BHKにようこそ2

FC東京(サッカー&バレー)好きの元雑誌編集者。
旧ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/bhk0087

天皇杯初戦はドラゴンズ龍ケ崎と

2018-05-28 23:01:52 | 女よりも仕事よりも…
この週末に行われた天皇杯1回戦、「流経大ドラゴンズ龍ケ崎✕山形大」の試合は予想通りにドラゴンズ龍ケ崎が勝利し、6月6日の東京の初戦の対戦相手が決まりました。
流経大サッカー部の層の厚さはトップレベル。関東大学リーグ所属のトップチームもJ3の盛岡に勝利し、Bチームにあたるこのドラゴンズも初戦突破。ただBチームとはいえ、全国リーグのJFLに所属しているチームなんで、力のあることは間違いありません。
対する東京ですが、昨年は初戦でJ3の長野に敗れるという失態を犯しているだけに、今年もまた初戦敗退なんてことはあってはなりません。リーグも中断期間に入っているし、代表に呼ばれている日本人選手もいないので、ここはルヴァン杯のような主力を欠くような編制ではなく、しっかりしたメンバーで臨んでもらって現在J1暫定2位の実力をいかんなく発揮してもらいたいところ。さらに今年もまたBS1での中継も決まったようですし、全国に恥をさらすことのないようお願いします。
コメント

2018.5/27ヤクルト✕DeNA

2018-05-27 23:21:34 | されば港の数多かれど

今季初の公式戦観戦。今日はここから。



1回表、筒香のタイムリーで幸先よく先制。



しかし3回に中村悠平のホームランで同点に。



その後1-2と逆転されるも、5回にソトのタイムリーなどで3-2と逆転に成功。



その裏、先発の平良が再びピンチ。2アウト2、3塁で3番坂口を申告敬遠までして4番のバレンティンと勝負に。



しかしこれが裏目で2点タイムリーを打たれまたもや逆転される。



その後は荒波、乙坂と代打攻勢を掛けるも不発。結局6回以降は得点なし。



その後3番手の武藤も山田に1発をくらい、トータル3-5でゲームセット。交流戦前、最後の3連戦、最下位ヤクルトに最低でも2勝1敗で終えたかったですね。
そして火曜からは交流戦。6月もまた何回か現地に行って応援してきます(全部ビジターだけど)。
コメント

地元であっさり系

2018-05-25 22:52:04 | 女よりも仕事よりも…

たまには地元でお昼ごはんを。



前から気にはなっていたのですが「めん処倖佳」へ初訪問。



「あっさりが売りの…」という文句もあるくらいのこちらのお店。“煮たまごらぁめん”をしょうゆ&平打ち麺でオーダー。それぞれしょうゆか塩、平打ち麺か細麺の選択が可能に。
味はいたってシンプルなあっさり系。トッピングのチャーシューもしっかりした食べごたえ。それにかなり大きめのメンマも柔らかくて美味しかった。近場にできた良店、歩いてもすぐなのでまた来よう。今後は季節柄“冷やしらぁめん”も良さそうだな。
コメント

試合のない水曜日

2018-05-24 22:42:55 | 日記
4月以降は週末だけでなく、毎週水曜にも必ず東京の試合があったので、昨日は久々に普通に仕事してました。なんか仕事終わりに味スタ行くのも、新宿からの京王線の帰宅ラッシュと重なって、かったるいなぁ…なんて思ってましたが、今季はチームの調子もいいし、水曜開催で鹿島や広島にも勝利できたので、それほど苦痛には感じませんでしたね。
さて今後は週末もJ1はお休みで、余裕があればJ3も観に行きたいとは思ってますが、そろそろ野球でも観に行くかな。というわけでさっそく今週末は神宮に行ってきます。
コメント

試合後は天神へ

2018-05-23 00:07:47 | 飽くなき食への追及

鳥栖との試合後はJRから西鉄へ乗り換えるため二日市駅で下車し、歩いて紫駅へ。



そのまま西鉄で天神へ。



天神コアの地下にあるこちらの「グルメ風月」で食ってから帰ります。



こちらの名物“ビーフバター焼き”を。



熱々の鉄板に店員さんがソースを掛けるときは、「さわかや」みたいにナプキンで飛び跳ねをガードします。いや~久々に食ったけどこれも旨いね。
結局、今回の遠征では珍しくうどんは食べなかったな。
コメント

