BHKにようこそ2

FC東京(サッカー&バレー)好きの元雑誌編集者。
旧ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/bhk0087

代々木の新スタ構想

2018-09-13 22:32:19 | サッカー
かつて働いていた場所から見下ろせる位置に本当にできそうになってきましたね。ただもうこの場所での仕事には絶対に就きたくないけど…。
コメント

森保ジャパン初陣

2018-09-11 23:14:54 | サッカー
リアルタイムでテレビも見れずでしたが、コスタリカに快勝とのこと。翔哉の出来も良かったみたいですし、室屋も後半終盤まで出場と、まずはいい船出になったみたいですね。
まぁ今は代表よりも東京のほうが心配なんで、室屋は週末の仙台戦でいいパフォーマンスに繋げてほしいです。
コメント

JFL・流経大ドラゴンズ龍ケ崎✕ヴァンラーレ八戸

2018-07-14 23:10:23 | サッカー
夕方の5時キックオフということで、ちょっと足を伸ばして龍ケ崎まで行って観てきました。
試合は今季の成績次第でJ3昇格の懸かる八戸が2-0で勝利。龍ケ崎もチャンスはありましたが、八戸GK花田力の好守備に得点を奪えず完封負け。
これで八戸は昇格条件をクリアする3位をキープ。来季J3に上がって都合があえば、八戸までU-23の試合を観に行ってみたいですね。
コメント

W杯・ベルギー✕日本

2018-07-03 22:02:37 | サッカー
長谷部のコメントのように試合終了後は自分もちょっと言葉が無かったですね。延長に入ってもまだまだやれる、と思っていたら最後のワンプレーでベルギーのあまりに見事なカウンターが炸裂…悔しすぎるラウンド16での敗退となりました。
試合後は少し仮眠して仕事行って帰ってきて少し時間が経ちましたが、もちろん負けた悔しさもありますが、やっぱりここまでの試合を見せてくれた選手たちには、本当にお疲れ様と言いたいですね。自分も正直、大会前はさすがにここまでの躍進は予想できなかったですからね。
最近はもっぱら東京しか応援してなかったですが、改めて代表が強いとやっぱりサッカーは楽しい。世界の強豪を相手にここまで勝ち上がるのはホント痛快でしかなかったです。選手の皆さんは誇りを持って胸張って帰ってきてほしいですね。非常にスペクタルな4試合をありがとうございました。
このあとのベスト8以降のW杯は純粋にサッカー観戦を楽しみます。
コメント

W杯・コロンビア✕日本

2018-06-29 09:28:50 | サッカー
と言いつつ画像は石川ナオが解説していたグループHのもう1つの方ですが…。
日本の試合は前半こそ何度かいいシュートもありましたが0-0で後半へ。その後半にポーランドに先制を許すと最後は負けてもOKという状況のなかパス回しに終始し、0-1で敗れるも他会場のコロンビアの勝利によりグループステージ突破を決めました。
そして日本の最後のパス回し…自分もセネガルが1点取って追いつく可能性あるんじゃない? と思ってたのでドキドキしながら見てましたが、結果見事にグループ2位抜けを完遂。これに対し賛否両論あるみたいですが、海外メディアの否の意見もなんだかなぁ…という感じ。「茶番!」、「恥!」なんてそちらみたいにサッカー強豪国の上から目線での発言とかもう勝手に言ってろ、としか思わないので完全無視でOKですね。ましてやベスト16に残った国はヨーロッパ、南米以外ではメキシコと日本だけ。この偉業を成し遂げるために行った作戦に、つべこべ言うなって思います。そもそもこの前の2試合で勝ち点4を取っていたからこそ出来たわけで、勝ち点4も獲得出来なかった国がどれくらいあるんだっていうこと。
自分はあの作戦にはもう完全に賛だけ、よくやってくれましたし、結果これでまた強豪国との対戦が見れるってだけでも幸せなこと。そしてその相手がベルギーに決定、本当にラウンド16も楽しみでしかないですね。
コメント

W杯・コロンビア✕日本

2018-06-19 23:41:34 | サッカー
前半開始早々のPK獲得、あれがただ単にPKゲットからの先制点だけでなく、それに加えて相手を1人退場させられたことが大きな勝利の要因でしょうね。もしあれで1点をリードしたとしても、そのまま11人のコロンビアだったらその後の時間帯でいくらでも、ひっくり返す自信はあったと思いますが、1人減ってかなり計算は狂ったことでしょう。
とにかく初戦で貴重な勝ち点3をゲットできたことですし、なんとか残り2戦で少しでも勝ち点を伸ばし、グループリーグを突破してほしいですね。
コメント

