見出し画像

Sliding Cafeマスターのブログ

バッハ「インベンション」

バッハのインベンションといえば、ピアノの練習曲としてあまりにも有名ですが、最近この曲を使ってバストロンボーンのレッスンを行っています。イギリスの音楽出版社Warwick Musicからバストロ2本用に編曲された楽譜が出ていて、その楽譜を使っています。バストロ2本用編曲といっても、単純にただ移調してピアノの右手、左手パートを分けただけのものなんですけどね。

音域はかなり低く、ペダルFまで吹かないといけないので、難易度としてはかなり高いです。この編曲は意図的にそうしてあるのか、原曲のように右手(高音)パートと左手(低音)パートの音域が開いておらず、2パートとも低音域で密集して細かい音符を演奏するため、クリアな音色で細かい音符の音程感が良く聴こえるように発音しないと、「2人で難しそうな事を吹いてはいるが、モゴモゴしてよくわからん、、、」という結果になってしまいます。かといって音程感が良く聴こえるようにスタッカート気味に吹いてしまうと、フレーズの流れが悪く音楽的でなくなってしまうので、あくまでもレガート演奏の中で細かい音符の音程感がクリアに聴こえるように吹かなければなりません。バストロの低音域でのレガート演奏はとても難しいものです。

バストロといえば、低音を「バリバリッ!」と力強い音で豪快に吹くことに魅力を感じる人も多いと思いますが(まぁ、これもバストロならではの魅力ですが)、そういう豪快な演奏以外にも、柔らかく甘い音色となめらかなレガート演奏も上手く吹けるようになれば、更に表現力の幅が広がると思います。バストロのレガート演奏にはテナーとはまた違った魅力があります。

人気ブログランキングへ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「Tbエチュード関連」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事