271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

梅雨空でも桑の収穫

2012-06-17 05:59:30 | 博物
関東地方も入梅して、農家は晴れ間を狙って麦を収穫し、田植えが始まっています。今日は日曜日なのであちこちで田植えが見られるでしょう。桑もどんどん熟してきます。桑の実は日持ちがしないどころの話ではなく「時間持ちしない」ので午前中に摘み取ったら午後には加工するか冷凍しないと見る間に崩れてしまいます。それで桑の実が店頭に並ぶ事はまずありません。
しかし何事にも例外はあって、乾燥させた桑の実は手に入れることが出来ます。

イランの乾燥した空気と強い日光が無ければ加工は無理なのでしょう。

昨日も朝から小雨だったのですが、頑張って桑畑に出かけました。小雨なら雨具は不要。桑の木が天然の傘なってくれるのです。必須アイテムはネット付きの帽子、ハサミ、それにスーパーのレジ袋です。

ネットで頭を覆わないとカメムシやらチャドクガが落ちてきます。ハサミは収穫しながらクワキジラミの付いた葉やアメリカシロヒトリの巣網を切り落とすのに使います。手作業での防除でも効果は抜群です。衣服はナイロンジャージがベストです。潰れた桑の実の紫に染まらないからです。コットンの衣服はブルージーンズ以外は避けましょう。

これが小一時間の成果で、帰宅して計量すると1.4kgになりました。これからが大変な手間となります。

小さな桑の実の果梗をひとつひとつ手作業で切り落とします。画面右に見えるのは遠心力を利用した水切り器です。きり終わったら水洗いしてこの機械で水を切ります。水で洗ってから果梗を切ると、柔らかい果実が潰れるので工程を逆にしてはいけません。ここまで出来れば後は手馴れた作業となります。昨年と変わったことは砂糖の量を控えたことです。私好みの味に近づけるとどうしても低糖度になりますね。そのために昨年以上に殺菌・脱気を念入りに行っています。

朝日新聞の土曜版に「フィトケミカル」に記事が掲載されました。フィトケミカルとは野菜や果物に含まれる色素や香り成分のことです。

桑の実に含まれるのはアントシアニンで、定量的なデータが見つからないのですが、ナスやブルーベリーよりずっと多いに違いありません。効能の「視力低下の予防」はあまり信用していません。この手の効能書きはフードファディズムの典型だからです。まずは眼で見見て美しく美味しいことでしょう。練乳かけのカキ氷に「ドドメ」をトッピングしたいと考えています。真夏に食べたら美味しそう!

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 由紀さおりとギリシャ | トップ | シートで雑草対策 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ginsuisen)
2012-06-17 09:54:23
大変なお仕事ですねー。頭下がります。
家のフェンスの向こうに1本桑の木がありますが、実はついてないようです。
やはり、手入れが・・・なんでしょうか。

そういえば、生活クラブのグラニュー糖は北海道のピートグラニューでした。
雌雄異株 (271828)
2012-06-17 11:26:50
ginsuisenさん こんにちは

5月頃に桑は花を咲かせますが、多分それは雄木なのでしょうね。雌花が咲かないと実は付きません。
私が管理させてもらっている桑は驚異的に実がなります。毎日収穫に忙しい。
すこし晴れ間が見えたので午後も収穫作業ですね。

グラニュー糖は精製度が高いのでサトウキビでもビートで変わらないでしょうね。
いろいろ勉強になります (くろうさぎ)
2012-06-18 15:28:48
滑り台さん 作業おつかれさまでした。
私も3年前から桑の実ジャムにはまり、毎年採ってきては加工しています。
野菜の水切りかご利用とはいいこと聞きました。今年は終了しているので来年そうしたいと思います。
こちらでは近所の川べりに行き胴長はいて採種しています。・・・採るときはとても楽しいのに、あの下処理がめんどうですね・・・ぴったりゴム手も参考にさせてもらいますね
胴長 (271828)
2012-06-19 05:08:25
くろうさぎさん おはよう

胴長を身につけて採取とはご苦労様と言うか、気合が入っていますね。
私が管理させてもらっているのは使われない桑畑なので足場がずっと良いです。恵まれていますね。

ジャム作りのノウハウは小出しに書きますのでご参考になれば幸いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

博物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事