JFL・流経大ドラゴンズ龍ケ崎✕コバルトーレ女川

2018-06-11 00:15:58 | サッカー
前半を0-0で折り返すと後半に入って試合が動く。女川がPKをゲットするも、水曜の天皇杯でもディエゴのPKをストップしたドラゴンズのGK羽野匡哉くんがまたもPKストップ…しかし止めたボールは正面にこぼれ、それを押し込まれ失点。その後ドラゴンズが追いつくも、後半アディショナルタイムに女川が劇的ゴールを決め、2-1で女川が勝利。
ただ水曜でも2点目のゴールを決めたFW加藤千尋くんなど、個人技ではドラゴンズの選手も決して負けてなかったですね。あと試合前に現在、流経大のGKコーチの元東京、遠藤大志の姿も見れました。
コメント

水曜以来のドラゴンズ観戦

2018-06-10 19:04:51 | サッカー

我が家からだと八王子まで行くのとほぼ変わらない時間で着きました。



まだここが出来たばかりのころ観に来て以来かな。流経大と小峯が居た頃のFC岐阜のJFLの試合でしたね。



天皇杯で東京と好勝負をしたドラゴンズを観に龍ケ崎へ。そういや屋根のあるバックスタンドは以前来た時はまだ出来てなかったなぁ…雨降ってきたし、バックで観るか。
コメント

関東大学リーグ・筑波大✕東洋大

2018-04-29 22:57:36 | サッカー

今日は大学サッカーを観に西が丘へ。第1試合は間に合わず、第2試合の「筑波✕東洋」戦を。



筑波はこの日ベンチ入りメンバーに東京のアカデミー出身が3名。長澤皓祐と小林幹はスタメンに。幹は1年生ながらもうスタメンで出てるんだね。



一方の東洋には背番号8の高橋宏季が東京のアカデミー出身。セットプレーではキッカーを任されてました。



試合のほうは前半、風上に立った東洋が押し込む展開に。そんななか、背番号10の坂元達裕が先制ゴールを決める。



幹も時折、ドリブルで攻め上がるも得点には結び付けられず。



前半はほとんどシュートさえ打てなかった筑波でしたが、PKをゲット。これを三笘薫が蹴るも失敗。



前半は東洋の1点リードで後半へ。すると今度は風上に立った筑波が攻勢に。しかし前半でPKを止めた東洋のGK松本健太が好セーブ。



筑波が一方的に攻めるもなかなかゴールが奪えない。



筑波にFKのチャンス。ここで蹴ったのは幹でしたが、シュートはGK正面。でも幹はまだ1年なのに、もうこんなシーンでも蹴らせてもらえるんだね。



1点を追う筑波。ここでもう1人の東京アカデミー出身、生地慶充が呼ばれた。



幹との交代でピッチへ。



するとようやく筑波が窪田翔のヘッドで同点に追いつく。



さらに代わって入った生地もドリブルで魅せる。



しかしお互いに次の1点は奪えず1-1で終了。



試合後の高橋と幹。



久しぶりに生地くんのプレーしてる姿を見たけど、ドリブルでの突破とかは以前のまんまで懐かしかったなぁ。



先発した幹はやや消化不良…といった感じですかね。
これで筑波は開幕2連敗のあと、3試合目でようやくこれが初勝ち点に。昨年は天皇杯でもベスト16入りなど話題をさらった筑波ですが、今年はちょっと苦しいスタートみたい…そういえば先日は天皇杯の茨城県予選でも負けてしまいましたね。順当に勝ち上がれば天皇杯2回戦で東京の初戦の相手だと思ってたんですが…。
コメント

JFL・奈良クラブ✕FCマルヤス岡崎

2018-04-16 00:13:16 | サッカー

近鉄奈良駅から20分ほど歩いてならでんフィールドに到着。



今季初のJFL観戦は奈良クラブのホームゲームへ。開幕3連勝の後に2連敗の奈良と3分2敗とまだ勝ち星のないマルヤスの対戦。



先制はアウェイのマルヤス。CKから熊澤圭祐(背番号4)がヘッドで決めた。



前半を1-0で折り返したマルヤスが、後半またもやCKから追加点。岡部拓実がヘッドで決めて2-0。



奈良は後半アディショナルタイムにようやく1点を返す。これまたCKからヘッドでのゴール。横野純貴が決めるが、時すでに遅し。



結局2-1でアウェイのマルヤス岡崎が今季初勝利をあげる。一方の奈良は開幕3連勝後に、これで3連敗。J3昇格のためにはここから巻き返さないとね。



実はマルヤスには何人か、かつてJリーグでも活躍した選手が加入して観るのを期待していたのだが、木島良輔や石神直哉は見れなかったけど、元名古屋の杉本恵太が後半途中から出場。さすがに全盛期のスピードはなかったけど、プレーが観れて楽しかった。
コメント

