271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

怪しすぎる名店「越後屋食堂」

2015-09-19 20:00:37 | Weblog
暫くブログの更新をサボっていましたが、今日から再起動です。きっかけは前橋の古い友人の調査依頼のメールを受け取ったからです。こんな内容でした。「昔から気にはなっていたのですが、外観のアヤシさを超えられず未確認。
 『越後屋食堂
モツ煮と肉豆腐、そして漬物が旨いのだそうです。
 横川方面に行く機会があったらチェックよろしく。」
それで、木曜日に同じ団地の知り合いの車に同乗させてもらってここでランチを食べることにして出かけましたが木曜日は定休日と判明、そのまま車を飛ばして軽井沢まで足を伸ばしてここでランチ。
今日は朝から団地の班長会議、ちょっともめる議題だったので会議が終わったのは昼過ぎでした。買い物ついでに外食するつもりでしたが、天気も良かったので横川に出かけました。越後屋リベンジ!

名店は鉄道文化村の信号機のある三叉路から直ぐ近くで、迷うような場所ではありませんが店構えから営業しているか不安になります。店の前に駐車して恐る恐る店に入ると今日は営業していました。店に入ると客は一人だけ、厨房に声をかけてもつ煮定食をオーダーしました。靴を脱いで上がります。

年老いた店主がお茶を持ってきてくれました。そしてややあってから出てきたのがこれです。

食べ始めて少したつと先客は席を立ち残ったのは私一人となりました。すると店主がやって来たのでお話することが出来ました。何となく「まれ」の元治さん(田中泯)みたい。

ちょっと話しかけると色々話してくれます。「このもつ旨いね」と話を向けると、仕込みに手間がかかること、燃料はガスでなく薪を使っていること、味噌も自家製とのことです。「お年は?」と聞くと、昭和一桁(昭和6年)だそうです。「もう年だから止めたい」ともらしていましたが、常連のトラック運ちゃんに支持されて35年も営業しているのでもう少し頑張って欲しいと思っています。
横川は釜めし「おぎのや」が大変有名ですが、少し先の隠れた名店も忘れないで欲しい。次は「肉トーフ」を食べて見たい。

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

(17年02/03追記)
色々なニッチな情報が得られるモギさんのサイトで「激渋食堂」という言葉を学んだ。越後屋は正にこれだなと思いました。群馬に一軒だけ登録されている「ゑびず食堂」は心当たりがあります。一度行ってみよう!

コメント   この記事についてブログを書く
« 安中の「おいしい水」 | トップ | ヒガンバナとクヌギ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事