オススメゲーム
ポータブルゲームやテレビゲーム、インターネットオンラインゲーム、SNS系ソーシャルゲームなどがもてはやされる昨今、ひそかにボードゲームが流行ってきてるらしいです。

将棋、オセロ、野球盤なども一応ボードゲーム?!ですが、そういったものでなく、いわゆる人生ゲームやモノポリー、ドンジャラ、CLUE(クルー)などの世界的定番ボードゲームが、盛り上がっているそうです。
最近では、ボードゲームカフェと呼ばれるボードゲーム専門カフェのようなものがあり、気軽に知らない方とボードゲームが楽しめるという趣向のお店があったりします。
そのお店に入れば、ワンドリンクでお好きなボードゲームをお店にいるお客同士で遊ぶことが出来るそうです。


そんな密かなブームを巻き起こしているボードゲームを中心に最新ゲームまで、レポートしていきたいと思います。
ボードゲームカフェ情報もピックアップしていきますね!



□ボードゲーム豆知識(wikipedia一部抜粋)
ボードゲームとは、ボード(盤)上にコマやカードを置いたり、動かしたり、取り除いたりして遊ぶゲームの総称。盤上ゲーム、盤上遊戯とも呼ばれる。
実際のボードやコマ、カードを使わずにコンピュータ上で遊ばれることもある。(それらは、コンピューターXXなどと言われることが多い。XXはそのゲームの名称)
広義にはテーブルゲームとほぼ同義で、カードゲームなどを含めることもある。
別の分け方では、コンピューターゲームに対して、プレイヤーが実際にテーブルを囲んで行うタイプの遊び方(のゲーム、俗に言う「アナログゲーム」「非電源ゲーム」)を指して用いることもある。

分類と歴史
ゲームのルールの分類には様々な視点が可能であり、ボードゲームに限っても厳密に分類しきれるものでもない。だが、ゲーム史研究の分野では次のような分類がなされている。

まず、駒を置く複数の位置が区別されているような、そのゲーム用に作られたボード(盤)を使うゲームをボードゲームと呼び、そのような盤は使わずに駒やカードだけを主に使うゲームをテーブルゲームと呼ぶ。後者に分類されるものは、カードゲーム、麻雀、ダイスゲームなどである。

この定義のボードゲームは次の5つに分類されている。
1:競争ゲーム(レースゲーム) 駒を動かしてゴールに達することを競う。双六、バックギャモンなど。動きを決めるためにダイスを使うものが大多数である。
2:マンカラ 基本的には2列の穴と、そこに入れる小石を使い、sowing(種蒔き)と呼ばれる特殊な動きでゲームが進行する。
3:包囲ゲーム 敵駒を囲むことを競う。狐と鵞鳥、囲碁など。
4:戦争ゲーム 敵駒を取ることを競う。チェス、将棋など
5:配列ゲーム 盤上に駒を特定の形で並べることを競う。連珠、囲連星、ナインメンズモリスなど。
その歴史的変遷の図がウェブ上で公開されている。 ルールだけを見れば、競争ゲームや包囲ゲームに戦争ゲームの駒取りの要素があったりするように、分類の境界が曖昧に見えるゲームもあるが、おそらくは歴史的系統の観点を踏まえて上記の分類がなされていると考えられる。また、人生ゲームやウォー・シミュレーションゲーム、ドイツのボードゲーム、など近現代に考案されたゲームのルールには上記の分類に当てはまりにくい要素もある。
ジャンル:
レトロ
この記事についてブログを書く
« パチンコを知らないとは言わ... | トップ |   

オススメゲーム」カテゴリの最新記事