271828の滑り台Log

271828は自然対数の底に由来。時々ギリシャ・ブラジル♪

JIMTOFに行きたい!

2008-10-23 02:42:14 | 読書
昨晩の食後、長男にJIMTOF2008(日本国際工作機械見本市)に行きたいと言ったら、その関係の本を持っているという意外な返答がありました。早速見せてもらうと、A4サイズのペーパーバックで書名は『生産システム副読本』(ニュースダイジェスト社、2005年改訂14版)でした。本文は430ページ、これ一冊読めば工作機械についての概要が得られるようになっています。定価もこのボリュームで2,625円と格安なのはJIMTOFに出展する工作機メーカーの広告が沢山掲載されているからですね。同書は長男が大学3年の時、副読本として購入したのです。
東京ビッグサイトで最先端の工作機械を見学して、ものつくりへの知識とモチベーションを上げるのが目的ですが、たかなじゅんさんのブースもあり、ここで未だ手に入らない『ナッちゃん』第5巻を著者サイン入りで手に入れたいのです。これで全21巻が揃うのです!時間が合えば直接お話したいものです。

長男に持ってきてもらったもう一冊は『東大で教えた社会人学』(文春文庫、草間俊介+畑村洋太郎著)です。同書は森ビルで開催された危険学の集会で畑村先生自ら宣伝されていたこともあって、書店で手にとって購入したのです。私が読了し、大学院に進学する長男に進呈したのです。

読み返してみたかったのは53ページです。既に特許が確定しているもの(滑り台など)、出願済みのものについてはこれまで通り積極的に公開するつもりですが、生産技術のノウハウは原則非公開にして、開示できる情報は私の管理下に置くことにしました。何を見せ、何を見せないかは私の判断によります。
しかしより重要なことは「技術の囲い込み」ではなくて、私たちのレベルアップです。便利な自動プロはDXFを食って、NCデータを吐き出し、加工が進みますが、この過程をブロックボックスのままにしないで、工作機械がどんな命令で動いているかを理解して、それを操作することだと思います。オペレーターだけでなく設計担当もGコードの概要を理解して、それに適合した図面を作って欲しいのです。設計から出たデータがLANで工作機械に流れ、その結果が設計者に直ぐ見える環境でないと難しいでしょうね。機械を買った時におまけでWebカメラも付いていました。活用したいです。
昨年の秋に導入したCNCルーターも1年経過し、使い勝手を向上させるためにレイアウトを変更することにしました。素材のハンドリングに新しい試みも計画しています。
  ↓ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シアトル拾遺 | トップ | 全国日常点検講習会(埼玉会... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見本市 (原子人)
2008-10-29 00:28:06
私も近くで工作機械の見本市があったらいってみたいなあ。
ぜひ、参加してください。
そしてご感想をお願いいたします。
行きました! (271828)
2008-11-01 03:44:49
原子人さん おはよう

今までこのJIMTOFに行こうという気が起こらなかったのですが、行ってみて良かったと思いました。
追々感想を書いていきます。『ナッちゃん』全21巻も頼みました。到着したら送ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事