BHKにようこそ2

FC東京(サッカー&バレー)好きの元雑誌編集者。
旧ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/bhk0087

ルヴァン杯新潟戦

2018-05-10 10:04:20 | 女よりも仕事よりも…

この試合の結果次第では、予選敗退が決まるかもしれない大事な試合。



リーグ戦連戦のため、この日も大幅なターンオーバーを慣行。このメンバーでも勝ち切る力を見せないとね。



相手もリーグ戦から大きくメンバーを代えてきた新潟に、前半から押し込まれる展開に。このシーンはクロスバーに救われた。



さらに際どいシュートを打ち込まれ劣勢に。



東京はFKから建英が狙うも相手GK正面。前半はほとんどチャンスらしいチャンスはなかった。



新潟に押し込まれるなか、ついに失点。



前半は0-1で終了。



後半のあたまから悪い流れを変えるため、リッピと翼を投入。



FKのチャンスでは愛斗が直接狙うも、これを惜しくもバーに当たってゴールならず。



リッピのパスに愛斗がダイレクトでPA外から狙うと…。



このシュートは一旦はGKに防がれるも、そのこぼれを輝一が頭で押し込んで同点。



さらに中盤でパスを繋ぎ、翼が相手DFの間を通すラストパスを敬真へ。



その敬真が相手GKの右下を抜けるシュートでゲット。



輝一と敬真の2人がやってくれた。



残り10分を切って逆転に成功。このときはゴール裏のボルテージも最高潮に。



しかし直後にCKから失点。



さらに後半アディショナルタイム突入直前に、またも失点。



逆転に次ぐ逆転で再び1点を追う展開に。



終了間際にはゴール前で敬真が振り向きざまにシュートを放つもポスト右へ。



結局、2-3で悔しすぎる敗戦。



輝一と敬真のゴールで逆転するも、そこからまた2失点して2-3で敗戦。他会場の結果にもより、これで1試合を残し予選グループ敗退が決定してしまいました。
残り10分でリードを守りきれない守備陣は反省が必要。やはり守備はまだまだ問題が山積ですね。しかし輝一のJ1公式戦での初ゴール、敬真の流れの中から奪ったゴールは明るい材料に。さらに翼、愛斗といったJ3で経験を積んだ若手も欲動と見どころもけっこうあった試合でした。まぁルヴァンは残念な結果になりましたが、今後はリーグ戦と天皇杯に全力を注ぎましょう。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 新潟戦を前に | トップ | 一杯食べて帰京 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

女よりも仕事よりも…」カテゴリの最新記事