271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

ゆすらうめジャム(試作)

2011-06-18 15:28:47 | 博物
ユスラウメ(ゆすらご)は大きくならず、白い花と真っ赤な実が美しいので小さな庭にも植えられています。緑の葉と赤い実のコントラストも鮮やかだからでしょうね。小さな実は食べられますが、味は期待されているとは言えません。
いつも野菜を頂いている方がこのユスラウメも持って来てくれました。私がジャムを作ることを知ってのことです。そのお宅でもジャムにするらしい。私もそうしようと思ったのですが、もう少し量が欲しかった。それで団地内の友人のユスラウメを摘ませてもらいました。
製法は先日のさくらんぼジャムと同じです。実を除いた果実の質量は340gでした。いつものステンレスの平鍋では大きすぎるので、小ぶりのホーローの鍋を使って、170gのグラニュー糖を加えて煮始めます。クエン酸一匙を加え、最後に一袋のペクチンを加えて仕上げました。

225mlの小瓶一個と少しのジャムを得ました。昼食前に叔母が来たので皆でお好み焼きを食べ、デザートにユスラウメの味を楽しみました。サクランボより少し野生的な味です。来年は供給先を確保して沢山作りたいジャムです。


ユスラウメの学名はPrunus tomentosaで、Prunusはサクラ属、tomentosaは「綿毛のある」と言う意味です。ユスラウメの葉には細かい毛が密生しているからでしょう。植物は学名の意味が分かると親しみが沸きます。私は『植物学ラテン語辞典』も所有していますが、グーグルトップ→その他→翻訳と進むと、ラテン語も使えることが分かります。植物好きの方はこの機能を活用されると便利ですね。

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カラスとヒヨドリ対策 | トップ | 定点観測を始めてみようか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ginsuisen)
2011-06-20 09:59:48
ゆすらうめ、「ゆすらご」と呼んでました。実家にもあり、実家から我が家にも実生で育てていますが、我が家のはいまだに収穫が少しで、ほんの少しを焼酎に入れて、ゆすらうめ酒にしてますが・・ジャムの発想はありませんでした。きれいなジャムですね、美味しそう!でも、種が大きいので大変だったのではないですか。
果実酒 (271828)
2011-06-21 04:20:25
ginsuisenさん おはよう

谷川岳や赤城山の北面にはマタタビが沢山生えていて、果実酒にしたことがあります。しかし下戸の私はつい飲むのを忘れます。
果実酒よりジャムにすることを考えるようになりました。
種を抜くのは手間ですが、女工さんに手伝ってもらうので大したことではありません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

博物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事