緩和ケアで行こう

へなちょこ緩和ケア専門ナース?!のネガティブ傾向な日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナースシューズ

2010-08-22 23:30:06 | 

 看護師が履く靴のことをナースシューズといいます。

 一昔前は、サンダルを履いているのが常でしたが、今は、リスクマネジメントの観点から、サンダルは禁止されています。
 
 ナースのグッズのカタログにはさまざまなナースシューズが掲載されていますが、私は、その類のシューズをカタログで購入したことがありません。
 

 だって。
 高いんだもん。
 


 カタログで購入しようとすると、相場は最低でも2000円くらい、高いと、普通の?スニーカーと変わらないくらいのものもあります。
 
 ここで、ナースシューズに対する価値観が露呈?するのか???

 ちなみに、私は、ナースシューズにお金をかけるのが勿体無いと思うのと同時に、洗って再使用するなんて、とんでもない、汚れたら「廃棄」するのが常です。
 ナースシューズは、いずれも白が基調。白衣と同じく、汚れが目立つ、目立つ。
 しかも、お風呂の介助なんかをしていて、不意にナースシューズに水気をかぶった、その後にゃー…。
 とんでもなく、靴が臭くなるっ


 で。

 私はどうしているのかと言うと、スーパーのシューズ売り場に行き、とっても安価なスニーカーを購入するようにしています。
 これがっ。スーパーのシューズ売り場って、スニーカーを驚く値段で売ってるっ。
 勿論、ナイキとか、メーカーものを期待してはなりません。
 無名の、ひょっとしたら粗悪品かもしれない特価のシューズが、使い捨てにするには最適
 普通、メーカーもののスニーカーが、たとえ、毎日履いていたからといって、数ヶ月で使えなくなるということはあまりないように思います(普段から、スニーカーを愛用したりしないポンですので、これは私見です)。
 
 
 特価のスニーカーはその点では違いがあります。
 なんと、底が剥がれて、歩いていてつまづくことがあります。底と、側面が剥がれてしまうこともあります。仕事の度に履くものですから、1年も履き続けることは難しい…。
 それでも、安価なので、数ヶ月も履くことができれば、元はとれたような気がするし、なんといっても、新しいシューズに履き替えられるのは、清潔ですっ


 ・・・・で、で。

 この週末に、スーパーのシューズ売り場で見かけた、特価のスニーカー。


 これが、なんと、一足、300円
 ひょえーーーっ。 
 なんて、安いんだろ?
 
 思わず、2足を色違いで購入。


 履き続けていると、どんなアクシデント?に見舞われるのだろう?と思いつつも、安いから、その時は捨てちゃえっ、くらいのつもりでいます。
 関西のおばちゃんの如く、「これ、いくらやと思う?」って、病棟のスタッフに聞きたくなるくらい、300円スニーカーには驚き。
 これには、今、セールのシーズンだから、というのもありますが、とにかく、この値段でスニーカーを購入できたのは、ラッキー

 
 履き心地にとてもこだわるなら、スーパーに売っているシューズはお勧めできませんが、どうせ…っ、カタログで購入しても、試着なんぞはできぬもの。
 
 特価のスニーカーを購入する時の極意は、
 あまりたくさんのことを期待しないこと、履き心地が悪ければワンサイズ上のものを購入して、紐などで調整する、かな???

 
 
 白さの光るシューズ、万歳っ。
 お安いシューズ、万歳っ。

 臭いシューズ、黒ずんだシューズ、あかんて~~っ。
 

 
 ・・・・・環境にはやさしくありませんね・・・・・
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
« 話せない、伝えられない | トップ | やめっ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事