271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

Mother and Child Reunion(親子丼)

2016-01-31 13:58:30 | Weblog
先日、雪道が心配と言う家内を乗せて前橋まで車を走らせたときのことです。カーラジオで放送大学を聞きました。私たち団塊世代には懐かしいポール・サイモンの『母と子の絆』が流れた後に高橋和夫さんのお話があって、この歌がユダヤ教と関係が強いと知りました。ユダヤ教には食に関するタブー「肉と乳製品を同時に使ってはならない」があることは知っていましたが、鶏(母)+卵(子)もそうであるとは知りませんでした。
帰宅して英語版Wikipediaの記事Mother and Child Reunionを読むと
The song was inspired by Simon's grief over the death of his family's dog, while he has said that the title has its origin in a chicken-and-egg dish called "Mother and Child Reunion" that Simon saw on a Chinese restaurant's menu.
とあります。リンクを辿ると「親子丼」に繋がっています。冷蔵庫の在庫を調べると鶏腿肉、卵、長ネギもあったのでミツバを買い足して親子丼を作りました。そしてこの懐かしい曲を歌詞付きで聴きました。しかし、彼がユダヤ系であることうかがわせるようなことは読み取れません。


この曲のリリースは70年代初めなので、NYの中華レストランに和食の親子丼が供されていたとは考えにくいと思われてなりません。そこで手元にある中華料理の本を調べてみることにしました。なかなかこれと言う料理が見当たりませんでしたが、

芙蓉鶏片(フウヨンジピェン 鶏肉の泡雪いため煮)王馬 熙純著「中国料理」P54
がそれらしいと想像しています。
詳しいレシピは辻調グループのサイトにあります。ただしこの料理にはロースハム(豚肉)も使われていますのでご注意を!

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

コメント   この記事についてブログを書く
« どんど焼き | トップ | メイポールの受粉樹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事