素晴らしいおもてなしを受けスタジアムへ

2018-04-08 20:42:34 | サッカー

試合当日の日曜日。ホテルから一旦、諫早駅へ。ちなみに駅舎は現在、改装中みたいですね。



そして駅前から早くもおもてなしモード。



毎試合、駅前では選手カードを配っているようですが、今回は東京戦ということもあってか、徳永のカードでした。



そして駅前からスタジアムまでの道中のおもてなしも最高でした。お茶や飴玉、さらに絶品だったのが、焼きガキと日本酒…いや~めちゃくちゃ旨かった。そしてスタジアムに到着。



ヴィヴィくん像。



そして台車に乗せられてる本物のヴィヴィくん。



お昼ご飯を摂る時間がなかったのでスタグルを。話題の角煮まんは他の猛者に任せて、自分はこちらの“たこ野郎”を。



たこ焼きとはまたちょっと違った味わい。ミックスを購入したので、他にも餃子や玉子やちくわなどいろんな味が楽しめました。



そしてスタジアムイン。以前にもこのスタジアムで見ましたが、1階のアウェイゴール裏の上段だとこの大画面のスクリーンがまったく見えなくて、時間経過とかもまったく分からないんだよね。



まったり観るには2階のほうがオススメかも。
コメント

レンタル移籍

2018-04-01 23:24:23 | サッカー
せっかくなら今日のJ3リーグ、オーバーエイジ枠でFC東京U-23戦に出場してほしかった。スライダーやチェンジアップで東京の10番を軽くいなすとこ見たかったです。
コメント

平山相太現役引退

2018-01-26 22:05:21 | サッカー
今季も仙台でプレーを続けると思っていた平山が突然の現役引退を発表。一報を聞いたときはびっくりしましたが、やはりケガの影響で思うようなプレーができない葛藤はあったんでしょうね。
昨季仙台に移籍したものの、やはり東京での在籍も長かっただけに思い出もたくさん。シーズンを通して得点王争いに絡むとか、そういった活躍はありませんでしたが、インパクトのあるゴールで印象深いものが多いのも平山のゴールの特徴でしたね。特に国立での躍動は目覚ましく横浜FC戦での5人抜きゴールや、浦和戦で久々に勝利したときの決勝ゴールなど思い出すだけでもたくさんありました。
ただその類まれな能力も、ケガの影響で十分に発揮できたかというと物足りない印象の方が大きかったのも事実。それでも若い頃から期待され、ここまでケガと付き合いながらプレーしてきた平山には、本当にご苦労様でした、と言いたいですね。
コメント

羽生先輩引退

2018-01-06 11:44:12 | サッカー
昨季、古巣の千葉に復帰した羽生先輩ですが、2017シーズンで現役引退を発表。コメントを読んでも実に羽生先輩らしい泣ける文章でした。
オシム時代から千葉の中心選手で代表にも選ばれ、そんな選手が千葉から東京への移籍の噂が出た時も、正直来ないだろうなぁ…と思ってたんで、決まったときはビックリしたし非常に嬉しかった印象があります。第1次城福体制1年目に移籍してきてレギュラーに定着、その後チームのJ2降格などもあり出番が減ると城福さんを追うように甲府に移籍し、再び東京に復帰。その復帰したマッシモ監督1年目では、当初はおそらくレギュラー候補にすら入ってなかったでしょうね。しかしそこから少ないチャンスをしっかりとものにし、レギュラーポジションを奪還。まだまだやれるところを、しっかりと見せつけた勇姿には本当に頭が下がる思いでしたね。
やはり最後のチームも千葉ということで千葉の印象が強いけど、現役時代は千葉よりも東京での在籍期間のほうが長かったというのは、東京サポの自分にとってはちょっとだけ誇らしい気分かな。16年間の現役生活、本当にお疲れ様でした。
コメント

長崎J1昇格

2017-11-12 23:09:12 | サッカー
今季の開幕前に長崎がまさか自動昇格の2位以内に入るなんて誰も思ってなかっただろうな。選手層を見ても長崎と名古屋なんかすごい差がありましたからね。それと高田社長の就任も大きかったのかな。
さてこれで来季は長崎に行く楽しみが出来たわけですが、一方では徳永がその長崎へ移籍濃厚という話も出ているわけで…ちょっと複雑な気持ちですが、まぁともかく長崎はおめでとうございました。
コメント