271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

Melody Road(国道353号線)

2010-07-22 04:06:39 | 博物
昨年の9月に、当時話題となっていた八ッ場ダムの現場を見に行きました。そして品木ダムも見学するために草津町に入る直前、国道292号を走っていると路面から「草津節」が聞こえてびっくりしました。また今年の5月には榛名湖に下る県道33号線では「静かな湖畔」を聴きました。

自宅から近い国道353号では「チューリップ」が聞こえます。もう一ヶ所、吾妻郡嬬恋村の県道94号では「雪山讃歌」が聞こえるのですが、ここはまだ走っていません。このように群馬県はメロディーロードが多いことが分かります。国道353号では「メロディーライン」と表記されていますが、これは音楽用語なので、正しくは「メロディーロード」でしょう。

メロディーロードを走って、ちょっとびっくりしながら、何となくほんのりした気分にはなれますが、ふつふつと湧き上がって来る疑問、どんな仕組みで音楽が鳴るのか、欲求不満になります。普通は用事があって運転しているのでこの疑問を抱えたまま先を急ぎます。そこで3連休の最後の日(7/19)に遊び仲間のYさんの車で353号を3回往復して調査することにしました。



私が助手席に乗ってデジカメで動画を撮影し、戻って路面の詳細を観察、そして走行する車の音を外部からも記録出来ました。




路面に近づいて観察すれば、カッターで路面に溝を入れただけですが、上手いことを考えたと感心しました。画像をクリックすると詳細画面が開きます。



この施行方法を開発したのは北海道の篠田興業と北海道立工業試験場です。日本の誇る知的財産のひとつですね。海外にも展開出来るのではないでしょうか。車が来たことをセンサーで知り、電気的に音楽を鳴らすのは誰でも出来そうですが、こんな単純な方法で人を驚かせ、楽しませるのはセンスが不可欠ですね。

このメロディーロードで奏でられる音楽は地元に関係のある曲が選択されています。では353号ではどうして童謡「チューリップ」なのでしょうか?現地人なら直ぐに分かります。作曲者が地元出身の井上武志だからです。

井上武志は旧芳賀村の生まれで、群馬師範を卒業、その後東京音楽学校に進み作曲家として大成しました。

一番有名な童謡は♪海は広いな、大きいな~♪ですが、赤城南麓の国道にはふさわしくありません。やはり「チューリップ」で決まりです。

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ




コメント (9)   この記事についてブログを書く
« ヘイケボタルのシーズン | トップ | 食べるラー油キットを試す »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイタ サイタ (Husigidou)
2010-07-27 21:08:53
今日、チューリップの道を走りました。渋川からの帰り道です。
やっぱりねって。
音程は車の速さに応じて変化しますね。
271828さんの動画で聞くチューリップの音程はかなり高い。
制限速度をそこそこオーバーしてますね。
もっともここを制限速度で走るのは、農作業車両くらいでしょう。
見通しが良い、歩行者は滅多にいないけど歩道もある道。なんで40km/hrで走らせるんだ。
速度は不明 (271828)
2010-07-29 04:19:39
Husigidouさん おはよう

この道を何km/hで走ったか、それは不明です。デジカメをムービーのモードにして撮影するのに手一杯だったからです。

さて路面の状況は分かったのですが、音が発生する理由はまだ良く分かりません。
実は速度はどうでも良くて (Husigidou)
2010-07-29 09:52:53
突然、道路からチューリップの曲が流れて、271828さんのブログが頭を過りました。その時、これはハ長調だろうかと考え始めて、考えようとする内に過ぎてしまいました。「ああ、スピードの出しすぎだ」と。引き返してリトライする元気はなくてそのままです。皆さん最高時速を守っている人はなく、ちょっとアップテンポのチューリップを聞いているようです。
探してみたら「メロディロードはどのようにして音楽が流れるんでしょう?」というページがありました。
http://natsci.kyokyo-u.ac.jp/~okihana/trivia/melody.html
「わかるけどね」と思いつつ、ヤスリがけする速さで音程が変わるのと同じだな、と思いながらも、なぜだか今ひとつ腑に落ちないものがあります。
井上武志 (271828)
2010-07-29 12:37:54
Husigidouさん こんにちは

この記事にはコメントされませんでしたが、井上武志の子孫の方からメールがありました。私の良く知っている方だったので大変驚きました。
群馬に帰郷したら、この道を走ってくれるでしょう。
また通ったので (Husigidou)
2010-10-26 11:03:55
久しぶりにチューリップの道を走りました。後ろにつく車がないので時速40km/hの走行。制限速度は40km/hでも、この直線で見通しの良い道を制限速度で走る車はなかなかいません。チューリップの曲が聞こえてきましたが、どうもハ長調ではない。ト長調くらいかなと思って、帰ってきて調べました。そしたらこちらにヘ長調の記載。
http://www.ne.jp/asahi/sayuri/home/doyobook/doyo00showa1.htm
ドレミ、ドレミと、ハ長調で聞こうとすると時速60km/hくらいの、この道にはちょうど良さそうなスピードになりますね。
リンゴ園 (271828)
2010-10-26 12:22:03
Husigidouさん こんにちは

チューリップの道の左側にリンゴを売るお店があります。ここのオバチャンとは知り合いです。
先日はB品のリンゴを格安で分けてもらい、加工しました。生で食べるカボチャ「コリンキー」も頂いたので、このレシピとジャムをおすそ分けしました。
これからは陽光が出回ります。
陽光 (Husigidou)
2010-10-27 08:54:31
271828さん、おはようございます。
あのあたり、私の知人もリンゴ農園をやっている筈です。熱処理設備の制御プログラミングをやっていた頃、働いていたおじさんの農園でした。陽光などの品種はそこで教えてもらいました。保育園などのリンゴ狩体験なども受け入れているという事でした。もう二十年以上前の事。次の世代になってるかな。
それにしてもチューリップ。原曲に忠実に作ったんですね。
新世界 (271828)
2010-10-27 18:15:03
Husigidouさん こんばんは

B品だけど「新世界(ふじ×あかぎ)」をこのリンゴ園で貰いました。生で食べるとこれが美味しかった。

オバチャンの店の前がメロディーロードなのでちょっとうるさい。やはり人家の少ない道に施工すべきですね。
うるさかったのかあ (Husigidou)
2010-10-28 07:04:27
271828さん、おはようございます。

 「新世界」ですか。ドボルザークが鳴り響きそうですね。
 我が家ではカミ様が相変わらず紅玉を求めています。

 メロディーロードがうるさい。それはそうでしょうね。考えが及びませんでした。
 人気のない道路で、ある程度以上のスピードになったら「あぶねえじゃねえか」と聞こえるような仕掛けはどうでしょう。
 音程で速度がわかるから簡便なスピード取締り装置ができる、なんていうヤボは考えたくありませんが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

博物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事