日本一への起業!

ゼロから会社を立上げ、日本一になるまでのサクセスストーリー(リアルタイムバージョン)果たして日本一の夢は達成できるのか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

送信テスト1

2013-01-15 17:24:07 | 夢への一歩
テストです。
コメント

ブログ移動しました。

2005-08-09 20:28:59 | 夢への一歩
今日、丸一日かけて自分のオリジナルブログを製作しました。

ブログが移動しました。

新しいブログはこちら!
http://nagai.weblog.ne.jp/

このブログも名残惜しいところもありますが、今後は自社製作のオリジナルブログで日本一へのストーリーを掲載していきますのでよろしくお願いします。

ちなみに私もこんなブログが欲しい!という方はご連絡ください。
有料ですがつくります。
(最後にちょっと営業。)

また、新しいブログでは、ビジネスパートナーの募集も行っています。
一緒に日本一を目指しませんか?

それでは、新しい私のブログ、「New日本一への起業」でお会いしましょう。
コメント   トラックバック (1)

Fコマース

2005-08-08 21:00:53 | 夢への一歩
Eコマース(electronic commerce)が電子商取引なら、Fコマースという言葉を作ってみた。

Fコマースとは、Face to face commerceだ。要するに対面商取引。
極めてアナログ的で商売の基本だと思う。
商品そのものの物流ではなく、「買い物=出会う」という体験事態に付加価値を感じる文化を創りたい。

楽天がEコマースで日本一だというのならば、私はFコマースで日本一になり、楽天を抜く。

今日、栃木の経済情報誌BITの取材原稿があがってきた。
思いっきり「楽天を抜いて日本一になる」と言ったことが書かれていた。
聞き流さず書いてくれたことが嬉しかった。

※詳しくは9月1日発売のBITに掲載される予定です。ぜひ書店でお求め下さい。

FコマースがEコマースを抜く時代をつくるぞ!
待ってろ楽天!
コメント

事業化するには。

2005-08-07 19:20:57 | 夢への一歩
現在は、1人で3役も4役もこなしながら、毎月の売上を立てようと努力しているが、本当にこの状態を続けていても自分が最終的に目指す目標達成は見込めない気がしている。

特に、自分個人に依存するサービスがシステム化され、お客様に提供できない限り常に現在のこの循環は繰り返される。許容量も決まってしまう。

もう一度不足しているものは何かを見つめなおして軌道修正しよう。
それにはまず、人に振ることから始め、会社を経営すること(お金を儲けること)に集中しよう。

今後、自分が伸ばしたい能力を考えても、作ることに時間を費やすことが一番もったいない。

思いっきり経営者してみようかな。
コメント

一日一つ。

2005-08-03 13:52:28 | 夢への一歩
あれもこれもやろうとして、結局中途半端な形になり、進んでいるようで進んでいないものが増えてくる。

やらなければならないものも沢山あるし、やりたいことも沢山ある。
多くに手をつけようとすると効率的ではないので一日一つを目標にして仕事を進めることにした。

急がば回れだ。

100のうち99を犠牲にして、1を終わらせる。
そうすると明日は99のうちの1を終わらせればよいことになる。

その一方で次の日には2の仕事が入って来る可能性もあるが、その2は意外と他の99の内の1と一緒に片付けられたりする気がしている。

入る仕事<処理する仕事

これを意識した結果、結局は今日1を終わらせることが最短だと思う。

0.8で後回しにすると、次ぎやろうとしたときはまた0から1をやらなければならなくなる。
着実に前進していこう。
コメント

一つのことに集中する。

2005-07-29 15:43:31 | 夢への一歩
現在集中してます。
コメント

基礎固め

2005-07-27 21:34:11 | 夢への一歩
いろいろ提案したり、実際に商品を納品してるうちに、当社ができることは何か、何を期待されているだろうか、どんな提案がベストだろうか...

そんな様々な思考を繰り返すうちに、実際にお金になっている部分は何だろうか?
という基本的なことに注目するようになった。

新しい企画を立てることは楽しいし、可能性も感じる。
無性に行動を起こしたくなる。
また、日本一を目指すためには普通のやり方ではたどり着けないと感じているため、どうしてもオリジナル性で勝負し、市場へ参入しようとしていた。


しかし最近、新しい考えに手を出すのを抑え、まずは現状を見て足元を固めることにした。
幸い今、お金になっている部分が見えてきたため、その要素を大事にして
まず、一つのことをパターン化させてその上で展開させていこうと思う。


