過去のピアノブログから、
抜粋転載した記事。
その他、あれこれ書いてます。
素人ピアノ考察記



 僕が過去弾いた曲の中で「これはオススメ!弾いてみて楽しかった!」
という曲をご紹介いたします。
初中級者向けの、弾きやすい名曲ばかりです。
~アドバイスは、僕が実際に師事した先生から言われた事を、
出来るだけ思い出して書きます。

 ※ご参考までに(必要最低レベル)と(推奨レベル)も記しておきます。


・エリーゼのために  ベートーベン 作曲
(必要最低レベル) → バイエル終了~ブルグミュラー25 
(推 奨 レベル) → チェルニー100終了
 いわずと知れたベートーベンの名曲です。
~中盤の32分音符のパッセージは十分な部分練習が必要。
全体的にあまりペダルに頼らず演奏した方が美しい。

・花の歌  ランゲ 作曲
(必要最低レベル) → ブルグミュラー25~チェルニー110
(推 奨 レベル) → チェルニー30
 人気が高く発表会でも良く弾かれます。
~fの部分は、出来れば叩きつけるのでなく、
体重を乗せる感じで力強く且つエレガントに弾くと良い。
途中にあるアルペジオのカデンツは、
ペダルをたっぷり使用し華やかに弾くと効果的。

・アルプスの夕映え  オースティン 作曲
(必要最低レベル) → ブルグミュラー25~チェルニー110
(推 奨 レベル) → チェルニー30
 再開後、弾いた曲です。ド派手です!
~強弱をはっきり付け、メリハリのある演奏にする。
テンポもコロコロ変わるので、最初はメトロノームを使用しパート練習。
オクターブのパッセージは素早く手を滑らせるようにポジションを替える。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 非永続性、恐... 名曲紹介2 ... »