試合前に天ぷら定食

2018-05-22 22:04:11 | 飽くなき食への追及

日曜の試合当日、朝のシート貼りを終え、開門までけっこう時間があったので、ホテルで自転車を借りて鳥栖市内をチャリで移動。ちょっと早いお昼ご飯を求め「牧のうどん」も捨てがたかったが…。



さらに移動して、こちらの「天ぷらまき」へ。この道路の先にある橋を越えるともう久留米市。



博多の有名店「ひらお」とそっくりなスタイルのこちらのお店。この日は“魚介と鶏のよくばり定食”を。



揚げたばかりの天ぷらをトレイに乗せていくスタイルもひらおと一緒。でも味も遜色なく美味しかったですね。それにひらお同様、こちらの店舗も開店と同時に店内は満員になってました。
コメント

鳥栖戦

2018-05-21 23:13:32 | 女よりも仕事よりも…

ベアスタ恒例の書道部によるおもてなし。



この日は風も強く日陰のアウェイ側は暑さを感じません。



CBには前節札幌戦で復帰したヒョンスでしたが再び負傷で丸山がスタメンに。



この日は前半からGKの好プレーが目立ってましたね。



林も前半、決定的なシュートをスーパーセーブ。



このディエゴのシュートはポストの右。



GKの攻守もありましたが、前半から両チームともプレーの荒らさが目立つ展開に。この外人も巧いけど、文句も多くて個人的には嫌悪感しかない。



そしてこの背番号40もヤバい。やたら相手に絡んでくるし、審判に対してもいつまでも文句を言い続ける。観ていてもバカ丸出しで、不快感しか感じない。



そんななか、丸山は冷静にプレーしていましたね。相手のFW外人にもしっかり対応していました。



前半はやや風下で耐える時間が多かったものの無失点に抑え0-0で終了。



後半に入ってギアを上げると、決定機を数多く作る。、まずはゴール前のワンツーから室屋がシュートもこれはGKの攻守に阻まれる。



さらにファーサイドへのラストパスを大森が狙うもこれまたGKがストップ。



前半からイエローも乱発してたこのゲーム。後半にも鳥栖の選手の報復行為が一発レッドでもおかしくないプレーでしたが、審判が見逃していたためイエローのみ。この選手は以前、鹿島の金崎を踏んづけた選手なので、まったく成長してないんでしょうね。



その後も代わって入った草民のシュートもGKに防がれる。



CKからディエゴのヘディングもポストに当たりゴールならず。



宏介のFKもややコースが甘く、GKに弾き出される。



最後の最後に前田に決定機が訪れるも、これもGKに防がれゴールを奪えず。



結局、後半は圧倒的に攻めまくるも最後までゴールネットを揺らすことが出来ず試合終了。



結果はスコアレスドローで、相手のGKのビッグセーブ連発に最後までゴールが遠かった、という内容に。ただこの試合が“GKの好セーブ連発”という言葉でひとくくりにされるようなら非常に残念ですね。確かに相手GKの素晴らしいプレーは際立ってましたが、それ以上に鳥栖の何人かの選手が糞すぎました。
前半にはイエローを貰うようなラフプレーを自らが仕掛けておきながら、こちらから仕掛けられたら一発レッドでもおかしくない報復行為でやり返す。さらには技術も伴わない大して巧くもない選手が態度だけはデカくイキり上がって、審判や相手に噛み付きまくる…もう本当に観てて辟易しましたね。
こういう選手を野放しにしてピッチに送り出すようなチームは、いまの順位のまま降格するのがふさわしいでしょうね。負けた訳でもないのに、久々に糞オブ糞のチームとやってムカつきましたわ。
コメント