現在、1件だけ家庭教師をしているが、”問題を解いた後の『見直し』が一番大切だ。”
と何度も何度も口をすっぱくして言っている。

勉強のコツがつかめないと、問題を解いた量と時間で満足して身につかないケースが多い。これは自分も経験したことがある。
何とか成績を伸ばしてあげたい生徒なのだが、丸つけもせず先に進んでしまう。
数解けば、頭がよくなると勘違いしている。

そこで、こんな例えをした。

『ドラクエ』で竜王を倒すには経験値を上げてレベルを上げないとダメだよな。
敵と出会うたびに逃げていたら経験値は得られないし、スライムも倒せないのに魔道士は倒せないよな。

生徒はきょとんとしていたが、何か感じるものがあったようだ。


実はこの例え、自分も例外ではなかったりする。
えらそうなことを言いながら恥ずかしい話だが、自分にとっても最高の例えを自分に言っていたような気がする。

経験値を積む。

自分のできる範囲(勝てる敵)でコツコツと繰り返し経験を積み、それが形になってきたら、より強い敵を倒しにいく。
この延長に自分が将来倒そうとしている相手がいることには変わりがない。
いきなり一撃必殺の呪文で倒す方法はよくない。


長くなったが、とにかく、できることをしっかりと身につけ、着実に成長させていくことにした。
基本が重要だ。
スポーツも筋トレを軽視したら上達はしない。
自分を鍛えてくれるいいコーチが欲しいな。

コメント

とことん作業の日

2005-07-24 20:43:32 | 夢への一歩
昨日は幼稚園見学に出かけ、その後も一日中息子の春と遊んだ。
心の底からアホになれる唯一の相手であり、初恋の相手のようなトキメキを与えてくれる最高の相棒だ。

ストレス発散できた。

今日はその分、とことん作業の日。
デザインも頭使うな...と思いながら、結局また自分で仕事を進めている。
しかし、この前講演で聞いた上場を果たした豆腐屋さんの話を思い出し、今はまだ両稽古するしかないと割り切った。


夢はどんどん大きくなっていくが、やることはもっと小さくしていこうとブログを書きながら思う。
あいまいな部分が多くなりすぎている。

小さくても一つ一つきちんと仕組み化していきたい。

ちょっと焦りすぎてるかな。
コメント

費用は時間、資産を資本に変える。

2005-07-21 10:31:15 | 夢への一歩
自分の現在の状態をバランスシートに例えると、多少の人脈や社内スタッフ、技術やデザイン力、知識、経験、夢...など、資産勘定に入る項目が多少ある。

気付くとこれは全て、時間という費用との代償で得てきたもののように思える。
今後はこの資産を資本に変え、時間を買うようにしていくことにする。

時代の流れは速い。

失敗を恐れず挑戦していこう。
コメント

計画性

2005-07-17 12:21:01 | 夢への一歩
営業開始して2ヶ月、正直、思うように売れていない。
では、どうしたら売れるのだろうか?

当初立てた仮説は単なる販売予測で、販売の方法やお客様の立場を考えたものではなかった。
営業することで、それぞれのお客様のニーズを知り、また、求められていないものを説明し、その期待値により購入していただくということの難しさも実感した。

仮説→実行→検証→仕組化

楽天コンセプトの一つだが、まさに今、検証しているところかもしれない。
検証すると新たな仮説が数多く生まれてくる。
検証段階で成功モデルになるのであれば、そのまま仕組化に移れる部分は多い。
逆に仕組化できる要素が少ないと仮説ばかり立ててしまい、仕組化して収益にたどり着くまでに至らず、体力負けしてしまう。

幸い一つ仕組み化していける部分ができた。
この部分を回しつつ、次の仮説を検証していかなければならない。

なるほど、楽天がスピード・スピード・スピードという意味が分かる。

その仕組み化するスピードの効率を上げるためにも、もっと役割や方向を明確にする必要があるし迷わずやる必要もある。

今までのことを検証し、明日からまた何をするべきかを明確にするため落ち着いて見直そう。
あまりにも仮説が出すぎている。
修正が激しい今は、中期計画の他に3ヶ月先の計画と2週間の計画がちょうどよさそうだ。

少しずつ計画が計画らしくなるよう努力しよう。


今思うと、起業時の綿密な計画なんて本当に無意味だと思う。
起業後の大雑把な計画の方が100倍価値がある。綿密な計画はそれからやればいい。
テストマーケティングは実際に営業してみないとできない。

本や一部の人が言うことは間違っている。
必要性を感じない限り計画書は書けないと言う事を知っておくべきだ。


とりあえず、今日は2ヶ月を振り返った上で計画をたてることに専念することにしよう。
コメント (2)