271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

コノドント館企画展「バブル家電」

2013-04-19 04:13:31 | Weblog
先日、家族でみどり市の知り合いの店にランチしに行きました。平日なのに駐車場が満杯、お昼には時間があるのでそのままスルーして大間々の街に車を進めました。時間調整のつもりでした。どこに行くあても無かったので以前から気になっていた「コノドント館」の駐車場に車を停めました。ここはわたらせ渓谷鉄道大間々駅に近いので観光バスも止まっていました。みどり市大間々博物館の入り口には企画展「バブル家電」のポスターが見えます。マニアの心に火がついて入館料200円を払って見学することにしました。

コノドントの化石は微小なので顕微鏡のお世話にならないと見えません。しかしこんな小さな化石をよく発掘したものです。階段を登って2階の民俗資料室に行くと入り口に私好みの機械が2台展示してありました。一台はタイガー計算機でした。

もう一台の東芝製の機械式計算機「ブルースター」は初見です。どちらも保存状態が良さそうなのでしかるべき人にメンテナンスをしてもらって、来館者が操作できると大変嬉しい。置き場所は1階の事務所の脇にして、職員の監督の下で簡単な計算が体験できるのが理想です。

企画展の展示室に入る左手前の通路にあったのが1954年製造の東芝のテレビでした。シャープ(早川電気)の初期のテレビはネットで見たことがありますが、東芝のは見たことがありませんでした。しかし東芝製は家電というよりまだ測定機ですね。

さていよいよ「バブル家電」の展示室に入ります。

パナソニックのPiedraシリーズがずらりと並んでいました。TVが茶の間にデンと置かれた時代から、個室で視聴する時代になったことが良く分かります。1988年にグッド・デザイン賞を貰ったようです。

電話機も沢山展示してありました。


私の目を捉えたのがNTTのハウディ・アートBです。

ピラミッドパワーにいかれたトンデモさんは受けたかも知れません。このテレフォンでチャネリングを試みた人もいたかも知れません。デザインとしては悪趣味ですねぇ。

この企画展で一番光っていたのがSANYOのROBOシリーズかもしれません。これらの「キッズ家電」は初めて見るのですが、見て楽しい。今時の「かわいい」に繋がるスピリットが見られます。

さてこの建物は群馬県で最初の私立銀行「大間々銀行本店」として大正10年に建設されました。煉瓦造りに見えますが、木骨タイル張り、土台等に大谷石が使われています。この銀行が桐生でなくここに設立されたのはちょっと不思議に思われますが、江戸時代中ごろから足尾銅山の銅を江戸への中継基地として、また物資の補給基地として大間々が重要な役割を果たしたこと、桐生に先立って生糸市(きぬいち)も開かれていました。足尾銅山が元気だった頃は国鉄足尾線も元気でした。


そして、大間々駅そばにある「ながめ余興場」も大いに賑わっていたようです。

  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« As Time Goes By と相対性理論 | トップ | 私の散歩道 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鉱山跡地 (ブルン)
2013-04-19 22:24:42
今日たまたま授業で、銅の元素記号CuはキプロスCyprusから来てるんだよという話をしました。昔、キプロス島に銅山があったからなんですね。今は「どう」なってるのでしょうか?鉱山の跡地ってなんだか興味があります。足尾銅山、それに石見銀山にも行ってみたいです。
キプロス (271828)
2013-04-20 10:14:33
ブルンさん おはよう

ブルンさんのコメントで銅の語源を思い出しました。ありがとうございます。
キプロスと聞くとまず頭に浮かぶのが歌手Anna Vissiです。アテネでCDを買って、ギリシャポップスにはまったきっかけになりました。

足尾は是非見学して下さい。足尾鉱毒事件で活躍した田中正造を三國連太郎が演じた映画「襤褸の旗」はとても印象に残っています。正造の生家にも行った事があります。
http://blog.goo.ne.jp/slide_271828/e/c0fb55af3edb43a7740273c17ee3309c

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事