前泊で鳥栖入り

2018-05-20 09:49:59 | 日記

「かなで」のある東比恵から博多まではそんなに遠くない距離だったので、軽い運動がてら歩いて移動してきました。



博多バスターミナル地下1階にある「牧のうどん」で連食…はさすがに無理なので、弁当をお持ち帰り。



博多から鳥栖に移動。鳥栖駅に着いたのはもう午後10時ごろでした。



ホテルの朝食は取らずに、昨日買った“かしわ弁当”を朝ごはんに。牧のはうどんも最高ですが、このかしわ飯も味が滲みてて美味しいですね。
コメント

食後の罪悪感なし

2018-05-19 22:38:47 | 飽くなき食への追及

今日は夕方発の便で福岡へ。成田のLCCと言えば第3ターミナルなんですが、今日はこちらの第1ターミナルから。



「ピーチ」は第1ターミナルなんですよね。初めてピーチ使ったときは、間違えて第3ターミナル行ってすごい焦った記憶が…。



多少のディレイで福岡空港へ。そこから地下鉄に乗り換え、福岡空港駅と博多駅の間にある東比恵駅で初めて降りてみた。



駅から徒歩数分のところにある「かなで」で今日の晩飯。



あっさり系のしょうゆや塩もありますが、ここは“汁なし担々麺”を。けっこう辛めの味付け、最後は小ライスを追加して追い飯風にして完食。
コメント

ルヴァン杯仙台戦

2018-05-17 00:52:25 | 女よりも仕事よりも…

今日も仕事終わりで味スタへ。すでにルヴァン敗退が決まったあとの消化ゲームなので、お客さんの入りももっと悪いと思ってました。



仙台は予選突破のかかる大事な試合。その仙台の圧力の前に、東京は山田のクリアがそのままゴールに吸い込まれオウンゴールで失点。



その後も仙台の分厚い攻撃に晒されるもGK択生がビッグセーブ連発で2失点目は許さない。



東京もチャンスは作るも、ゴールを匂わせるようなシーンまでは作れず。



後半、建英のドリブル突破から最後はリッピが狙うもシュートは枠の外。



ルヴァン新潟戦では多くの決定機を演出した愛斗もこの日は不発。



結局、最後までゴールは遠く、無得点に終わり0-1で敗戦。



この日もリーグ戦のメンツと比べると格段に落ちるメンバー構成で臨みましたが、結果は0-1。今日の試合に臨んだ選手たちはある意味、自分の存在価値を示す場であったゲームでしたが、結果は残酷にも主力と控えの実力差が改めて浮き彫りにされた感じに…。
現在リーグ戦2位とはいえ、選手層の薄さを改めて感じさせられた今季のルヴァン杯。今日出た選手たちのさらなる進化がない限り、決して今の順位にうかうかしてはいられませんね。
コメント

無料サービスがうれしいお店

2018-05-14 23:13:29 | 女よりも仕事よりも…

昨日は味スタ行く前に錦糸町の「ソレナリ」でお昼ごはんを。



1月のバレー墨田大会以来の訪問。今回は“鶏そば”の塩をオーダー。ランチタイムにはご飯がサービスで付いてくる。前回は醤油味を頼んだけど、今回のこの塩のほうが好み。



そしてもうひとつ嬉しいのがこの“辛もやし”が食べ放題で、これが普通に旨い。サービスのご飯に乗っけて食うもよし、そのまま食うもよし。ラーメンも非常に美味しいし、付け合わせも美味しく、大満足のお昼ごはんでした。
コメント

札幌戦

2018-05-13 22:39:03 | 女よりも仕事よりも…

CBにはヒョンスが久々の復帰。



高さのある2トップ目掛けてサイドから良質のクロスをあげてくる札幌の攻撃。



一方の東京も好調2トップが多くのシュートシーンを作る。永井のボレーは大きくバーの上へ。



大森のミドルも相手GKの好セーブに防がれた。



前半のラストプレーではゴール前でFKのチャンス。宏介のボールは枠に飛ぶもGKがキャッチ。前半は0-0で終了。



後半も東京が攻める。永井の至近距離からのシュートはわずかに枠の外。



そしてこの日、最大の決定機。室屋がドリブルで抜け出すと相手DFも交わしGKと1対1に。しかしここで打ったシュートもGKに止められゴールならず。



試合終盤には今度は札幌に決定機も林のビッグセーブで失点を許さず。



雨の中でのゲームは結局、0-0で試合終了。



勝ち点差1の上位対決は白熱した好ゲームながらゴールは生まれずスコアレスドロー。
現在3位の札幌は、その好調さが示すように非常に精錬されたサッカーで、この順位に居るのも納得なゲーム内容でしたね。お互い少ない決定機を活かしきれず勝ち点1に終わったのは妥当な結果とも言えますが、東京からすれば昨年2敗した相手だけになんとか勝ちたかったところ。ただ守備陣の安定感はこの日も素晴らしく、集中した守りで3試合連続の無失点に。次回の8月の再戦では、今度こそ敵地で勝ち点3を持ち帰りたいですね。
あとは雨でスリッピーなピッチにキックミスが散見されたのが残念だったかな。
コメント

一杯食べて帰京

2018-05-11 23:37:24 | 飽くなき食への追及

ビッグスワンでの試合後は、こちらの「きどりらーめん」で食事を。



店名にもなってる“きどりらーめん”を。鶏白湯系のラーメンでトッピングにある鶏そぼろ、ほうれん草、ネギを崩していただきます。食後はごはんを追加して、ぞうすい風にして食べるのもおすすめみたい。
夜になってけっこう寒くなってたので、身体があたたまる一杯でした。
コメント

ルヴァン杯新潟戦

2018-05-10 10:04:20 | 女よりも仕事よりも…

この試合の結果次第では、予選敗退が決まるかもしれない大事な試合。



リーグ戦連戦のため、この日も大幅なターンオーバーを慣行。このメンバーでも勝ち切る力を見せないとね。



相手もリーグ戦から大きくメンバーを代えてきた新潟に、前半から押し込まれる展開に。このシーンはクロスバーに救われた。



さらに際どいシュートを打ち込まれ劣勢に。



東京はFKから建英が狙うも相手GK正面。前半はほとんどチャンスらしいチャンスはなかった。



新潟に押し込まれるなか、ついに失点。



前半は0-1で終了。



後半のあたまから悪い流れを変えるため、リッピと翼を投入。



FKのチャンスでは愛斗が直接狙うも、これを惜しくもバーに当たってゴールならず。



リッピのパスに愛斗がダイレクトでPA外から狙うと…。



このシュートは一旦はGKに防がれるも、そのこぼれを輝一が頭で押し込んで同点。



さらに中盤でパスを繋ぎ、翼が相手DFの間を通すラストパスを敬真へ。



その敬真が相手GKの右下を抜けるシュートでゲット。



輝一と敬真の2人がやってくれた。



残り10分を切って逆転に成功。このときはゴール裏のボルテージも最高潮に。



しかし直後にCKから失点。



さらに後半アディショナルタイム突入直前に、またも失点。



逆転に次ぐ逆転で再び1点を追う展開に。



終了間際にはゴール前で敬真が振り向きざまにシュートを放つもポスト右へ。



結局、2-3で悔しすぎる敗戦。



輝一と敬真のゴールで逆転するも、そこからまた2失点して2-3で敗戦。他会場の結果にもより、これで1試合を残し予選グループ敗退が決定してしまいました。
残り10分でリードを守りきれない守備陣は反省が必要。やはり守備はまだまだ問題が山積ですね。しかし輝一のJ1公式戦での初ゴール、敬真の流れの中から奪ったゴールは明るい材料に。さらに翼、愛斗といったJ3で経験を積んだ若手も欲動と見どころもけっこうあった試合でした。まぁルヴァンは残念な結果になりましたが、今後はリーグ戦と天皇杯に全力を注ぎましょう。
コメント

新潟戦を前に

2018-05-09 22:35:40 | 飽くなき食への追及

今日は休みを取って新潟へ。その前にちょっと癒やしを求め群馬の山間の吹割の滝へ。



お昼ごろに着きましたが、まだ多少、雨が降っていましたね。



吹割の滝。けっこう間近まで来れるのね。午前中の雨量で、水かさが多少増してるようでした。



その後は、吹割の滝からさらに奥地に行った片品村の「ほっこりの湯」へ。久々に温泉に浸かって疲れも取れました。



その後は関越道を北上し、夕方ごろに新潟に到着。まずは駅前の「政家」で腹ごしらえ。



FC東京こう戦う! “三種三枚かつ丼”食って必勝祈願。



ビッグスワン到着。この時間になるとけっこう寒かった。
コメント